大阪市西淀川区の古民家ゲストハウス&カフェ

お部屋と料金

姫里ゲストハウスいこねは、大阪市北西部、淀川河口の北岸にある西淀川区にある長屋を活用したゲストハウスです。

セミナーハウスとしての利用はもちろん、大阪市内観光やビジネスなどの短期滞在、長期滞在にご気軽にご利用いただけます。

1階には掘りごたつのある共用スペースがあり、他のお客様とふれあう機会も多く、一般的なビジネスホテルや旅館とは違った出会いがあります。

隣接するカフェでは、朝ごはんやランチを提供しています。

宿泊料

1~2人/室での利用 3,500円
3~4人/室での利用 3,000円

※お子様料金
・寝具が必要な場合 大人と同じ宿泊料をいただきます。

・寝具が不要な場合 無料

予約はこちら→予約フォーム

客室

場所 広さ 定員
客室A ヒドリガモ 1階奥 4畳半 2人
客室B コチドリ 2階北側 6畳 4人
客室C チュウシャクシギ 2階南側 6畳 4人
  • すべて畳のお部屋でお布団をご利用していただきます。
  • 相部屋でのご利用はありません。

客室A ヒドリガモ

客室B コチドリ

客室C チュウシャクシギ

共用スペースD ホシハジロ

ゲストハウスの玄関横のほりごたつのあるお部屋は、共用スペースです。

ポット、お茶、お湯のみなどをご用意しております。

他ゲストとの交流や情報交換、お食事など、ご自由にくつろいでいただけます。

サービス内容

<フロント営業>

  • チェックイン 午後5:00~午後10:00
    • 午後10:00以降のフロント業務は行っておりませんのでご注意ください。
    • 連絡なく当日の午後10:00になっても到着しない場合は、キャンセル扱いとします。
  • チェックアウト 午前10:00まで

<お荷物のお預かり>

  • ご予約当日の荷物のお預かりはご相談ください。

<料金のご精算>

  • 宿泊料および朝食代金のお支払いはチェックインの際に、事前のご精算をお願いいたします。
  • お支払いは現金のみです。

<キャンセルについて>

  • ご予約当日より以下のキャンセル料が発生いたします。
ご利用日の1週間前~前々日 利用料金の50%
ご利用日の前日および当日 利用料金の100%

<門限>

  • 当館の門限は午後10:00となっております。帰宅がそれ以上遅くなるようでしたらフロントに事前にお知らせください。
  • 当ゲストハウスの周囲は住宅地です。夜間の出入りにはご配慮をお願いします。

<駐車場>

  • 当宿には専用の駐車場がありませんので、近隣の駐輪場・駐車場をご利用下さい。

<無料サービス>

  • インターネット(無線LAN(wifi)使用可)
  • シャワー、お風呂
  • ドライヤー
  • エアコン完備
  • ウォッシュレット完備
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ

<有料サービス>

  • タオル100円

<朝食>

  • 併設の「くじらカフェ」で朝食を提供しています(要予約・別料金)
  • 料金:500円
  • 午前7:00~午前8:30の間で希望のお時間を指定してください。

<注意事項>

  • 全館、禁煙です。
  • お風呂とシャワーは、なるべく午前6:00~午後10:00の間でご利用ください。なお、近くに銭湯があります。【松の湯/不定休/午後3:30~午後11:30/06-6472-3519/西淀川区姫里1-19-24】
  • ご飲食は「共用スペースD」にてお願いします。客室でのご飲食はご遠慮ください。
  • 「いこね」は戦前に建築された長屋を改修した木造建築の古民家ゲストハウスで、障子や襖などを使った防音性のない仕切りや壁の造りです。そのため、水周り設備が近くにある「客室A」や、仕切り板で区切られた「客室B」と「客室C」は物音や話し声が、それぞれのお部屋に聞こえます。
  • ご不便をおかけしますが、お風呂やシャワーの利用、客室でのお話は、他のお客様のご迷惑にならないようご配慮ください。
  • 寝巻、タオル、歯磨き、歯ブラシ等、アメニティの準備はありません。
  • 日本国内に住所を持たないお客さまは、パスポートのコピーを撮らせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 盗難などの責任は一切受け付けません。貴重品は各自管理してください。
  • ペット同伴でのご利用はお断りいたします。

<利用条件>

次の事項を遵守してください。

  1. ゲストハウス内は、常に良好な状態で使用してください。
  2. 宿泊期間中の事故・所有物の盗難・紛失については、宿泊者が責任を負うこと。
  3. 器物の破損・盗難などの場合は、宿泊者が使用前の状態に修理・弁償し、返却すること。
  4. ゴミは決められた処理に従うこと。
  5. 宿泊にあたって申請内容に変更等が生じた際は、管理者(あおぞら財団)と協議すること。

宿泊約款