あおぞら財団 矢倉海岸定例探鳥会
Home » あおぞら財団の活動 » 環境学習 » 矢倉海岸定例探鳥会

矢倉海岸定例探鳥会

日本野鳥の会大阪とあおぞら財団では、2000年4月より、毎月、矢倉海岸定例探鳥会を行っています。公害被害が深刻だった時代は、西淀川から姿を消した鳥達ですが、緑陰道路や、淀川河口、干潟、変化に富んだ自然を持つ西淀川区は、今まで100種類近くもの野鳥が観測されました。

:kuwasiku: 毎月の探鳥会の報告

毎月第1土曜日 午前9時30分 阪神なんば線福駅集合
日本野鳥の会大阪支部との共催で、矢倉海岸定例探鳥会を基本第1土曜日に実施しています。

*開催月:2~5月、9~12月(1月、6~8月は休み)

観察地点は、矢倉海岸(大阪湾、神崎川、淀川)周辺です。

*雨天時と雷注意報、警報発令中は実施しません。

☆ 詳しい記録は日本野鳥の会大阪HPへ
• 集合場所:阪神電鉄西大阪線「福(ふく)」駅改札口前 午前9時30分
• 持物:水筒、双眼鏡、保険料(日本野鳥の会員:100円、一般:200円)
• 問い合わせ:日本野鳥の会大阪支部(tel.06-6352-0302)
または、あおぞら財団(tel.06-6475-8885) まで
• 当日のタイムテーブル(予定)
•   午前9時30分   集合・保険料支払・出発
•  (約1時間)     大野川緑陰道路での野鳥・自然・植物観察
•  (約1時間)     淀川沿いを矢倉海岸まで移動(野鳥観察)
•  (約30分)      神崎川付近で定点野鳥観察
•   (約10分)      本日の鳥あわせ(観察した野鳥の確認)
•  午後12時30分頃 終了・解散(矢倉緑地公園)
※お弁当持参の方はこの後昼食となります

探鳥会神崎川河口

チラシはこちら探鳥会 案内