あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

「姫里ゲストハウスいこね」クラウドファンディングご支援のお願い

あおぞら財団では、環境や公害が学べるゲストハウスとして年内に「姫里ゲストハウスいこね」をオープンする予定です。
現在、この開業資金としてクラウドファンディング(インターネット上での支援募集)を行っています。
応援支援をどうぞよろしくお願いいたします!
▼▼▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▼▼
      西淀川の古民家を再生して、
   環境や公害が学べるゲストハウスをつくりたい!
    ご支援を募ります。2017.10.31まで
▲▲△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△▲▲

「手渡したいのは青い空」の思いをつなげる場所に

あおぞら財団では、今まで、まちづくり・資料館・環境学習・公害患者の保健・国際交流といった事業を行ってきました。
患者さんの「手渡したいのは青い空」の思いを、もっと身近に、さらに多くの人に広げていくために「姫里ゲストハウスいこね」をオープンしようと考えています。
 
このたび、姫里ゲストハウスいこねとして活用する古民家は、西淀川公害裁判の弁護士でもある井上善雄さんの生家です。井上さんは、ご自宅を別の地に移されましたが、生まれ育ったこの場所を西淀川の地域のためにつかってほしいとの思いから、提供していただいています。
 
この場所を、西淀川に学び・遊びに来る人、西淀川に元々住んでいる人、新しく移り住んだ人など多様な人々が交流し、いろんなことを話し合い、新しい「何か」を生み出す場所にできたらと思っています。
 

クラウドファンディングで資金を集めています

全体で1,500万円のうち50万円をクラウドファンディングで支援していただきたいと思います。
 
古民家のリフォームは、基礎の部分や屋根などで、工事を開始してからわかる問題点も多く、開業するまでにもうひと押しが必要です。
集まった支援金はリフォーム代金の一部として使わせていただきます。
また、ゲストをお迎えするための布団や枕などの備品に使わせていただきます。
 

お返しについて

支援していただいた方には、宿泊券や素敵なプレゼントのお返しがあるほか、ゲストハウスおよびホームページにお名前を掲載させていただきます。
 
少しでも応援支援をどうぞよろしくお願いいたします!
 
協力の仕方など、より詳しくはこちらをご覧くさい↓

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ