あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

3/21 千北診療所でお薬について勉強しました!

3/21(木)千北診療所で楽らく呼吸会を行いました。姫島診療所に引き続きお薬の話ということで、すずらん薬局の薬剤師 冨士代先生を講師に迎え、ぜん息や患者さんが普段飲んでいるお薬について教えていただきました。参加者は10名(内スタッフ3名)でした。

IMG_0406

冨士代先生が用意してくれた資料に基づきながら、ぜん息について、お薬について学びました。
喘息の治療薬には、吸入ステロイドなどに代表される長期管理薬(コントローラー)と、吸入β₂刺激薬などに代表される発作治療薬(リリーバー)があります。ステロイド薬は気管支の炎症をおさえる強力な薬ですが、経口薬や注射を続けることで副作用が出る恐れがあります。しかし勝手な中止によって余計に症状が悪くなること(リバウンド作用)もありますので、服用方法は医師の指示を守る必要があります。

ステロイド薬のコピー

ステロイドの副作用のコピー

患者さんたちに「お薬はどのタイミングで飲んでますか」と聞いたところ、「朝晩服用して、うがいしている」「朝夕、忘れないように食後に飲む習慣をつけている」と、飲む習慣はみんなついているようでした。
また患者さんからの質問で、ジェネリックについて質問がありました。ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れ、開発メーカー以外で製造・販売されているもので、特徴としては従来のブランド品と効果は変わらないのに価格が低いことです。品質は、薬事法やその他チェック体制が整っているので心配ありません。
毎月の医療費が気になる方は多いと思いますので、ジェネリック医薬品がもっと広まるといいですね。

まだ楽らく呼吸会に来たことがない方でも気軽に参加できますので、ぜひ診療所に足を運んでください!

■次回予定  ~お問い合わせはあおぞら財団まで~
・のざと診療所…4月12日(金) 14:00~15:30(呼吸リハビリ)
・千北診療所…5月16日(木) 14:00~15:30(内容未定)
・姫島診療所…5月24日(金) 14:30~16:00(内容未定)

平田

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ