あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

6/14 楽らく呼吸会(のざと診療所)で排痰法について勉強しました!

2013年6月14日(金)、のざと診療所で楽らく呼吸会を行いました。今回は西淀病院の理学療法士の廣野さんと榎田さんを講師に迎え、排痰法について勉強しました。参加者は13人(内 患者さん6名、理学療法士2名、実習生2名、スタッフ3名)でした。

痰は何色か知っていますか?
黄色や白、透明、黄緑、赤、茶色、緑と言う意見がありました。
実は今出てきた色の痰はすべて正解です。

痰は菌やホコリをとらえてカラダの外に出す役割があります。

もし、肺や気管、気管支に異常があればより多く痰が出ることになります。
しかし、病気にかかると痰をうまく出せないことがあります。

そこでうまく出せるようにするため、排痰法について勉強しました。

■まず、リラックスしましょう!
①うがいをして、口の中をリフレッシュさせましょう
②水を飲みましょう。痰が柔らかくなり、出しやすくなります
③肩の上げ下ろし、首を左右に曲げる、胸を張るなど、軽く体操します。
*これまでおこなってきた呼吸リハビリの体操でもよいとのことです。
IMG_1151

■深呼吸をしましょう!
④鼻から息を吸います
⑤口をすぼめて息を吐きます(吸うときの倍の時間をかけてください)
⑥そのあと20~30秒くらい普通に呼吸しましょう
*これを3~4回繰り返します
IMG_1163

■いよいよ痰を出します!
⑦水を飲みます
⑧大きく深呼吸をしたあと、強く咳をして「痰」を出します

--------------------------------------

また、なかなか座ってすることが難しい方や、痰が出にくい方はベッド等に寝て行うとよいとのことでした!
■胸に手をあてて大きく息をします。このときに「ブー」という振動が感じるところに痰がたまっています。その音がする方を上にして横になりましょう!

■家族の方が肩などをマッサージしましょう。体操と同様に痰が出やすくなります
IMG_1190

■鼻から息を吸い、口をすぼめて息を吐きます(吸うときの倍の時間をかけてください)
そのあと20~30秒くらい普通に呼吸しましょう
*これを3~4回繰り返します

■深呼吸をしているときに合わせてマッサージをしてあげると患者さんがより呼吸しやすくなります。
IMG_1195

■少しベッドを起こし、深呼吸をして、咳をしましょう。

開催後のアンケートでは、6人中6人が今回の講習は【分かりやすかった】と答えています。また、6人中1人が呼吸リハビリを【毎日している】、1人が【2・3日に一度ぐらい】と答えています。その他に、「冬は良く苦しくなるときはメンソレを胸にぬる。首にもぬっている」や「痰の出し方が習いたかったので参加できてよかった」という声もありました。

今回はまた新たに2人の方に参加いただきました。
次も千北・姫島診療所にて排痰法などの勉強をする予定となっています。
まだ、来たことがない方、一緒に排痰法をやってみませんか?
少しでも興味があれば是非、各診療所に足を運んで楽らく呼吸会にご参加ください!

■次回予定  ~お問い合わせはあおぞら財団まで~
・千北診療所……7月18日(木) 14:00~15:30(排痰法など予定)
・姫島診療所……7月19日(金) 14:30~16:00(排痰法など予定)
・のざと診療所…8月9日(金) 14:00~15:30(栄養について予定)

本事業は独立行政法人環境再生保全機構の公害健康被害予防事業の一環として実施しています。

ぜん息・COPD予防等情報発信事業に係る「COPD患者等のQOLの向上のための呼吸リハビリテーションの普及及び地域ネットワークの構築事業(大阪ブロック)」

眞鍋

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ