あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

西淀川公害から学ぶってなにを? モニター募集 2016/3/27-28

西淀川公害から学ぶってなにを? モニター募集
ちらし

日時:2016年3月27日(日)9:30~28日(月)17:00
場所:あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ
大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル5階
JR東西線御幣島駅11番出口すぐ
参加費 無料
(交流会27日夜 大人1500円 学生1000円)
持ち物 お弁当持参、歩きやすい服装

大阪西淀川は大気汚染の被害が激しく、かつてはぜん息などの呼吸器の健康被害が問題になった地域です。公害患者たちは、健康被害の対策を求めるだけではなく、公害の発生源となった工場および自動車の対策を進めるために、公害反対運動を続けてきました。裁判は21年にもわたる困難なものでした。裁判は原告である公害患者が勝利し、工場と国(国土交通省)とは地域再生が合意され、まちづくりに取り組んでいます。
福島原発事故の後、「公害の経験から学ぶ」ことが声高に唱えられるようになりました。公害の経験とはどのようなことなのでしょうか。福島大学の学生と共に、公害から学ぶことは何かを考えてみませんか?

スケジュール(変更になることもあります)
27日 西淀川公害の概要説明、公害患者のお話、フィールドワーク
28日 原因企業訪問、ワークショップ

主催 あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館
地球環境基金助成授業

申し込み webmaster@aozora.or.jp
氏名、住所、所属、e-mail、電話、交流会参加有無 をお知らせください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ