あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

9/10(土)医療従事者向け「呼吸ケア・リハビリテーション講習会」~理学療法士、作業療法士などセラピスト(基礎編)~を開催しました。

2016年9月10日(土)、西淀川区役所にて、医療従事者向け「呼吸ケア・リハビリテーション講習会」~理学療法士、作業療法士などセラピスト(基礎編)~を開催し、24名の方が参加しました。

日時:9月10日(土)14:00~17:00

講師:金尾顕郎先生(森ノ宮大学・理学療法学科長)

場所:西淀川区役所

主催:あおぞら財団

協力:西淀川区役所

まず、金尾先生からCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する講演が1時間程行われました。

講師の方によるCOPDに関する講義中の様子

参加者からは「呼吸器疾患の基礎が学べた。」、「呼吸生理の部分を少し整理できました。」、「少し難しかったが,今後勉強します。」などの感想がありました。

 

その後、参加者全員で呼吸ケアの実技を行いました。

実技では金尾先方がまずケアの方法をレクチャーし、その後実践するという流れで一つ一つ丁寧に指導されていました。

医療従事者向け「呼吸ケア・リハビリテーション講習会」の様子2

内容は、肺の動きの確認方法やマッサージを取り入れた呼吸介助のレクチャーでした。

軽いマッサージを行うことで、身体の筋肉がほぐれたり心拍数が落ち着いたりと様々な効果があり、呼吸ケアの重要性が感じられました。

参加者からは、「1人だけでなく色々な人を体験することで、自分ができていない所、傾向が知れて良かったです。」、「呼吸介助を実技で初めて実施したので力加減など難しかったです。」、「臨床の場でも患者さんの呼吸の状態をしっかり観察したいです。」といった感想がありました。

医療従事者向け「呼吸ケア・リハビリテーション講習会」の様子3

COPD患者のみならず、日常生活で呼吸が苦しい時がある方等の助けにもなる非常に役に立つ講習会でした。

医療従事者の方にお勧めの講習会ですので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

次回の講習会(応用編)のお知らせです。

医療従事者向け「呼吸ケア・リハビリテーション講習会」
~理学療法士。作業療法士などセラピスト~
http://aozora.or.jp/archives/26598

■日時 応用編 11月12日(土)
■時間 14:00~17:00(受付13:30~)
■会場 西淀川区役所2階 集団検診室(大阪市西淀川区御幣島1-2-10)
JR東西線「御幣島(みてじま)」駅 1番出口 すぐ
http://www.city.osaka.lg.jp/nishiyodogawa/page/0000029225.html
■講師 金尾顕郎氏(森ノ宮医療大学 理学療法学科長)
■参加費 無料
■持ち物 バスタオル、聴診器(お持ちでない人にはお貸しします)
※実技がありますので、動きやすい服装でおこしください。
————————————————————————————
参加をお待ちしております。

記・あおぞら財団学生スタッフ 嶋田

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進事業(NPO法人等との協働事業)」の一環です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ