あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

楽らく呼吸会(のざと診療所)で体力測定と呼吸体操をおこないました!(6/9)

2017年6月9日(金)、のざと診療所で楽らく呼吸会を開催しました。今回は西淀病院から理学療法士の渡邊さんと松下さんを講師に迎え、呼吸リハビリと体力測定を行いました。参加者は8人(内、患者さん5名(家族の方を含む)、理学療法士2名、スタッフ1名)でした。

まずは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんの状態について説明がありました。

前回お渡ししたの楽らく呼吸カレンダーを用いて、日々の状況を記録することの大切さも教えてもらいました。ふだんと変わらないと思っていても、ピークフローメーターで測ると客観的に数字で自分の状況を把握することができます。また、万歩計の数字を記録すると、自分が活動的に動いているかどうかを時系列で把握することができます。

COPDのお話をうかがいました

COPDのお話をうかがいました

お話を聞いた後は、呼吸リハの運動をみなで実施しました。日常的に運動したりストレッチをすることは筋力を維持し、呼吸を楽にするのに役立ちます。たとえば、肩甲骨のストレッチは、胸郭を動かすのが楽になります。ただ、何事もやりすぎは禁物で、痛みが出るほどストレッチをやってはいけません。また、体調がすぐれない日は無理しないで安静にしていましょう。

 

そして、COPDアセスメントテスト(CAT)という記載式のテストをおこなって、握力測定、30秒椅子立ち上がりテストをおこないました。今回は継続して楽らく呼吸会に参加されている方ばかりでしたので、以前の数値と比較しましたが、どの方も横ばいかよい結果になっていました。

握力測定

筋力量を測るために握力を測りました

椅子立ち上がりテスト

30秒間で椅子の立ち上がりが何回できるかを測定しました

■次回予定  ~お問い合わせはあおぞら財団まで~
・千北診療所……7月20日(木) 14:00~15:30(呼吸リハビリと体力測定)
・姫島診療所……7月21日(金) 14:30~16:00(呼吸リハビリと体力測定)

・のざと診療所…8月5日(金) 14:00~15:30(栄養について)

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

谷内

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ