あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

楽らく呼吸会(のざと診療所)で栄養について勉強しました!!(8/4)

今回は、インターン生の谷さんからのレポートです。

2017年8月4日(金)、のざと診療所で楽らく呼吸を開催しました。今回は「よどの里」管理栄養士の大西さんと村田さんを講師にお迎えして栄養面から夏バテ・熱中症対策、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と栄養についてのお話をお聞きしました。参加者は10名(内、患者さん6名、栄養士2名、スタッフ2名)でした。

resizedP1240867

熱中症・夏バテに関してお聞きしました

まずは熱中症に関する基本的なお話についてお聞きしました。

喉の渇きを感じていなくても水分補給をする必要があること、夜間にもどんどん水分が出ていってしまうことについてクイズなども交えながらお話をして頂きました。水分補給について、どのようなものを飲む事が適切かについて知る一環として、その場でスポーツ飲料を作って頂き、全員で味見をしました。

resizedP1240877

作っていただいたスポーツ飲料を、みんなで試飲しました

その後、COPDと栄養についてお話をうかがいました。包括的呼吸リハビリテーションの中で大切なキーになるのが「十分な栄養」です。十分な栄養を摂ることは、呼吸に使う筋力や病気に対する抵抗力を高め、息苦しさを改善させることができます。

また、ロコモティブシンドローム(要介護になったり要介護になる危険の高い状態のこと)に関するお話をお聞きしました。ロコモ予防には適度な運動はもちろんのこと、適切な食事が大切であるということについてお話をしていただきました。ロコモ度テストのひとつである2ステップテストにチャレンジして下さった患者さんもいらっしゃいました。

最後には「誰が一番遅くゴールできるか」を競う100cm走に取り組みました。運動会のテーマをBGMにして6名で挑戦しました。皆さんとても楽しげに和気あいあいとした雰囲気で取り組んで下さいました。

resized_P1240898

100cm走に挑戦しました!

私は今回初めて楽らく呼吸会に参加させていただきました。大学にただ在籍しているだけでは体験できないことをさせていただいて光栄に思います。今回は楽しめる参加型のワークが多かったこともあってか皆さん笑顔も多く、良い空気感で会を終えることができたと思います。食事も運動も、楽しむことはとても重要であるという、非常に大切なことに気づかせていただきました。

■次回予定~問い合わせはあおぞら財団まで~

少しでも興味があれば是非、各診療所に足を運んで楽らく呼吸会にご参加ください!

・千北診療所……9月21日(木) 14:00~15:30(栄養について)

・姫島診療所……9月15日(金) 14:30~16:00(栄養について)

10月は、3つの診療所に分かれずに、合同で矢倉公園でお散歩をします。

・10月13日(金)14:00~15:30 集合・解散 のざと診療所

行き先:矢倉緑地公園(現地まで車で移動します)

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

(あおぞら財団インターン 京都女子大学 谷彩可)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ