あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

1/19(金)日中環境問題サロン2017「中国の公害・環境問題と環境NGOの取り組み」を開催します。

日中環境問題サロン2017
第四回「中国の公害・環境問題と環境NGOの取り組み」

中国で活動する環境NGOメンバーを招き、中国での公害・環境問題に対するNGO活動についてお話を伺い、今後の日中における公害・環境問題の解決に向けて、お互いに理解し、協働していくための意見交換を行ないます。

■日時:2018年1月19日(金)18:00~20:30 (受付17:30~)
■場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル アクティブスタジオ
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル 北館2F
(アクセス:https://kc-i.jp/access/、https://kc-i.jp/facilities/the-lab/active-studio/)
■参加費:500円

PDFでのチラシのダウンロードはコチラ

中国から報告(逐次通訳)
李力氏
①李力氏(北京市朝陽区環友科学技術研究センター)
中国の60以上のNGOの顧問を務める。東アジア環境情報発伝所ネットワークの中国代表。環境教育には20年以上従事した。汚染企業に副社長として就任し、企業の内部から業務改善を監督し、排出基準を遵守させるという明らかな効果を得た。SOHUに公益リーダーとして表彰され、2014-15年度のグリーン中国人にも選出されている。

阮淸鴛氏
②阮淸鴛氏(公衆環境研究センター・技術総監)
公衆環境研究センターで10年以上活動を続け、蔚藍地図データベースの設計、運営を担当し、環境保護公衆参加のための情報プラットホームを提供している。また、情報公開を促進し、グリーンサプライチェーン、青空路線地図などのプロジェクトを創設・運営している。

洪武氏
③洪武氏(湖南省湘潭市緑葉環境保護ボランティア協会)
企業の幹部から脱サラし、公益保護を仕事とするようになった環境保護の活動家。専ら生態環境問題に関わり、5年間で200余りの案件の解決を促した。環境保護活動家を指導して11の環境保護組織を成立させ、現在は「全国環境保護活動家おもいやりセンター」の創立をめざしている。

張頔氏
④張頔氏(江蘇緑色の友・自然教育顧問)
北京環友科技秘書長。「中国二酸化炭素ダイエット宣言」、「環境科学普及劇場農村を農村へ」などのプロジェクトを組織し、プラスチック抑制、過剰包装抑制政策研究、生態休暇などのプロジェクトを立ち上げた。グリーン選択連盟にも参加し、環境監督と研修も数多く行っている。

saron5

saron11

(写真は2016年12月に開催された日中環境問題サロンの様子)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ