あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

第7回ぜん息患者こんだん会(姫島診療所 7月15日)

2011年7月15日 姫島診療所 14:30-16:00
ぜん息を抱えながら苦しむ患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、時には勉強会なども開催しながら、病気と向き合っていこう、またお互いが支えあっていこうと、「ぜん息患者の救済を求める西淀川の会」がぜん息患者こんだん会を開催しています。開催日は不定期ですが、およそ2ヶ月に一度開催しています。
今回は、14人が集まりました。

西淀病院から理学療法士の三島信之さんと廣野克俊さんをお招きして呼吸リハビリについて学習しました。
IMG_6124
患者会の会長である森脇さんが呼吸リハビリの入院をした際に、ピークフロー(十分息を吸い込んだ状態で、極力息を早く出したときの息の速さ)を測定した際、とてもよくなってきていること、また筋肉量もアップしたことを説明してもらいました。
IMG_6128
実地で試してみました。
まずは、口すぼめ呼吸と腹式呼吸です。
IMG_6130
おなかに手を当てて、呼吸ができているかを確認します。
私はこれまで、おなかに息が入っているから腹部が膨らむのかと勘違いしていましたが、
横隔膜が下がって肺が広がるのだそうです。下がってきた横隔膜によって腹部が膨らむのだそうです。
IMG_6133
口すぼめ呼吸は目の前に紙を持ってくるとわかりやすいです。紙が動きますか?
IMG_6141
それから、首周りの筋肉をほぐします。肩を上げ下げしたり。
IMG_6146

腕をまわしたり
IMG_6150
脇を伸ばしたり
IMG_6154
ちょっとした動作ですが、これをするだけで、肩こりも軽減されました。
それから、口すぼめ呼吸をしながら、立ち上がっています。
息を吐きながら立つと呼吸が楽になります。
しかし、この動作難しいのです。皆さんも試してみてくださいね。
IMG_6163
一人ひとり呼吸ができているかを見て回ります。
IMG_6165
IMG_6167
IMG_6176
IMG_6179
IMG_6194
こんな風に、道具を使ってみると、やりやすいですよとのアドバイスがあったり
IMG_6188
一人ひとり見てもらったので、ずいぶんと分かりやすかったようです。
「よかったわ!」と患者さんの喜ぶ顔が見れて良かったです。
呼吸リハビリや適正な治療など、患者さんも勉強することで、よりよいものを受けることができるのだと思います。
患者が集まって、会を作るのは、制度を作るためでもありますが、何よりも自分たちのためだと思います。一人よりも二人、二人よりも三人あつまれば、大きな力になるはずです。
未認定患者さんの医療費救済の運動が推進できるようにお手伝いを続けていきたいと思います。(林美帆)

:kuwasiku:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ