あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

【御礼】被災地への寄贈ワゴン車の代金集りました

東日本大震災直後、あおぞら財団から被災地(岩手県・遠野)に寄贈した、廃食油BDFで走るワゴン車の購入代金ですが、おかげさまで、2013年3月をもちまして、みなさまからの寄附金にて全額をまかなうことができました。多大なるご支援、ご協力をありがとうございました。(寄附金額の経過は下表)
P1060040

寄贈したワゴン車「あおぞら号」

ここでお礼とともにみなさまにご報告があります。

2011年4月29日の寄贈以来、NPO法人「遠野山・里・暮らしネットワーク」にてボランティアや被災者の移送手段に活用いただいたワゴン車「あおぞら号」ですが、2012年12月、寒波襲来の折、雪道での自損事故により車両が破損し、人体に影響はなかったものの、車両は修復不可能となってしまいました。誠に残念なことではありますが、同ネットワーク会長様からは「発災以来これまで、フル回転の活動をし、この車両のお陰をもちまして様々な支援活動がスムーズになされました」とのお言葉を頂戴しています。
※NPO法人「遠野山・里・暮らしネットワーク」から「応援してくださった皆様へ」と題したお手紙を当財団機関紙「りべら」2013年5月号(No.128)P6に掲載しています。http://aozora.or.jp/pdf/libella128.pdf

NPO法人遠野山・里・暮らしネットワークから「応援してくださった皆様へ」と題したお手紙を当財団機関紙「りべら」2013年5月号(No.128)P6に掲載しています。
http://aozora.or.jp/pdf/libella128.pd

被災地では、住宅のめどが立っていないことに加えて、なりわいのめどが立っていないことに危機感をお持ちです。時間がたつにつれ風化が始まり、活動もままならないとのことから、当財団としましては、引き続き、被災地の支援をさまざまな形でおこなっていく所存です。おもには、被災地商品の販売、被災地ツアー事業などです。詳しくはコチラ http://aozora.or.jp/aboutkifu/tokuteikifu

今後、被災地支援のためにいただいた寄附や被災地商品の売上による収益はこうした活動にあてさせていただきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

■寄贈ワゴン車への寄附金額の経過
2011年
3月 149,607円
4月 9,700円
5月 26,000円
6月 161,050円
7月 31,022円
8月 50,521円
9月 3,000円
10月 701円
11月 2,300円
12月 147,876円

2012年
1月 11,904円
2月 2,950円
3月 12,701円
4月 3,420円
5月 2,070円
6月 15,004円
7月 110,320円
8月 25,146円
9月 20,784円
10月 32,251円
11月 13,180円
12月 97,568円

2013年
1月 20,000円
2月 47,840円
3月 152,138円

合計 1,149,053円

以上です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ