あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » 視察受入

環境省職員 現地研修受入 1日目(10/26)

あおぞら財団ではここ数年毎年、環境省職員環境問題史現地研修の受け入れを行っています。今回の研修は10月26日(木)~27日(金)にかけて行われ、計18名の方が参加されました。公害患者さんの平田和子さんのお話、森脇君雄さんのお話、弁護団の村松昭夫先生のお話、西淀川のフィールドワークなど2日間にわたる研修が行われました。

まずはお互いの自己紹介から。

まずはお互いの自己紹介から。

名前・今回の研修に期待すること・業務内容・環境省の使命とは何か、この4つについて紙に書いて発表します。

自己紹介の後は、あおぞら財団の林さんの講義です。

林さんによる講義は「西淀川公害、地域再生について」というテーマで、「戦前の公害問題といえば何か?」という問いかけから始まりました。四大公害を始めとした全国の公害と公害訴訟の話から、西淀川の歴史・公害被害者の患者会の発足・大気汚染裁判について、裁判の結果誕生したあおぞら財団の理念についても説明がありました。西淀川公害裁判では地域再生を目指したことにより、国や企業がその理念に共感し、和解へとつながることとなりました。あおぞら財団は公害によって分断されたコミュニティをつなぎ直し、いろいろな立場の人達をつなげる使命を持って活動をしており、ESD(持続可能な開発のための教育)、SDGs(持続可能な開発目標)等を通じて、様々な活動を行っているとの説明がありました。

説明をする林さん。

説明をする林さん。

 

次は公害患者さんである平田和子さんのお話がありました。「西淀川公害患者と家族の会」事務局長・上田敏幸さんも来てくださいました。

お話をされる平田さん。

お話をされる平田さん。

平田さんは3つのときに気管支炎になったそうです。夜中の10時から明け方3時まで喘鳴がひどく肩で息をするような状態でした。小学校の時、足に湿疹ができ、それが治ったとおもったら、ぜん息になりました。夜はうとうととしか眠れなかったが、学校には休まず通い、皆勤賞を貰ったそうです。27歳位の時に再びつらい発作がおこり、本格的に医者に行かねばならなくなり、公害からくるぜん息であると認定されたとおっしゃっていました。ぜん息の症状については、マラソンのゴール時に息が上がって、肩で息をしている状態と同じで、それがずっと続いている感じだとおっしゃっていました。自分は小さいときからぜん息だったので、元気な時があまりない状態が当たり前で、それが普通の感覚になってしまっているそうです。

皆さん熱心に聞き入っています。

皆さん熱心に聞き入っています。

林:公害が酷かったといわれている昭和40~50年代の西淀川の空を覚えている?

平田:40~50年代に自分が住んでいた淀川区は工場のたくさんあった海側から遠く、そこまで空気が悪くなかったが、空を見たらもやがかかっていた。

林:患者会に入って、裁判の傍聴やデモへの参加、署名を集めたり等運動をしたことで、良かったことと、参加の動機は?

平田:通っていた病院が西淀病院で、公害に反対する活動が盛んな病院だったことと、何かしなければならないとの思いもあり、自分も参加するようになった。運動を通じて仲間が出来たことが良かった。

平田さんは、環境省職員の方達にむけて一言ということで、自分は公害健康被害補償制度による認定患者であるため、現在は医療費の補助等があり助かっているが1988年以降の新規認定廃止後の未認定患者さんは医療費が高く、自分も子供の頃はかなり医療費がかかったこともあるためこの問題をなんとかしてほしいとお話されていました。

Q:他の公害患者さんの中で大変そうだった人は?

A:自分は子どもの時からぜん息だったが、途中から、大人になってからぜん息になった人は点滴しても症状が治まらない人もいた。ステロイド入りの200㏄の点滴3本で、症状が止まらなかったら入院ということになっていた。

Q:平田さんの今の生きがいは?

A:毎日プールに行って体を鍛えて、植物を育てている。

この他等級の判断基準や、周りからのサポートについての質問が相次ぎました。

 

会場を5階のエコミューズに移して、公害被害者総行動デーで40年間代表委員をつとめ、西淀川の公害患者会の原告団団長、患者会の初代理事長でもある森脇君雄さんのお話がありました。

森脇さん。

森脇さん。

森脇さんは「自分達と環境省は、緊張感と信頼感を持って関わってきた。」と語り始めました。緊張とは、西淀川裁判提訴直後に、環境省が二酸化窒素(NO₂)の環境基準を2~3倍に緩和し、公害健康被害補償制度の指定地域を解除しようとした時のこと。裁判の要求の一つが二酸化硫黄、二酸化窒素、浮遊粒子状物質の環境基準を達成するということだったのでこの緩和により環境基準が達成されてしまうことになったというお話でした。当時の山本宜正大気保全局長からはこの緩和に関して納得する説明がなく、山本氏自身が勉強不足であると認め、ついには大阪まで来て、交渉をしたそうです。彼はまじめでいい人だったが、我々も黙っているわけにはいかなかった、と森脇さんは語っておられました。

信頼とは、嘘をつかない、決めたことを必ず守るということ。これを何十年も続けてきたとのことです。

環境省の役割とは、その成り立ちが四大公害裁判で被害者側が勝利したときに生まれ、同時に公害健康被害補償法を作ったので、患者の立場に立ち、仕事をするのが環境省の基本であると信じている、とおっしゃっていました。

20年もの間続いた西淀川の裁判に勝利できたのか、どうして団結できたのかのは、この問題が国との対決で、一方では直接国へ抗議に行き、一方では裁判に参加しているため、どうしても勝たねばという意志が強くなったということでした。ある意味西淀川の患者会・公害患者を強くしたのは環境省と経団連だったと振り返っておられました。

その後、環境省とはこれからも関係を続けていけたら、とお話されていました。

皆さんお話に聞き入っています。

皆さんお話に聞き入っています。

Q:裁判が長引いた理由は何か?A:西淀川は、よそ(堺市・尼崎等)からのもらい公害だったため、因果関係の証明が難しかった。どこの煙がどのように西淀川に流れ込んでくるかをスーパーコンピュータで計算し特定した。原告側は京都大学の1台を借りたが、関電等の被告企業は数台駆使しデータをとっていたこともあり、向こうの方が強かった。

Q:726人の原告で裁判を闘ったという話だったがどのようにしてモチベーションを保ったのか?

A:指定地域解除の問題については国に原因があった。裁判どころではないため、患者の半分は運動を行い、半分が裁判に行った。直接運動に行くことで、理不尽な思いをすることが多々あったので、その怒りが裁判闘争を長く持ちこたえた理由の一つ。当時、内心裁判は負けると思っていたし、補償法を潰されるかもしれない恐れがあり、患者は必死で戦った。戦い続ける中で自信がついた。また100万人もの署名を集めた。運動が一人一人を強くしたし、どこに行っても話すことが訓練にもなり、原告のタスキを手放さなかった。

続いて、西淀川大気汚染裁判の弁護士であり、あおぞら財団、現理事長の村松先生のお話です。

村松先生。

村松先生。

村松先生は、実際に裁判に取り組んだ弁護士の立場から、患者さん達や弁護士がなぜ公害裁判を起こしたか、西淀川大気汚染裁判の意義等についてお話してくださいました。

日本の公害裁判には四大公害裁判から始まる半世紀以上の歴史があり、被害者が原告として立ち上がり、弁護士集団が彼らを助けてきました。多くの弁護士が集団として関わることが日本の裁判の特徴であり、なぜ公害問題に取り組むか?ということを問われた時、弁護士を志す人は社会正義と基本的人権の擁護、社会的少数者の人権が侵害されたときに助けようという思いを持っているからだとおっしゃっていました。環境省の皆さんも、環境や公害の問題に関わっていこうという思いを持っているのではないか、と述べられていました。裁判中は、弁護士間で様々な議論が出て意見の対立もあったが最後には被害者の救済のためにという意志は一致しており、そのため議論をくり返し、合意を進めてきました。裁判は「事実と現場」が重要で、判決にも影響を及ぼすとおっしゃっていました。公害裁判では、患者さん達の言いたくない本当の被害、死ぬ間際の姿・言葉も含めて原告の苦しみを正直に訴えこれらの事実を裁判所に伝える、これが公害問題に取り組む弁護士がまず最初にやらなければならないことだそうです。弁護士の頑張りだけでなく、原告の患者さんには、嫌なことも思い出してもらい、人前で発言することで、気持ちが変化してくるところがあると述べておられました。

西淀川の裁判の意義の一つは、車社会を進めようとする考えが主流だったところに、その路線を変えていくきっかけを裁判が作ったことであるとおっしゃっていました。そして、あおぞら財団というNPOを作るのに環境省が協力してくれたことは本当にありがたいことだったとおっしゃっていました。

Q:西淀裁判で20年という長さの中で事実が変化することはあったか?

A:裁判を起こした時はNO₂が問題だった。NO₂は大気汚染の一つの指標であったが、当時はその健康影響ははっきりわかっていなかった。裁判当初、阪神工業地帯が現役だったが、裁判終り頃になると、工場が移転などで縮小していった。工場排ガスの差し止めは重要なことだったが、裁判が終わる時には自動車排ガスの方が問題になっており、その差し止め要求が重要になっていた。

Q:裁判をやった動機は?

A:自分が弁護士になった時には裁判が始まって3~4年目だった。後で振り返るとあの当時これだけの裁判をおこした弁護士は勇気があったと思う。勝ち目がなかった。当時大気汚染がひどくて患者の数が多く、なんとかしなければならないと考えたこと、公害に対する世論の力もあったと思う。解決要求は謝ること、償うこと、公害対策をすることであり、地域再生・環境再生要求を入れた。

 

最後に振り返りのワークショップを行いました。一日目が終わって、気づいたことを話し合い、二日目のフィールドワーク等に向けて、問題意識の近い人達でグループごとにわかれました。

今日学んだことを振り返り、共有するための話し合いを行っています。

今日学んだことを振り返り、共有するための話し合いを行います。

今回研修の一日目をお手伝いさせていただきました、村山です。私は、普段は財団の資料の整理作業に携わっています。今回研修をお手伝いさせていただいて感じたことは、実際に裁判や運動に携わってきた方が、対面してきた人達の印象は資料からだけではわからないということです。森脇さんのお話の中でNO₂環境基準緩和に大きく関わった環境庁の山本宜正大気保全局長に対して「彼は真面目でいい人だった。」とおっしゃっていたことが強く印象に残りました。運動も裁判も、人間対人間の出来事であるため、森脇さんをはじめ、患者の方が粘り強く対話を重ねてこられたということがよくわかりました。

(村山知子)

2日目の記事は後ほど。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入,資料館(エコミューズ) — aozorafoundation 公開日 2017年11月30日2:22 PM

淀川勤労者厚生協会看護師研修受け入れ

2017年10月2日(月)14:00-16:00
西淀病院の看護師さんたち10名が、研修として西淀川公害のことを学びに来て下さいました。
現在開発中のロールプレイ教材を実践しながら、公害が起きたらどうなるかを考えました。
P1250554
学んだ感想としては、「はじめて西淀川公害ということを知った」「西淀川で生活して長いけれど、ニュースで公害のことを聞いたことはあるけれど経緯まで知らなかった」「西淀川区内に『あおぞら』の名前が付いた施設が多い理由が分かった。本当に青空が待ち遠しかったんだと思った」というものや、昔は治療薬がよいものがなくて、患者さんが運び込まれて、息絶えることも多かったと教えてくれるベテラン勢もいました。

P1250569
雨だったので、ほんの少しですが、歌島橋交差点の周辺をフィールドワークしました。

「あおぞら財団の雰囲気がここ数年で変わって、すごく良くなってると思う」と発言して下さった方もおり、地域に根差す活動が評価されたこと、とてもうれしく思いました。
共に、西淀川地域を良い地域にしていけるように尽力したいと思います。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入,資料館(エコミューズ) — aozorafoundation 公開日 2017年10月2日6:36 PM

7月15日 追手門学院大学 西淀川フィールドワークとエコミューズ見学

追手門学院大学 藤吉ゼミで学ぶ学生さん4名に藤吉圭二先生も同行されて、西淀川のフィールドワークとエコミューズの見学、ワークショップなどを行いました。
P1240697

P1240692

夏の日差しの照りつける、たいへん暑い中、出来島駅から43号線、千北診療所、あおぞら苑などをめぐりました。

土曜日ということもあり、多くの工場はお休みでしたが、それでも西淀川の今の姿から、住宅と工場のかかわりなどを参加者のみなさんは自分の五感で受けとめてくださったようです。途中、大阪マスジド(モスク)を訪ねる機会があり、ハラール(イスラム法でゆるされる食材・料理)のことなどにもふれることができました。
P1240712
大野川緑陰道路でしばし木陰に助けられつつその歴史について学び、あおぞら財団に到着。休憩をはさんで、西淀川・公害と環境資料館 エコミューズにて、あおぞら財団職員 林より西淀川公害とエコミューズについて説明が行われました。
問題解決に向かう中で、西淀川では公害病患者の人びとが、その原因である企業や工場の立場も考え、対立を生じさせないように、ともに取り組むべきものを見いだしていったこと、そこから生まれたパートナーシップは、学生のみなさんにも印象深かったようです。
また、今回はアーカイブスについての学びということで、所蔵されている当時からの資料にもふれました。そのままではやがて失われてしまうようなものまで、未来につなげるために保存し、活用し、伝えていくことも響いたようです。
P1240723
その所蔵資料を用いたワークショップ(フォトランゲージ)を行うことで、フィールドワークとエコミューズでの説明や目にしたアーカイブスがつながったようで、最後のふりかえりからは、先にふれたような印象や考えたことなどが分かち合われ、今日見たこと、聴いたこと、体験したことが、自分の課題としてみなさんの中で動きはじめたようでした。
P1240729
(ボランティア 吉岡)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入,資料館(エコミューズ) — aozorafoundation 公開日 2017年7月18日6:20 PM

6月23日 灘高校フィールドワーク

今回は記録として参加いたしましたボランティアの吉岡が報告いたします。

神戸市の灘高等学校3年生、教員も含めて約50名のかたがたのフィールドワークを行いました。
多くの参加者のため、阪神 出来島駅から2グループに分かれて、西淀川をめぐりました。

事前学習も行って今日に臨んだ生徒のみなさんには、音やにおいといった五感をつうじて受けとめてほしいとあおぞら財団職員よりお伝えしました。

43号線。マイクを通さなくては説明の声も聴こえない騒音。そばには小学校。生活や教育の場のすぐそばで、止むことのない車の音や大気汚染があります。
西淀川の人びと、公害患者のみなさんは、裁判に勝訴しましたが、賠償金が環境改善への対策、つまり継続的な測定に用いられることを望みました。
出来島小学校には大気汚染の測定局があります。これは常時測定局ですが、出来島小学校の周辺に出来島測定局と大和田西測定局見あります。それは行政が進んで設置したものではなく、西淀川公害裁判の和解に伴って設置された測定局です。
測定は、自治体や行政との信頼関係でもあるとあおぞら財団の職員が説明しました。そこで示された数値という現実から、向き合うべき課題を知り、考え、取り組んでいくことができるのです。
P1240518

西淀川の環境は、患者のみなさんのたたかいにより、緑多い地域に変わっていきました。加えてアクセスのよさなどもあり、新しくここに住む人びとも増えてきています。従来の住環境の中に工場がある状況から、におい等の面で軋轢が生じることもあるようです。

子や孫の世代に青い空を渡したいと、長きに渡ってたたかってこられた世代のみなさんの生活を援助しているデイサービスセンター あおぞら苑。その設立には、夜中に起こることの多い喘息の発作により、孤独な死を迎えられるかたがおられたことも背景にあるとのことです。公害患者だけでなく地域のかたがたにも開かれている あおぞら苑 は、多くのかたが利用されています。公害患者のみなさんは旅行に行きづらいこともあり、新館は旅館風のつくりになっているそうです。ここにも人が人らしく生きることをたいせつにする思いが感じられました。

ちょっと早い真夏の暑さの中、限らえた時間ではありましたが、灘高の生徒さんたちは、自分で歩き、見えるもの、聞こえる音などから感じとってくださったことでしょう。

あおぞら財団に着いてからは、公害患者の池永末子さん、前田春彦さんのお話をうかがいました。
運動の原動力は、次の世代、若い世代が苦しまないようにという思いだとおっしゃる池永さん。やはり喘息で苦しんでおられた娘さんをすべてにおいて優先され、ご自分は公害病の認定を受けられなかったそうです。いっぽうで娘さんは、親を心配させないように、学校から治療を受けに行っていたとのことで、たがいを思うことが長いたたかいを支えたのだろうと感じました。保育園で働いておられた池永さん。とうぜん子どもたちと遊びますが、サッカーなどはさすがにこたえたため、ボールを遠くに蹴って、その間にひと息入れていたと、つらかった体験を語られる中でも、生徒さんたちをなごませてくださいました。
前田さんは「軍事基地のことも含めて、市民が望んでいないことに大金が投じられている。苦しむ側に立って判断してほしい」と話されました。
池永さんも前田さんも、今も患者として省庁や企業に出向き、声を上げつづけておられます。しかし、生返事しか返ってこない。将来、その「聴く側」になるかも知れない生徒さんたちには「声を聴く人になってほしい」と思いを語られました。P1240548

つづいて、灘高のみなさんから、患者さんへの質問です。
Q. 経済的に余裕にある人は西淀川を離れていったと聞きましたが、そのような人たちへの思いはありますか。
A. 自分も子どもと故郷に帰ったほうがよいのではと考えたことがある。でも、子どもたちにとってはこの西淀川が故郷だと考え直しました。

Q. お子さんのこと、またご自分の苦しさから仕事をやめようと思いませんでしたか。
A. (保育園の仕事は)子どもが好きなのでやめようとは思いませんでした。また、子どもの様子を見ていたら、経験上、喘息の発作が出そうな子はわかるので、ほかの職員と連携することができました。また、医療費のこともあったので、仕事はたいせつでした。

Q. 子どもたちにご自分の体験を伝えるとき、自分たちが暮らしている街に子どもが悪いイメージをもってしまうのではないかとジレンマを感じたことはありませんか。
A. たしかにたくさんの問題があったけれど、自分たちがたたかって、それを改善していった、よくしていったということを伝えたいと思っています。

Q. 街を支えてきた工場とのかかわりについてはどう考えておられますか。
A. 同じ地域に生きる者として共存していく。新しい住民との軋轢があるのもたしかだが、ものづくりの街として、ものづくりが見えるアートイベントなど、共に生きる道をつくっていきます。

Q. 今ここで伝えたいことはなんですか。
A. (ここにいるみなさんが、将来、行政や企業の側になる可能性もおおいにありますので)もっと空気をきれいにしていきたい。医療費など、もっと患者の側に立ってほしいということです。

P1240567 - コピー

灘高校の生徒さんたちの質問に、現代的な視点も踏まえたするどさを感じました。炎天下の中、時間に追われてのフィールドワークでしたが、灘高生のみなさんは、五感で受けとめたことを患者さんのお話と重ねて、しっかりと考えてくれているのだなと感じました。
神戸と大阪ではちょっと距離はありますが、これを機会にタンデム自転車乗りにでも来てくださって、もっと西淀川とここに生きる人びとと出会い、自分の感性をだいじに学んでいってほしいと願います。人の声を聴ける人になりますように……。
(吉岡)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入,資料館(エコミューズ) — aozorafoundation 公開日 2017年6月26日4:17 PM

6/2(金)大阪大学未来共生イノベータ博士課程のみなさんのフィールドワークを行いました。

今回は、ボランティアで参加いたしました吉岡がご報告いたします。

大阪大学未来共生イノベータ博士課程のみなさんと合流し、バスにてまずは尼崎の工場群、中島工業団地をめざしました。

その車中、あおぞら財団職員 林より、西淀川の公害、地域の特徴について説明がありました。わたし自身、ボランティアという形で、西淀川のフィールドワークに初めて参加しましたので、これまで「通りすがり」になんとなく目にしてきた風景が、説明を聴くことでまったく異なったものに映りました。

中でも長期に渡る工業用水の汲み上げによる地盤沈下は、視覚的にも衝撃を受けました。道路より低い家並、地面より高い水面。また、日頃身近な道路や鉄道、日常用いている製品を生産してきた企業が、公害訴訟においては被告となったことも説明がなければ見過ごしてしまったでしょう。利益優先の結果、住宅地のすぐそばに大規模な工場がつづいていることも背景を知らなければ疑問ももたない。視覚的な意味にとどまらず、課題の本質からブレないために「見る目」を養うことのたいせつさを痛感しました。

公害とは、人が人として人間らしく生活する権利が、大きな力とそれを後押しする大きな流れによって深く侵害されることだと思っていますが、患者とされた人びとの存在そのものを奪ってきたハンセン病の隔離政策とも重なることを外島保養院跡記念碑は告げているようでした。

車から降りて、住宅地を突っ切って造られた国道43号線から見えてくることも学びました。西淀川には大きな道路がいくつも通っています。交通量が多ければ、当然、大気汚染や騒音を生じ、やはり人の生活を脅かすことになります。あちらこちらに交通量を減らすために湾岸線の利用を呼びかける文言が掲げられていますが、「無料」の43号線に多くの車が流れる状況は現在の流通実態ではなかなか変わらないようです。P1240199

しかし、地域に生きる人びとが声を上げたことによって、かちとられたこと、取り戻したものがあります。道路においては車線を減らす、環境レーンを設けるなどは住民運動がもたらした成果です。

西淀川の人びとが資金を出し合って実現した千北療養所(当時は千北病院)に設置された、医師会立の公害医療センター。公害反対運動では工場に務める人もいるし、合意形成がむずかしい。そこで地域で共有できるものを求めていく。あおぞら財団の活動に理解・協力してくださっている企業もあると聴きましたが、相手を切り捨てず、互いの立場を思い、共生の道を見い出すためにも、対立を超えた対話こそ課題を可能性へと変える力になっていくのいではないかと思いました。

P1240213

阪大生のみなさんは、2人ずつ組んで、地域のかたがたに①西淀川の好きなところ、②西淀川の困っていること・改善したいこと、の2点についてアポなしインタビューを行いつつ、あおぞら財団へ。結果を発表していただくと、好きなところも課題も人さまざま。好きなところでは、生活が安定、景観がよい、公共サービス(子育て)、便利。課題では、高齢化、トラックのスピード、交通が不便、空気が重い、外国人が増えていることへのとまどいなど。その人その人、一人ひとりの捉えかた、考えかたがあり、それが人が息づき、生活しているということだと、阪大のみなさんは“生の声”にふれて感じられたのではないでしょうか。

P1240227

主役の阪大生さんをさしおいて、わたしの心もとない所感ばかりになってしまいましたが、みなさんは今日見たこと、聴いたこと、驚いたこと、疑問に感じたこと、インタビューに答えてくださったかたの声を、人が人らしくある未来に生かしてくださることでしょう。(吉岡)

 

 

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入 — aozorafoundation 公開日 2017年6月2日8:01 PM
前のページ »