あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » イベント報告・ホームページ更新

月刊 あおぞら 2018年6月号

あおぞらExpress メール通信Vol.974
発行:あおぞら財団
月刊 あおぞら 2018年6月号
毎月一度お届けします、あおぞら財団の活動報告です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 今月のトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あおぞら財団エコミューズでは、西淀川をフィールドとして、ESDの視点から未来を考えるために、対話的な学びの場をコーディネートしています。様々なステークホルダーの視点を学ぶためには、複数日の研修がおすすめ。
姫里ゲストハウスいこね」を使ってゼミ旅行なども行えます。
ご希望に応じて柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。
        ↓↓↓詳しくはコチラ↓↓↓
姫里ゲストハウスいこね http://aozora.or.jp/icone-kujiracafe/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 これまでの活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆……………………………………………………………………[環境保健]
肺年齢測定を行いました(6/3)
楽らく呼吸会で体力測定と呼吸体操!(のざと診療所, 6/8)
◆………………………………………………………………[研修・資料館]
大阪大学文学部日本学専修の研修を受け入れました(5/12)
関西学院大学社会学部研修(5/19)
関西学院大学総合政策学部の研修を受け入れました(5/26)
大阪大学未来共生イノベーター博士課程の研修を受け入れました(6/1)
◆…………………………………………………………[フードマイレージ]
甲南中学校でフードマイレージ買物ゲームをしました(5/25)
◆……………………………………………………………………[職場体験]
佃中学校から職場体験(6/7-6/8)
◆……………………………………………………………………[環境学習]
「日本の再生ー光と風のギガワット作戦ー」西淀川上映会(5/21)
◆…………………………………………………………[自転車まちづくり]
冊子「西淀川で自転車を安全に楽しく乗ろう!」ができました!
◆……………………………………………………………………[交流拠点]
あおぞら市の開催(5/23、6/13)
くじらカフェのメニューが新しく!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 イベントのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆……………………………………………………………………[交流拠点]
いこねで手作りコースターワークショップ
端切れを使って、パッチワークキルトのコースターを作ります。
日時:2018年6月17日(日)
場所:姫里ゲストハウスいこね 1F 共用スペース
講師:神原光子さん
費用:無料、材料はこちらで準備します。
◆……………………………………………………………………[交流拠点]
毎月第2・第4水曜日はあおぞら市。出店者も募集しています!
時間:10:00~13:30(順次開店)【雨天決行・荒天中止】
場 所=あおぞらイコバ(あおぞらビル1Fの地域交流スペース)
今後の予定 6/27、7/11、7/25、8/8、8/22
★☆★出店者募集中★☆★
一緒に素敵なお店を出しませんか?野菜や雑貨、その他応相談。
1スペース500円
◆……………………………………………………………………[環境保健]
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の早期発見への取り組みとして、西淀川区役所と連携してイベント時や健康診断時に肺年齢測定やパンフレットの配布を行っています。どなたでも無料で測定できます。
日程:8/25、9/23、11/11、1/27、2/23
◆……………………………………………………………………[環境保健]
楽らく呼吸会に参加しませんか?
ぜん息やCOPDを抱えながら苦しむ患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、勉強会などを行う楽らく呼吸会を開催しています。
内容:自己管理、呼吸リハビリ、栄養、みんなで歩こう、薬
日程:7/19、7/20、8月・9月、10月、2月・3月
場所:のざと診療所、千北診療所、姫島診療所
◆……………………………………………………………………[交流拠点]
【姫里ゲストハウスいこね】楽天トラベルで予約可能に

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 各種の募集情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆………………………………………………………………………[環境学習]
「今も昔も住民がまちづくり 中島大水道まち歩きマップ」販売中!
かつて大阪市東淀川区、淀川区、西淀川区を流れていた中島大水道の歴史や現在の水道跡を歩くための情報を掲載した「まち歩きマップ」を中島水道サロンで作成しました。頒価200円で販売しています。

 

(編集後記)
家でナショナルジオグラフィックを定期購読しており、毎回、写真の美しさ、構図の素晴らしさに感心しています。今月号の特集は「海を脅かすプラスチック」。カラフルなプラスチックに埋め尽くされた川や海、プラスチックの綿棒につかまっているタツノオトシゴの写真など、美しくも不気味な写真が多く、衝撃的でした。激増し続けるプラスチックですが、そのリサイクル率は世界全体でわずか18%。できるだけプラスチック製品を避けるなど、できることからやらなきゃと思いました。(KT)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集発行
【発行元】公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)
【発行日】2018年6月13日
【住 所】〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
【TEL】06-6475-8885
【FAX】06-6478-5885
———————————————————————-
■賛助会員募集中!
あなたの会費、寄付、ボランティア活動が当財団の活動を支えています。
当財団の目的に賛同してくださる皆さん、ぜひ賛助会員になって下さい。
あおぞら財団への寄付や賛助会費は、税制上の優遇措置があります
http://aozora.or.jp/nakama
———————————————————————-
■月刊あおぞらについて
あおぞら財団の活動報告やイベントなどの最新情報などを皆様にお伝えすることを目的に、月に一度、情報発信させて頂いています。
本メールは、あおぞら財団の会員、メーリングリストにお申込いただいた方およびあおぞら財団のイベントや研究会などで名刺交換させて頂いた皆様にも送信させていただいております。

あおぞらEXPRESSの「購読登録」、「購読解除」は下記のページからお申し込みください。
http://aozora.or.jp/yomu/aozora-express
Filed under: イベント報告・ホームページ更新 — aozorafoundation 公開日 2018年6月14日11:24 AM

冊子「西淀川で自転車を安全に楽しく乗ろう!」ができました!

冊子「西淀川で自転車を安全に楽しく乗ろう!」ができました。冊子は一般向け、子ども乗せ自転車向けの2種類です。

西淀川は、自転車で移動しやすい街です。自転車に乗ると、町の移り変わりや人々の営み、大気といったことを五感で感じながら移動できます。そして、自転車は自動車と違って、排気ガスを出さないという強みもあります。

自転車はよいことづくしの乗り物のようですが、自転車が原因で周りが危険にさらされたり、入内な事故が起こったりしています。自転車は車両という意識で、もっと安全に自転車のある生活を楽しんでもらいたい、そんな思いから作りました。

冊子は、あおぞら財団や西淀川区内で配布していますので、ぜひ、手にとってみてください。

IMG_4927

※この冊子は、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のECOMO交通バリアフリー研究助成を受けて作成しました。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,自転車まちづくり — aozorafoundation 公開日 2018年6月13日5:20 PM

楽らく呼吸会で体力測定と呼吸体操!(のざと診療所, 6/8)

2018年6月8日(金)、のざと診療所で楽らく呼吸会を開催しました。今回は西淀病院から理学療法士の榎田さんを講師に迎え、呼吸リハビリと体力測定を行いました。参加者は8人(内、患者さん4名(家族の方を含む)、看護師2名、理学療法士1名、スタッフ1名)でした。

まずは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と自己管理について、前回の内容をダイジェストした形でお話していただきました。

COPDの患者さんには運動が大切ですが、症状によってどのような運動をすればよいのかは異なります。

重症の患者さんは、呼吸法や排痰法といった身体の調子を整える「コンディショニング」が大事です。空気の通りが悪くなった気管支をつぶれにくくする呼吸法「口すぼめ呼吸」がその一つです。

COPDの患者さんの肺は縮まない風船のようにふくらんでおり、横隔膜は押し下げられ、うまく働けなくなっています。そのためCOPDの患者さんの呼吸は、首や胸、背中、おなかの筋肉(=呼吸補助筋)も使って行われています。この無理な呼吸によって起きる筋肉のこりをほぐしリラックスさせるストレッチも「コンディショニング」です。

重度の人はコンディショニング、ADLトレーニングを中心に、軽症の人は高負荷のトレーニングを行いましょう。

図 運動療法の負荷と症状の程度

お話のあとは、呼吸体操を行いました。

口すぼめ呼吸で息を整えた後、肩の上げ下げ、背伸びなどをして呼吸筋のストレッチを行いました。

13

呼吸筋のストレッチ体操をしています

09

財団で作った「毎日らくらく呼吸カレンダー」にも呼吸体操が載っています。

体操の後は、体力測定。握力と30秒椅子立ち上がりテストを行いました。

握力測定では、どの方もよい数字が出るよう力いっぱい測定器を握りました。講師の榎田先生から「親の仇と思って力を入れてください!」と声がけがありましたが、80歳代の方からは「親は天国にいる」と言われ、「それなら好きな食べ物を取られたと思って!」と声がけが変更されるといった場面もありました。握力測定は、短時間に安全に測定ができること、握力は下肢の筋力と相関関係が高いため全身の筋力の程度を知るための指標として用いることができるそうです(参考:長寿科学振興財団「高齢者の握力測定」)。

14

精一杯測定器を握って、握力を測定しました。

30秒椅子立ち上がりテストでは、30秒間に何回椅子から立ち上がりができるのかを測り、下肢筋力を簡便に評価します。このテストでも、みなさん一生懸命椅子の立ち座りをされていました。

 

16

30秒間椅子の立ち上がりが何回できるかを測定しました。

スライド10

楽らく呼吸カレンダー6月の体操は、足の運動です。この体操は椅子の立ち座りに効果的です!

 

体力測定は、運動機能が維持できているかどうかをみるのに最適です。COPDやぜん息患者のみなさんは、息切れがあるため体を動かすのがおっくうになり、身体を動かさないと筋力が弱ってさらに動かなくなり、結果として息切れが強くなるという悪循環に陥りがちです。体力測定をきっかけにして、呼吸体操や運動への意欲を高めてもらえたらと思います。

■楽らく呼吸カレンダー

あおぞら財団では楽らく呼吸カレンダー2018年度版を配布しています。月ごとに、おすすめの呼吸体操やストレッチ、呼吸メモなどを紹介しています。運動の記録もできます。ほしい方は是非あおぞら財団までお問い合わせください。

1

■次回予定~問い合わせはあおぞら財団まで~
楽らく呼吸会は、患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、時には勉強会なども開催しながら、病気と向き合っていこう、またお互いが支えあっていこうという会です。

少しでも興味があれば是非、各診療所に足を運んで、楽らく呼吸会にご参加ください!

  • 第48 回 呼吸リハビリ、自分でできる運動、体力測定 ( 講師:理学療法士)
  • 第49回 栄養について(講師:栄養士)
    • 8月3日(金)14:30 ~ 16:00  のざと診療所

2018年度の予定はこちらをご覧ください→2018年度の楽らく呼吸会の予定

今までの楽らく呼吸会の様子はこちらから→楽らく呼吸会

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2:57 PM

佃中学校から職場体験(6/7-6/8)

6月7日、6月8日の二日間かけて、佃中学校から2人の中学生が職場体験に来てくれました。

1日目はまず、あおぞら財団のことを知ってもらうために、西淀川公害についてのビデオを観てもらい、どんな活動をしているかを紹介しました。その後は、エクセルでのデータ入力作業や、「資料館だより」発送のための作業のお手伝いをしてもらいました。午後からは、あおぞら財団の運営する姫里ゲストハウスいこねの掃除をしてもらいました。

MEMO0068

エクセルを使ってデータ入力

MEMO0069

「資料館だより」発送の準備のため、ハンコを押して、宛名シールを貼ってくれました。

MEMO0078

姫里ゲストハウスいこねの掃除をしてもらいました。

 

2日目は、1日目に終わらなかった作業をしてもらいました。午後からは、灘高校の研修受け入れに同行して、研修の記録のための撮影をしてもらいました。一緒に西淀川区内を歩いて、研修の様子がよくわかるよう頑張って写真をたくさん撮ってくれました。(二人の撮影した写真は、灘高校の研修受け入れを報告するブログで使用する予定です。)

IMG_3340

記録係として撮影をしてもらいました。

IMG_3346

公害患者さんのお話も一緒に聞いてもらいました。

 

最後に職場体験をした中学生の感想を紹介します。

――――――――――――――――――――――――――

職業体験1日目は、緊張してコミニケーションはとれなかった。
あおぞら財団やくじらカフェでの仕事は大変だったけど、達成感があって、嬉しかったです。

2日目に高校の研修生が来て、緑陰道路を歩いて、公害のことを学びました。昔、緑陰道路が川だったということを知り、びっくりしました。昔の人たちは、排気ガスを出さないようにいろいろと改ぜんしていた。公害かん者さんの話を聞き、どれだけ深刻か学びました。

2日間でやった仕事は、しんどかったけど、やりがいを感じました。昼休けいの時にごはんを食べ終わって時間が余った時、仕事をしたいなとちょっと思いました。これを将来の夢にいかしたいと思います。(M.A)

P1290744

M.A君が撮影してくれた一枚。大気の測定局を見学しています。

ぼくは2日間あおぞら財団にしょく業体験に行きました。

まずはじめに20分間ぐらいのDVDを見ました。その内容からいろいろな事がわかりました
例えば、40年前空気が汚れていたことです。そのことは驚きました。
次にハンコ押しとパソコンデータ入力をしました。パソコンデータ入力で何回かまちがったけど、きずいてなおしました。その次に、くじらカフェでゲストハウスのそうじをしました。すごくキレイになりました。

2日目にハンコ押しとパソコンデータ入力が残っていたのでしあげました。次に研修生を出迎えました。そのあといろいろな所を回ってあおぞら財団に帰ってきました。帰ってきて、西淀川のよごれた空気をじっさいにけいけんした人の話を聞きました。その人の娘さんは修学旅行に行けなかったり、洗たく物がよごれたり、つらい思いをしたと言っていました。空気をよごすとそんなにまずいんだと知りました。(U.O)

IMG_0178

U.O君が撮影してくれた一枚。公害患者さんのお話を聞いている様子です

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,職場体験実習(中学生) — aozorafoundation 公開日 2018年6月8日7:06 PM

大阪大学未来共生イノベーター博士課程の研修を受け入れました。(6/1)

6月1日(金)に大阪大学未来共生イノベーター博士課程の9名の研修を受け入れを行いました。

西淀川区内をバスでフィールドワークを行い、バスを降りてから2人で一組になると西淀川を歩きながら住民の人にヒアリングをしてもらいます。最後にあおぞら財団所属西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)でヒアリングの内容と感想の共有をするという日程です。

 

最初はバスで西淀川区内と尼崎をフィールドワークしました。淀川通りから国道43号線へ出ると、尼崎方面へと向かいます。西淀川では工場用水のくみ上げに寄って地盤沈下が起こっています。神崎川を渡る際に、住宅街と水面の高さを見比べて実感してもらいました。

尼崎の道路や沿道対策を見てもらいながら、尼崎の大規模工場地域を見て行きます。大規模な工場が多く、とても住宅との距離が近かったです。次は中島工業団地で西淀川の工業地帯を見てもらいました。西淀川の工業地帯が尼崎の工業地帯と比べて小さな工場が多いことを体感してもらえたと思います。

中島工業団地を出ると、出来島小学校の近くでバスから降りて、ここから徒歩でのフィールドワークになります。国道43号線沿いにて、道路公害と西淀川区への道路公害対策についての説明がありました。また、国道沿道大気常時観測局がどこに設置されているかと言ったクイズも行いました。測定局がどこにあるのか悩んでる姿が見受けられました。

P1290625

大気汚染常時観測局についての説明中。

P1290630

国道43号線にて道路対策につてい説明中。

そのまま歩いて、千北診療所へと行きました。千北診療所に、以前医師会立の公害医療検査センターと西淀川公害患者と家族の会があったといったこと。西淀川区内には公立の病院がなかったこと、千北診療所が何を行ってきたかなどの説明がありました。

P1290634

千北診療所にて、みなさん真剣な様子で話を聞いています。

説明が終わると、2人1組になって西淀川の住民にヒアリングをしました。ヒアリングが初めての学生さんもいましたが、順調な様子でヒアリングを行っていました。何組かのヒアリングを見ていましたが、住民の方も楽しそうな様子で話をしてくれている姿を見かけました。

P1290635

ヒアリングをした後、次の方を探す学生さん。

 

あおぞら財団所属西淀川・公害と環境資料館に着くと、ヒアリングの内容と感想について共有をしました。

西淀川の好きな所
・淀川花火大会。(男性)
・塾やコンビニが多く、利便性が良いところ。(10代女性)
・子どもが多く、またスーパーが多いところ。(20代夫婦)
・公園や緑地があり、自転車での移動が便利。(70代男性)
・下町のような雰囲気があるところ。気取らなくていい。(80代女性)  など

西淀川で困っているところ。
・公園が汚く、ポイ捨てが多い。(10代女性)
・バスの本数が減らされた。(30代女性)
・空気が悪い。(60代男性)
・車の交通量が多い。(70代男性)
・昔、台風で嫁入り道具が流された経験があり、堤防があるがどうしても不安。(80代女性) など

たくさんのヒアリングの話を聞かせてもらえました。

また、ヒアリングの最中でも車やトラックの騒音がひどく、本当に騒音がひどいのを肌で体感したという感想が出ました。
西淀川公害についてDVDや事前勉強をしてくれていましたが、事前勉強した時の感想と実際にフィールドワークをしてみて違いや感想はありましたか?という問いには、事前勉強をしていた時よりも普通のまちでした。と答えていました。

P1290644

あおぞら財団所属西淀川・公害と環境資料館にて。

P1290647

ヒアリングの内容について共有を最後にしました。

 

今回は研修の間で、学生の皆さんはとてもたくさんの住民の方にヒアリングを行っていました。ヒアリングやヒアリングの感想の共有をすることで、私もいろいろな思いを西淀川に持っている人が住んでいることを知れて、とてもいい勉強になりました。

(松ヶ平)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入,資料館(エコミューズ) — aozorafoundation 公開日 2018年6月4日5:32 PM
« 次のページ前のページ »