あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » イベント報告・ホームページ更新

楽らく呼吸会(姫島診療所)でぜん息・COPDの治療薬についてお話をききました(3/16)

2018年3月16日(金)、姫島診療所で楽らく呼吸会を開催しました。今回は「ぜん息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)のお薬」ということで、そよかぜ薬局の薬剤師の船木先生をお招きしてお話を聞きました。参加者は7人(内、患者さん4人(家族の方を含む)、薬剤師1人、スタッフ1人、オブザーバー1人)でした。

ぜん息・COPDのそれぞれのお薬の特徴や、吸入ステロイド薬の正しい吸入の仕方などについて学びました。

ぜん息とCOPDはいずれも呼吸に問題が生じる病気です。ぜん息が夜間、早朝の呼吸困難があり、安静にしていても急に咳や痰、息苦しさの症状が悪化するのに対して、COPDは慢性の咳、呼吸困難があり、安静にしていると大丈夫だが動くと息切れ症状が悪化するという特徴があります。

IMG_3950

■吸入ステロイド薬について

ぜん息・COPDの治療の中心になるのは吸入ステロイド薬です。吸入ステロイド薬は、口から吸いこみ気管支や肺に作用させる薬で、使用量も少ないため、全身への影響はほとんどありません。副作用としては口腔カンジダ症や声枯れがあり、予防のために吸入後にしっかりうがいをすることが大事です。

吸入薬には、薬が霧になって出てくる定量噴霧式吸入器とドライパウダー吸入器があります。定量噴霧式吸入器は「ゆっくり、深く」3秒くらいかけて吸い込むのに対して、ドライパウダー吸入器は「早く、強く」吸い込む必要があります。

お話のあと、吸入ステロイド薬の練習機で、正しく吸入できているか確認してみました。

IMG_3957

■正しい薬とのつきあい方

薬を飲むタイミングとして、食後、食間、食前とお薬に書かれていますが、それがどのくらいのタイミングかを教えてもらいました。食後は食事の後30分以内、食間は食事から2時間ほど空けた空腹時、食前は食事の前の60~30分前です。参加者の方から「食間は食事の最中なのかと思っていた!」と驚きの声があがりました。

また、飲み薬を飲むときには、コップ1杯の水で飲むことが大事です。お水なしで飲むと、薬がのどや食道にひっかかって炎症を起こすこともあります。アルコールやお茶、ジュースで飲むと飲み物に含まれる成分との相互作用で薬の効果が変わったり副作用をおこしたりするので、必ずお水でのみましょう。

■質問タイム

最後は質疑応答を行いました。吸入するのに一番良い時間は特にないらしく、忘れにくい時間を決めましょうとのことでした。また、吸入し忘れてしまった時は、気づいた時にすぐに吸入しましょう、次の吸入辞典が近い場合は1回分抜きましょうとのことでした。

また、参加者の方から「吸い終わった後の吸入器をどうやって捨てたらよいか困る」との質問がありました。使用後の吸入器は、各自治体の分別方法に従って一般ごみとして捨ててよいそうですが、不安な場合は薬局や病院に持っていけば引き取ってくださるそうです。

最後に、「どのお薬にも副作用がありますし、新しいお薬もどんどん開発されています。お薬も、お医者さん任せにするのではなく、患者さん自身が主体的にお医者さんと相談しながら自分に合ったお薬を服用することが大事です。何か困ったことがあったらご相談ください」とお話があり、閉会になりました。

参考:環境再生保全機構「セルフケアのためのぜん息、COPDのおもな治療薬」

■次回予定~問い合わせはあおぞら財団まで~
楽らく呼吸会は、患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、時には勉強会なども開催しながら、病気と向き合っていこう、またお互いが支えあっていこうという会です。

少しでも興味があれば是非、各診療所に足を運んで、楽らく呼吸会にご参加ください!

・第47 回 COPD、自己管理 (講師:理学療法士)
4 月13 日(金) 14:00 ~ 15:30  のざと診療所

2018年度の予定はこちらをご覧ください→2018年度の楽らく呼吸会の予定

今までの楽らく呼吸会の様子はこちらから→楽らく呼吸会

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2018年4月11日4:23 PM

月刊 あおぞら 2018年4月号

あおぞらExpress メール通信Vol.971
発行:あおぞら財団
月刊 あおぞら 2018年4月号
毎月一度お届けします、あおぞら財団の活動報告です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 今月のトピックス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インスタグラムで「おもろいわ西淀川」。
あおぞら財団では、西淀川の“おもろいわ”を掘り起こして楽しむ試みを企画してきました。今回、「おもろいわ西淀川」を再始動するにあたり、Instagramのアカウントを開設しました。
インスタ映えするあなたの「おもろいわ西淀川」を#おもろいわ西淀川で投稿してください。フォロー、投稿、よろしくお願いします!

↓↓↓詳しくはコチラ↓↓↓
https://www.instagram.com/omoroiwa_nishiyodogawa/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2 これまでの活動報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆……………………………………………………………………[環境保健]

楽らく呼吸会(のざと診療所)「ぜん息・COPDの治療薬」(2/9)
もしかしてあなたもCOPDかも!?  簡単にチェックできます(2/22)
◆……………………………………………………………………[資料館]
資料館だよりNo.63(2018年2月号)の発行されました。
小学生が来館してくれました(3/29)
◆……………………………………………………………………[地域づくり]
大阪商工信用金庫「さくら賞」イベントを舞洲で開催(1/13)
中国環境NGOにマスクを送りました(2/9)
「みんなで話そう!にしよど防災カフェ」に参加(2/10)
西淀中学生の職場体験の受入(1/24-25)
◆……………………………………………………………………[防災まちづくり]
震災から6年、復興のその先へ向けて「関西✕東北応援ツアー」(12/2~4)
【1日目】  【2日目】 【3日目】
◆……………………………………………………………………[環境学習]
矢倉海岸・緑陰道路探鳥会報告(3/3)
◆……………………………………………………………………[国際交流]
中国環境NGO研修受入 2日目(1/19)
日中環境問題サロン「中国の公害・環境問題と環境NGOの取り組み」(1/19)
中国青空新聞vol.6発行(2/5)
◆……………………………………………………………………[交流拠点]
あおぞら市の開催(2/14, 2/28, 3/14, 3/28)
【くじらカフェ】バレンタインイベント(2/10-12)

【くじらカフェ】健康まつり出店(3/25)

【くじらカフェ】姫嶋神社の春まつりに出店(4/1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3 イベントのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆……………………………………………………………………[環境保健]
区役所で肺年齢チェック!
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の早期発見への取り組みとして、西淀川区
役所と連携してイベント時や健康診断時に肺年齢測定やパンフレットの
配布を行っています。どなたでも無料で測定できます。

日程:6/3、8/25、9/23、11/11、1/27、2/23
http://aozora.or.jp/archives/30666

◆……………………………………………………………………[環境保健]
楽らく呼吸会に参加しませんか?
ぜん息やCOPDを抱えながら苦しむ患者さん同士、日頃の病気の悩みを
交流したり、勉強会などを行う楽らく呼吸会を開催しています。
内容:自己管理、呼吸リハビリ、栄養、みんなで歩こう、薬
日程:4/13、6月・7月、8月・9月、10月、2月・3月
場所:のざと診療所、千北診療所、姫島診療所
http://aozora.or.jp/archives/30648

◆……………………………………………………………………[資料館]
「西淀川記憶あつめ隊」図書館展示
西淀川地域の方々のライフヒストリーの聞き取った記憶をパネル仕立てでお披露目します。是非ご覧ください。
展示期間:2月27日(火)~4月中旬まで(予定)
展示場所:西淀川図書館
http://aozora.or.jp/archives/30429

◆……………………………………………………………………[交流拠点]
【姫里ゲストハウスいこね】楽天トラベルで予約可能に
http://aozora.or.jp/icone-kujiracafe/2018/04/03/travel-rakuten/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4 各種の募集情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆………………………………………………………………………[環境学習]

「今も昔も住民がまちづくり 中島大水道まち歩きマップ」販売中!
かつて大阪市東淀川区、淀川区、西淀川区を流れていた中島大水道の歴史や現在の水道跡を歩くための情報を掲載した「まち歩きマップ」を中島水道サロンで作成しました。頒価200円で販売しています。
http://aozora.or.jp/katsudou/manabu/nakajimadaisuido

(編集後記)
先日、西淀川公害患者と家族の会の転地療養にご一緒させてもらいました。行き先はネスタリゾート神戸。神戸とは名がついているものの、三木市にあります。バスを降りると、様々なお花が咲き乱れていて、春爛漫。ここの延羽の湯は「ぜんそく・気管支炎」などにも効能があるとのことで、患者さんの体調が少しでもよくなるといいなと思いました。(KT)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集発行
【発行元】公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)
【発行日】2018年4月4日
【住 所】〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
【TEL】06-6475-8885
【FAX】06-6478-5885
【E-mail】webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください)
【URL】http://www.aozora.or.jp
———————————————————————-
■賛助会員募集中!
あなたの会費、寄付、ボランティア活動が当財団の活動を支えています。
当財団の目的に賛同してくださる皆さん、ぜひ賛助会員になって下さい。
———————————————————————-

■月刊あおぞらについて
あおぞら財団の活動報告やイベントなどの最新情報などを皆様にお伝えすることを目的に、月に一度、情報発信させて頂いています。
本メールは、あおぞら財団の会員、メーリングリストにお申込いただいた方およびあおぞら財団のイベントや研究会などで名刺交換させて頂いた皆様にも送信させていただいております。


あおぞらEXPRESSの「購読登録」、「購読解除」は下記のページからお申し込みください。
http://aozora.or.jp/yomu/aozora-express

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 — aozorafoundation 公開日 11:36 AM

肺年齢チェックにスパイロメーターを導入!(2/24)

2/24に西淀川区役所内で行われた「がん検診・特定健康診査」の会場の横で肺年齢測定を行いました。今回は23名の方を測定しました。

IMG_3643

この肺年齢測定は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)を広く知ってもらい、COPDの早期発見、早期治療をすすめる目的で行っています。COPDは、有害物質の吸入や大気汚染によって起こりますが、中でもたばこの煙が最も大きな原因です。COPDは病状が進行すると日常生活に大きな支障をきたしますが、早期発見・早期治療を行い、適切な治療を行うことができれば病気の進行を遅らせ症状を改善することができる病気です。(参考:独)環境再生保全機構:COPDってどんな病気ですか?

今まではハイ・チェッカーという簡易な測定器だけを用いていましたが、今回の測定からは、より正確に肺の状態を計測できるスパイロメーターを導入しました。呼吸により肺から出入りする空気の量を測って、肺の容積や気道が狭くなっていないかなど呼吸の能力を調べて、COPDやぜん息などの病気の疑いがないかを検査します。今回は、ベルランド総合病院の理学療法士 高重治講師(環境再生保全機構 呼吸ケア・リハビリテーション指導者養成研究終了生)に参加いただき、測定してもらいました。

スパイロメーターでの測定

スパイロメーターを用いて理学療法士の高先生に測定してもらいました

 

ハイチェッカーでC・D・Eの判定が出た人、COPD集団スクリーニング質問票で4点以上となった人、呼吸に不安を抱えている人の合計13人に対して、スパイロメーターでの測定を行ってもらいました。スパイロメーターでより正確に計測したところ、「現時点では異常なし」の人もいましたが、肺疾患やCOPD等の疑いがある人がいました。こういった人々には、医療機関での受診をすすめました。

2018年度も西淀川区役所で肺年齢チェックを行います。無料でどなたでも受けていただけますので、興味のある方は是非受けにきてください。

記録:谷内

2018年度の予定はこちら
次は、6月3日(日)に行います。
会 場: 西淀川区役所(大阪市西淀川区御幣島1丁目2-10)
参加費:無料
問合わせ先:あおぞら財団(電話:06-6478-8885)
がん検診等については、西淀川区役所「がん検診等について」をご覧ください。

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 11:22 AM

小学生が来館してくれました

今日は、5年生のときに公害の出前授業を聞いてくれた西淀川区の小学校6年生が、エコミューズに来館してくれました。

P1280818
4月から中学に上がるということで、宿題などのためではなく、自分で疑問に思って調べに来たそうです。
「今までの大気汚染公害の歴史を知りたい」「自分になにかできることはないですか?」という質問に、エコミューズのパネル「公害 みんなで力をあわせて」で説明したり、あおぞらビルの屋上から西淀川を通る多くの道路と交通量の問題、歌島橋交差点の測定局や防音壁などの環境対策について説明しました。
また、フードマイレージを意識することや大気汚染の測定状況をチェックすること、市民が大気汚染について調べるソラダスのような活動がされていること、大阪府の流入車規制やロードプライシングと、西淀川道路環境対策連絡会の紹介などなど、財団の資料をわたして紹介しました。

P1280823

自分から来てくれたことが嬉しくて、ついついたくさん話してしまったのですが、終始熱心に聞いてくれました。資料館の所蔵図書でかつての公害の写真集などを紹介したところ、「酸性雨で銅像がボロボロになったりしているんですよね」と言ったり、福島原発事故のことも話していたので、きっと今、環境問題への関心が高まっているのだろうと思いいました。
これからも環境問題に関心を持って、ぜひ学んでほしいです。またの来館をお待ちしています!(栗本)

【ツアー報告3日目】鵜住居地区の復興状況を視察

2017年12月に開催した関西×東北応援ツアーの報告を大阪経済大学の学生さんが分担して報告してくれました。

ツアー3日目レポート
大阪経済大学 平松 拓海

ツアー最終日の3日目、私たちはお世話になったさんつなハウスを後にして、宝来館前にある根浜海岸へ行きました。

 

IMG_20171203_085215

 

宝来館前にある松林で伊藤聡さんから根浜海岸のお話をしていただきました
後ろにある松林だけはこの海岸で流されずに残ったとのことです

 

根浜海岸-平松拓海

 

2017年12月3日時点での根浜海岸の様子です
瓦礫などは撤去されており浜辺ではゆったりと海辺を眺めることができました。宝来館の露天風呂からも根浜海岸の景色を眺めることができます

それから宝来館の女将さんである岩崎昭子さんに鵜住居町の高台移転現場までを案内していただきました。とても笑顔が素敵で明るい方でした

 

IMG_20171203_092630

こちらが案内していただいた宝来館の女将さんです

 

IMG_20171203_093844

現在の根浜地域の様子です。

 

将来的にはこの場所に観光施設などを建設する予定とのことです

 

IMG_20171203_095004

 

女将さんにはたくさんの復興に関するお話をしていただきました。
鵜住居町の住民帰還率が高いのは地域の結束力が高いこと。そして宝来館もひとつの要因だと感じました。

そして、お昼ご飯は橋野鉄鉱山(橋野高炉跡)のすぐ近くにある「峠の茶屋」でいただきました。この店の名物の「峠のカレー」をいただきました。

IMG_20171203_105422

 

お店の周辺は雪がうっすらと積もっており、カレーの香りに誘われ店内へと向かいました

 

IMG_20171203_111220

 

 

峠の茶屋では畑作業も行っており、とれたての野菜をふんだんに使った料理が味わえました。野菜はすべて無農薬がこだわりとのことです
橋野高炉をイメージしたごはんの盛り付けが特徴です
ボリューミーでかつおいしくいただきました

 

集合写真-山本達也

 

宝来館や三陸ひとつなぎ自然学校の方々、ツアーに参加していた方々
からは、たくさんの貴重な経験やお話をしていただきました。
この三日間は本当に充実した時間を送ることができました!
ありがとうございました

 

ツアー1日目の報告はコチラ

ツアー2日目の報告はコチラ

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,地域づくり,東日本大震災支援 — aozorafoundation 公開日 2018年3月19日10:21 AM
« 次のページ前のページ »