あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » イベント報告・ホームページ更新

ミャンマー環境NGO「Myanmar Centre for Responsible Business」訪問(3/7)

2019年3月7日(木)に、ミャンマー環境NGO「Myanmar Centre for Responsible Business」のWin Min氏から、ミャンマーの環境についての現状と活動についてお話を伺いました。

◎MCRBの概要
Myanmar Centre for Responsible Business(以下、MCRB)の活動は、①国会・各省と連携して法制度づくりのワークショップ、②開発に関する基準(スタンダード)づくり、③工場・製品に関して環境面でのアドバイスを行っている。

国全体で環境アセスメント制度の整備が進んでおり、大気や水に関する汚染を予防するためのガイドラインづくりに関わっている。
工場立地に際して、環境面での影響が無いかを調査するもので、①簡易アセス、②詳細アセス、③基準を満たしている場合の改善策の検討がある。

投資企業管理局(DIRECTORATE OF INVESTMENT AND COMPANY ADMINISTRATION(以下、DICA))が外国企業の会社設立や開発に際しての申請を受けている。私たちは、DICAの各部署の職員、企業スタッフへのコンサルティング、専門家を招いた講義も行っている。
とはいえ、環境アセスメント制度はあるが運用がうまくいっていない部分がある。庁内での人材育成、役割分担、第三者(パブリック)への公表などが重要と考える。

MCRBでは国全体でのアセス推進を働きかけている。国会議員や企業経営者を対象に、工場立地にあたっての環境に関する基本知識を伝えている。ミャンマーは、軍事政権時代が長期に及んだこともあり、どこの部署が何を許可したのかが分からなくなっている。そのため現在の企業に是正を迫ることは困難で、新たに設立される企業を中心に、森林伐採・水汚染・大気汚染の対策を働きかけている。

MCRBには様々な分野(環境、ジェンダー、子ども、雇用など)のスタッフがおり、NPOとして意見を出していくようにしている。
現在、20名のスタッフが所属しており、国の各部署にパブリックコメントを提出したり、各地域でミーティングを行っている。
法案づくりの際は、専門家を呼んでドラフトへのアドバイスを行っている。

日本の公害経験や環境に関する制度を知り、様々な人・企業との交流を図ることで、アセスメントや、その他の制度づくりに役立てたい。

MCRBホームページ:https://www.myanmar-responsiblebusiness.org
MCRBパンフレット(日本語)https://www.myanmar-responsiblebusiness.org/pdf/trifold/jp.pdf

1 

WIN MIN氏(真ん中)

2

MCRB事務所

MCRBで発行している報告書の一部(以下)

3  4  

5  6  

7  8

~~~
あおぞら財団としては、引き続き、交流活動を進めていきます。

(文責:藤江)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,国際交流 — aozorafoundation 公開日 2019年5月19日8:14 PM

ミャンマー環境NGO「Clean Yangon」訪問(3/6)

2019年3月6日(水)に、ミャンマー環境NGO「Clean Yangon」の方々から、ミャンマーの環境についての現状と活動についてお話を伺いました。

◎Clean Yangonの概要

2017年5月に設立。チャリティーイベントをきっかけに集まった約50団体が参加。
活動の目的は
①ルールなくゴミを捨てるのをやめる、
②きれいなまちづくり、
③生活環境の向上、
④環境に害のない暮らし。

活動は、以下の8つのテーマで活動している。
※写真は同団体プロフィール資料より

①人が多く集まる場所で月1回ゴミ拾い、ゴミの捨て方をアピール。ボラティアが1,000名程参加。

1

②ゴミ分別についての教育(セミナー開催、講師派遣など)

2

③啓発用の看板づくり(看板、啓発用の短編映画)

3

④ソーシャルメディアによる情報発信

https://www.facebook.com/cleanyangon

4

⑤政府と協力して活動

5

⑥いろんな団体と連携

6

⑦学校でプラスチックゴミの捨て方・リサイクル・リユースの教育

7

8

⑧クリーンミャンマー(まちをきれいにしていく)

https://www.facebook.com/cleanmyanmar.mm/

9

◎参加するメンバーについて

集まっている団体は福祉関係の団体が多い。
ミャンマーにもボランティア団体はできてきたが、ゴミの問題まで手が回らないのでお互いに協力して行っている。
スタッフはそれぞれ別の仕事をしている。事務所は、福山通運のミャンマー支社に適宜部屋を借りている。
ボランティア、参加者は増えている。政府関係者、病院・消防の人も来る。
50団体が参加しているが、皆、各自のポケットマネーで実施している。
2019年度にはNPO法人化を検討中。

◎ミャンマーのゴミ問題

ゴミは、プラスチックゴミ(ペットボトル、包装用袋、トレー)、たばこのポイ捨て、キンマーを包むプラ袋(昔はバナナの葉だった)など
公的なゴミ収集場所もあるが、家庭のゴミを裏に捨てているのが現状。

ヤンゴンの学校で子ども達にゴミ教育を行っている。高校生向けは専門家を招いて、中学生向けはボランティアスタッフが行く。
我々は「教育」しかできない。ゴミ箱は少なく、どこにでもあるわけではない。そもそもゴミ捨て場まで持って行く人が少ない。
子ども達へのゴミ教育として「子ども達が覚えやすいこと」を重視。学校の掃除をしながら教えている。

活動を続けてくる中で、ゴミの量は減っていないが、無秩序に捨てる人は減った。
2018年6月からは「ごみを捨てない」から「ごみを減らそう!」にアピールする内容をかえた。

キンマー用のプラ袋対策で、半年前にミャンマー政府が罰金制度(50,000チャット:約3600円)を設けたが、まだ捕まった人はいない。国レベルで取り組んでも年数がかかるだろう。

◎樹木(グリーン)を増やす活動

クリーンヤンゴンでは、樹木(グリーン)を増やす活動も行っている。
ミャンマーは今後、人口も増える。
ゴミのない快適な暮らし、エアコンや光熱費といった生活水準の向上、都市化、車や工場の増加、その中で樹木(グリーン)を増やしたい(クリーンヤンゴンからグリーンヤンゴンへ)。
活動を継続していくには人が集まることが大切。
生活水準が向上するのにあわせて意識(マナー)を向上させたい、と思う人が参加している。

将来のために、子ども達に伝えていく活動を続けていきたい。

10

団体FB:https://www.facebook.com/cleanyangon/

~~~
あおぞら財団としては、引き続き、交流活動を進めていきます。

(文責:藤江)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,国際交流 — aozorafoundation 公開日 7:52 PM

ミャンマー環境NGO「Thant Myanmar」訪問(3/6)

2019年3月6日(水)に、ミャンマー環境NGO「Thant Myanmar」の方々から、ミャンマーの環境についての現状と活動についてお話を伺いました。

◎Thant Myanmarの取組み

Thant Myanmarは、プラスチックゴミを減らすためのキャンペーンを行っている。
本団体は、1年前にSNSの掲示板で呼びかけ、集まりに参加した人で活動を始めた。
ゴミを拾う、女性に家庭でゴミを減らす方法を教える、ゴミ分別を伝える、などの活動を行っている。

活動①:マイボトルを持ち歩き、ペットボトルを使わないキャンペーンを実施。
活動②:プラスチック製ストローは本当に必要な時だけに。
活動③:使い捨てプラ袋を無くそうキャンペーン(店舗への啓発、マイバック使用を呼びかけ)
活動④:ヤンゴンやマンダリーのホテル(5ヶ所)、会社(4団体)でのプラスチック製品の使用を減らす活動。使い捨てペットボトルの使用を止めてくれたところ、検討しているところがある。
活動⑤:地方の村々へ行き、主婦に食べ物の残りのゴミ処理(分別、動物のエサ、土へ)を啓発。
活動⑥:国会でのペットボトル使用禁止を呼びかけたところ、禁止するルールができた。

スタッフはそれぞれ別の職業についている(エンジニア、記者、トレイナー、グルメレポーター等)

◎ミャンマーのゴミ問題について

ミャンマー社会も変化してきている。
10年前ならゴミは地域の中で処理が可能であった。

現在、ゴミの回収システムが無い状況で、ゴミがあちこちに放置されている。
ヤンゴンは人口密度が高く、商業が盛んなため、燃やすところがない。
特にダウンタウンエリアがひどい。郊外でもプラスチックを含め野焼きしている。
スーパーマーケットも増え、プラスチックによる包装も進んだ。
5~6年前からプラスチックが増えてきている。
皆、どこにでも捨てるので、街中にゴミが散乱している。

ゴミ焼き場で焼かずに、家の周りに、そのまま捨てている。
日本のように処理システムが高度化すれば、ゴミの悪影響は見えにくくなるだろうが、ミャンマーは日本などの20年前の状況だろう。
ミャンマーでは、ゴミを減らす活動をすれば、ゴミは減っていく(効果も目に見える)。
包装プラスチックを規制する政策を検討しているが、予算、技術、経験者、専門家が足りない。

◎ミャンマーの大気汚染・水汚染について

工場の排出物で水・大気が汚染された。

ルールを作ってもコストがかかるため、守ると企業がほとんどなく、監視する仕組みも無い。
大気汚染に関しては、3~5月に暑くなり落葉するので、燃やす。その時期が悪化するのでは。

現在、ミャンマーの河川のプラスチック濃度をNGOが調査している(雨季と乾季、他の時期に分けて調査)

団体FB https://www.facebook.com/ThantMM/

3

4
写真:hant Myanmar マイボトル

~~~
あおぞら財団としては、引き続き、交流活動を進めていきます。

(文責:藤江)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,国際交流 — aozorafoundation 公開日 7:29 PM

ベトナム環境NGO「LIVE&LEARN」訪問(1/14)

1月14日(月)、ベトナム環境NGO「LIVE&LEARN」を訪問し、ベトナムの現状と活動についてお話を伺いました。

↓昨年3月に訪問の記録はこちら

http://aozora.or.jp/archives/32100

◎「自分達で動かなければ改善しない」という意識が高まった。

以前より大気汚染に対する関心が高まっている。
ベトナム人の中で「自分達で動かなければ改善しない」という意識が高まり、政府へのプレッシャーとなっている。

昨年10月の世界保健機関(WHO)報告書では「2016年の1年間だけで、およそ60万人の子どもが屋内外の大気汚染の影響で死亡したという悲惨な結果が明らかに。子どもは特に大気汚染の影響を受けやすく、5歳未満で亡くなる世界の子どもたちの10人に1人が、大気汚染が原因。」とされる。(世界保健機関、大気汚染と子供の健康に関する新たな報告書を発表、EICニュース2018.10.29
こうしたこともあり、世界各国で大気汚染の関心が高まっている。

ベトナムでも「動かなければ」という機運が高まり、我々も行政とともに会議等を行っている。
6月、11月に啓発活動を実施。企業や行政も参加し、国内だけでなく、海外からも参加があった。
昨年、「きれいな空気とグリーン都市連盟」ができた。
次世代に青空を手渡そう!という取組みなので、あおぞら財団の目的と同じだろう。

◎「きれいな空気とグリーン都市連盟」の取組み

この取り組みは、2017年にスタートし、1年半経った。
同連盟では、市民のネットワークを形成し、きれいな空気・都市をつくるための行動、施策を進めたい。

連盟に参加する団体は強制ではなく、取り組みを共有していくことを重視している。
大気汚染対策や健康づくりのプロジェクトを行っている。
戦略的に活動を広げる行動として、①市民の知識を高める活動、②署名活動、③セミナー、会議を行っている。ベトナムの政府機関や研究機関、海外の組織も連携している。

5つの施策を展開。①空気の質を高め健康増進!、②持続可能な再生可能エネルギー普及(石炭火力発電所建設は反対、コミュニティでのエネルギー効率利用化を目指す)、③ゴミ対策(ゴミの処理・管理、農村で藁を燃やさない、石炭コンロ(暖房)の使用を減らす)、④大都市の緑化(ハノイ市内にグリーンスペースをつくる)、⑤市民のライフスタイルをかえて持続可能にしよう!(環境にやさしい交通を利用しよう!、グリーンオフィス、プラスチック製品を使わないなど)

連盟のメンバーそれぞれが努力しており、LIVE&LEARNもいくつかの活動のリーダーを担う。
今後は、国内だけでなく海外の力・経験、人力も借りて、問題を解決していきたい。

◎大気汚染の測定

大気汚染測定器を設置するプロジェクトにも参加している。ハノイ市内で50個設置(2019年5月現在の目標)。
設置場所はオフィスや学校。
学校に設置すると、学生や先生の理解につながるし、環境学習にもなる。
日本の大学の協力で本事務所にも測定器を取り付けた。

◎グリーンスクールの取組み

グリーンスクールは、ハノイ市内に13校、保育園から中学校まである。必修科目だけでなく、環境の授業を行っている。
人材育成と宣伝活動を行っている。環境教育は学生や教師、一般市民を対象に、e-learningで行っている。LIVE&LEARNとしてイベントを行っている。
女性会・青年団の催したイベントでは、一回に100名が参加することもある。一般市民も参加する講座を5回/年開催した。一クラス25~30名が参加。テーマは、健康・環境・土壌など。

◎料理用の石炭コンロを止めるプロジェクト

ハノイ市内の旧市街(ホアンキン)では「料理用の石炭コンロの使用を止めるプロジェクト」を実施。LPGガスボンベを配布し、50%減少するという成果を上げた。費用(50万ドン/台、日本円で約2500円)は、メーカー企業が半分負担し、もう半分をLIVE&LEARNが負担。藁からつくる固形燃料を活用。コンロは無料で配布し、燃料は安く販売(1週間分、1200円で)。習慣を変えるのは難しいが、まずは体験してもらうことが重要。

その他、プレイパークづくり、プラスチックゴミの削減、グリーンオフィスの啓発にも取り組んでいる。

◎LIVE&LEARNのFB、ホームページ

https://www.facebook.com/MangLuoiTheHeXanh

http://thehexanh.net/

1

事務所側面に取り付けられた大気汚染測定器

2

ヒアリング後、テト(旧正月)を祝う

~~~
あおぞら財団としては、引き続き、交流活動を進めていきます。

(文責:藤江)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,国際交流 — aozorafoundation 公開日 7:07 PM

ベトナム環境NGO「GreenID」訪問(1/14)

1月14日(月)ベトナム環境NGO「GreenID」を訪問し、ベトナムの現状と活動についてお話を伺いました。

◎「GreenID」の概要
GreenIDは、持続可能な暮らし方を広め、新しい再生可能エネルギー源を見つけ、それらの普及することを目的に活動しています。
スタッフ20名、パートタイムスタッフも多い。地方事務所に2名。

◎活動内容
活動は、1)空気の品質管理、2)大気汚染に対する活動

長期的な目標は、政府とともにGreen法を制定すること、短期的な目標は排出基準法を制定すること。
今年、政府と排出に関する規定を検討している。国と市民はともに大気汚染対策に取り組んでいるが、企業がどこまで取り組むかは課題。

◎大気汚染対策について

環境省とは別に調査しながら、大気汚染に関するレポートを2016年から年4回出している。
大気汚染測定器をGreenIDで9台、アメリカ大使館など全国で60台設置している。
現状は、ゴミを燃やしている生活が公害につながっている。その調査結果を広めている。

再生可能エネルギーを普及していくため、石炭・熱源の実態調査を行った。
これからのベトナムは発電所の建設が進む。
資金はどこからくるか?、もし日本企業ならば、企業への呼びかけに協力してほしい。

交通からの大気汚染に対しては、市民の認識を高めるための活動を行っている。
ベトナムでは規制が難しい。
環境省が「バイクを利用しないように」と言ったが、貧しい人には無理。

GreenIDは市民の意識を高めることを進めたい。
そこで、Green Schoolの活動を行っている。
日本で大気汚染を教える際の資料やデータがあればほしい。
ベトナムの学校でパイロット授業が行えるようにしたい。

また、大気汚染による健康への影響、評価の仕方があれば調査結果などがほしい。
健康影響のプロセスが知りたい、長期的に暴露されることによる被害はどのようなものか?、
日本に資料・データがあれば教えてほしい。

GreenIDHP:http://en.greenidvietnam.org.vn/
GreenIDフェイスブック: https://www.facebook.com/GreenID.vn/

IMG_4656

IMG_4658切り取り

・参考資料
1. Analysis of future generation capacity scenarios for Vietnam

2. Nuclear Power in Vietnam – Challenges and Alternatives

3. Air Quality Report 2017

~~~
あおぞら財団としては、引き続き、交流活動を進めていきます。

(文責:藤江)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,国際交流 — aozorafoundation 公開日 7:06 PM
« 次のページ前のページ »