あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » 地域づくり

9/9子ども自転車教室~安治川トンネル、渡船をめぐる大阪水辺サイクリング~

KIMG2271

安治川トンネル、渡船をめぐる大阪水辺サイクリング CMA子ども自転車教室

(第1部:自転車安全教室、第2部:まちめぐりポタリング)

日時:2017年9月9日(土)9時10分~15時30分(受付は9時00分)

◎対象:小学校3年生~6年生
◎集合解散は西淀公園(西淀川区大和田1-1)
◎参加費(当日集めます)500円(弁当・ドリンク、活動保険含む)
◎雨天中止
※前日(9/8)午後5時の「明日の降水確率70%」以上の場合、雨天とします。
◎お申込みは、下記の<申込事項>を書いて、
郵送・FAXで「あおぞら財団」へ。当日参加もOK!

主催:一般社団法人 コミュニティマネジメント協会
〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路3丁目13-27
電話:06-6328-1180 FAX:06-6328-1181
http://cma-web.net
協力:公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)

※独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」助成活動

第1部 子ども自転車安全教室  9:10~9:40(会場:西淀公園)
自転車の基礎走行練習
自転車の走行に必要な基本的な動作と、さらに安全に走るための複数の動作の組み合わせなど、子どもが余裕をもって運転できるような工夫をしたカリキュラム実施。

第2部 まちめぐりポタリング:ルート https://yahoo.jp/CkgeGS
KIMG2281
9:40 出発 大野川緑陰道路⇒国道2号⇒淀川大橋⇒海老江
10:20 休憩① 中央卸売市場前
11:00 安治川トンネル⇒京セラドーム前⇒大正通
11:45 甚平衛渡船(尻無川)
12:30 休憩②昼食 天保山
13:30 天保山渡船(安治川)
13:40 USJ横⇒此花大橋⇒舞洲⇒常吉大橋⇒淀川左岸⇒伝法大橋⇒大野川緑陰道路
15:30 西淀公園、閉会挨拶、修了

●当日の服装ほか…自転車に乗れる服装、水筒・リュックサック・タオルほか
●事前準備のお願い…安全確保のため、事前に自転車さんの点検を受けておいてください。
●行程や終了時刻は当日の進行状況により変更になる場合があります。

[お申込]
●郵送の場合 : 〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1-4F
公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)

●ファックスの場合 : 06-6478-5885

●お問い合わせは…担当 : 藤江 徹(TEL.06-6475-8885)

<申込事項>
※お書きいただいた内容は、行事保険加入のほか外部に出すことはありません。

名前(ふりがな)
性別
小学校名・学年
保護者名前(ふりがな)
連絡先(郵便番号・住所)
電話・FAX

以前のようす
http://aozora.or.jp/archives/25315

Filed under: イベント案内,地域づくり,自転車まちづくり — aozorafoundation 公開日 2017年8月7日7:36 PM

「おもろいわ西淀川」発! 基礎写真講座を開催します。

「おもろいわ西淀川」再始動します!

 

以前、あおぞら財団では、西淀川の“おもろいわ”を掘り起こして楽しむ試みを、地域で、ウェブ上で、企画してきました。

ウェブサイト    http://aozora.or.jp/omoroiwa/

Facebookページ https://www.facebook.com/omoroiwa

それは西淀川の大気汚染公害の経験を「なかったこと」にするのではなく、西淀川のまるごとを受けとめて誇りを持って暮らしたい、そのために西淀川の良さや面白さを共有したいという思いからです。

西淀川の魅力を再発見しよう!と、この「おもろいわ西淀川」を再び始動することになりました。まず、第一弾として8月24日(木)に基礎写真講座を開催します。写真を撮る基本や、ちょっとしたコツを西淀川在住のプロに教えてもらいましょう!素敵な写真が撮れたらfacebook「おもろいわ西淀川」で発表してみませんか?

A5omoroiwa-omoteA5omoroiwa-ura

日時  2017年8月24日(木)

場所  あおぞらビル3階グリーンルーム

時間  10:00~12:00

対象  小学校高学年から大人向け

持物  普段お使いのカメラ・スマートフォン

定員  15名(先着順)

受講料 無料

講師  藤原武志さん  プロフィール 大阪の編集プロダクション、出版社を経て、現在、藤工作所代表。雑誌や広報紙の制作ほか、WEBや舞台、地域活性など幅広い分野で活動を行っている。

お申込み、お問い合わせはFAXか電話でお願いいたします。その際、お名前、ご連絡先(電話番号、メールアドレス)お子様が参加の場合はお子様のお名前、年齢もお知らせください。

あおぞら財団(公益財団法人公害地域再生センター)
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
webmaster@aozora.or.jp

いこね&くじらカフェのDIYサポーター募集!

現在、あおぞら財団では、姫里ゲストハウス いこね&くじらカフェの工事をすすめています。
ここを手作りの雰囲気の残る居心地のいい場所になることを目指して、DIYで仕上げの壁塗りなどを行う予定です。
いこね&くじらカフェにあなたの手を貸してくださいませんか?
IMG_1454
IMG_1455
【日程】
・8月17日(木)・18日(金)
・8月22日(火)・23日(水)
・時間は9:00~夕方(1日だけ、数時間だけという方も大歓迎です)
【内容】
・パネルに下地塗り→養生→塗装
・外壁をドイツ壁*風にする
・外壁の木造部分に塗装
*ドイツ壁というのは古い洋館などに見られるモルタルを掃き付けた凸凹の壁です。
内容は変更することもあります。
【集合場所】
現地(西淀川区姫里2-3-13):阪神姫島駅より徒歩5分
もしくは、
あおぞら財団:JR東西線「御幣島(みてじま)」駅⑪番出口すぐ http://aozora.or.jp/accesscontact
【服装】
動きやすい、汚れても良い恰好。
外での作業もありますので、帽子などもお持ちください。
【お問い合わせ】
見学も兼ねて、ぜひお気軽にご参加ください。
あおぞら財団 担当:藤江、鎗山、谷内
(Tel) 06-6475-8885
電子メール:webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください)
Filed under: Green(環境住宅研究会),いこね&くじらカフェ,イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2017年8月2日3:21 PM

【8/7東京開催】「住民が動いたまち 西淀川の経験から考える市民力」教材体験会

—————————————————————————————-

住民が動いたまち 大阪・西淀川の経験から考える市民力

アクティブラーニング教材体験会

大阪7/2(日)・東京8/7(月)

—————————————————————————————

IMG_7649 IMG_7605

(写真は愛媛大学環境デザイン学科での授業の様子

あおぞら財団では、実際に西淀川に住んでいた人たちをモデルにシミュレーション教材「住民が動いたまち-西淀川の経験から考える市民力」を開発しました。(対象:高校生~、所要時間:約90分)
「設定カード」を読み解きながら、想像力を働かせ、公害という社会課題に直面した人びとがどのように行動したかを追体験します。

立場の違う人たちと共に社会課題の解決に向けてどのように行動することができるか?、市民としてどんな力を身につけておくべきか?など、多様なテーマに発展させることができる教材です。
公害・環境問題としてのみならず、市民性教育やまちづくりについて学ぶことができます。ぜひ体験してみてください!

■大阪開催
日 時:7月2日(日)10:00~12:00(教材体験)
13:00~15:00(教材をどう使うか、ゲストや委員と共に検討します)
*教材体験のみの参加も可能です
場 所:あおぞらビル グリーンルーム(555−0013 大阪市西淀川区千舟1−1−1あおぞらビル JR東西線「御幣島」駅 11番出口すぐ)
ゲスト:川中大輔さん(シティズンシップ共育企画)
教材開発委員:北野真由美さん(えんぱわめんと堺)、栗本敦子さん(Facilitator’s LABO〈えふらぼ〉)、下村哲史さん(元大阪市教員)
■東京開催
日 時:8月7日(月)13:00~15:00(教材体験)
15:30~17:00(教材をどう使うか、ゲストや委員と共に検討します)
*教材体験のみの参加も可能です
場 所:早稲田大学戸山キャンパス33号館第10会議室
ゲスト:小寺昭彦さん(サイエンスカクテル)、近藤牧子さん(開発教育協会評議員)
教材開発委員:西あいさん(開発教育協会)

参加・資料代:500円
定 員:20人(先着順)
お申込み方法:E-MAIL(webmaster@aozora.or.jp)またはFAXで、以下の必要事項をご連絡ください。
①お名前、②お電話番号、③メールアドレス、④申し込み動機(教材のどこに関心をもったかなど)、⑤教材モニター(下記参照)を希望するかどうか。

申込・お問合せ先:公益財団公害地域公害地域再生センター(あおぞら財団)
担当:栗本、林
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
E-MAIL :webmaster@aozora.or.jp
URL http://aozora.or.jp/
(地球環境基金助成事業)

— 教材モニター 募集中! —
あおぞら財団の開発した教材をモニターとして使っていただける方を募集しています。
◆ 募集期間 2017年5月~2018年2月
◆ ご自身がファシリテーターとして教材を使う意欲のある方を募集します。
◆ 教材を使っていただく場にスタッフがオブザーバー(記録者)として伺います。
◆ 授業の様子を録音・撮影しますので、ご了解ください。
◆ 教材を使う事前事後に、アンケートにご回答ください。
◆ 記録やアンケートでいただいたご意見を、あおぞら財団で教材に反映させる場合があります。

こんな教材があります!
〇西淀川公害フォトランゲージ(対象:小学校~)
西淀川公害に関する写真をみながら話し合う教材です。

フォトランゲージ1

〇ワークシート「照代の物語」を使って~「公害病になったら?」連想図(対象:小学校高学年~)
公害患者の物語を読んで、どんなことが起きたか想像し、連想図を書きながら公害被害の社会構造を考えます。 *実施例はコチラ

連想図_阪大

〇ロールプレイ「203X年、あなたの町で公害がおきたら」(対象:小学校高学年~)
町に住む様々な立場の役になりきって話し合う、簡単なお芝居をする教材です。
近未来、あなたの住む町でナゾの病気が流行ります。ひょっとしてあの工場のせいでは…?
*実施例はコチラ

西淀川高校にて話し合いの様子
〇シミュレーション教材「住民が動いたまち-西淀川の経験から考える市民力」(対象:高校生~)
大気汚染公害がひどかった頃の西淀川に実際に住んでいた人たちをモデルに開発した教材です。5人の住民とその家族の経験を追体験します。
*教材についての報道はコチラ
〇簡易カードバージョン「住民が動いたまち-西淀川の経験から学ぶ」(対象:小学校高学年~)
シミュレーション教材の簡易バージョンです。  など・・・

【名称決定】はじめます! 姫里ゲストハウス いこね&くじらカフェ

FAAVO_TOP2

あおぞら財団のゲストハウス&カフェの名前が決まりました。

「姫里ゲストハウスいこね」と「くじらカフェ」です。

「いこね」は、憩うことができる寝床ということと、いこうね!の意味を持たせています。あおぞらビルの交流拠点「あおぞらイコバ」の兄弟施設なので名前も似ています。
「くじらカフェ」は西淀川区の形がくじらの形に似ていること、あおぞら財団はマスコットを使っていることから名付けました。
くじらカフェは9月初旬に、ゲストハウスは年内のオープンを目指しています。
どうぞよろしくお願いします。

 

ゲストハウス&カフェの工事が7週目に入りました。
外壁に足場が付けられました。内装も洗面台が取り付けられていたり、階段がほぼ完成していたり、天井が付けられたりなど、かなり進んできました。

足場

IMG_1444

IMG_1435_s

Filed under: Green(環境住宅研究会),いこね&くじらカフェ,イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2:32 PM
前のページ »