あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » 資料館(エコミューズ)

大阪市大「都市基盤計画特論2回目」タンデム自転車フィールドワークと公害患者のお話(11/30)

11月30日(火)に大阪市立大学「都市基盤計画特論」(吉田長裕准教授)の2回目の授業があおぞら財団で行われました。参加者は10人です。今回はタンデム自転車を活用してのフィールドワークと公害患者さんのお話を聞きました。

今回、タンデム自転車に初めて乗る学生ばかりでしたので、最初に練習してから走行し始めました。大野川緑陰道路を走り、福町駅前広場、淀川、西島の工業地域、国道43号等に行きました。工場の建屋集塵装置、国道43号の道路沿道対策(環境ロードプライシング、光触媒や 高活性炭素繊維による大気浄化等)などの公害対策を確認しました。

藤江事務局長からタンデム自転車の乗り方の解説

タンデム自転車は二人の信頼・協力関係が大事!

自転車道をタンデム自転車で通行

最初に大野川緑陰道路の自転車道を走りました

福駅前の広場で説明

阪神福駅前広場。立体交差化が予定されています

淀川で梅田側をみる学生達

淀川からの景色

国道43号で道路沿道対策を説明

国道43号の道路沿道の環境対策を確認

西淀川地域内の施設として、高齢者介護施設のあおぞら苑姫里ゲストハウスいこね&くじらカフェの見学もしました。あおぞら苑の屋上では、「西淀川あおぞら発電プロジェクト」として太陽光パネルで発電を行っています。

あおぞら苑辰巳さんからお話をききました

辰巳さんからあおぞら苑の理念をお聞きしました

古民家を回収した姫里ゲストハウス

姫里ゲストハウスいこねの見学

フィールドワークから戻ってきた後は、西淀川公害患者の家族の会の岡崎さんと事務局長の上田さんからお話を聞きました。自然豊かな高知から大阪に引っ越してきて毎日空が曇っていることに驚いたこと、洗濯物を干しても粉塵で黒く汚れてしまったこと、空気を吸っているだけで病気になってしまうとは思ってもいなかったことなどをお話ししてくださいました。また、患者会の運動、西淀川公害訴訟に参加するのは大変であったが、子どもにとってのふるさとである西淀川の環境を取り戻すためにと活動してきたと、公害運動に対する思いを語られました。

学生からは「西淀川をどういう街にしたいと思いますか?」という質問が出ました。岡崎さんからは「トラックが街中を走らないようになってほしい。空気のことを気にせずに暮らせるようになってほしい」との回答でした。また、事務局長の上田さんから「コロナ禍ということもあり、コミュニケーションを維持する大切さを痛感している。患者が作ったあおぞら財団は、西淀川区民が交流できる場づくりをしている。患者会もコミュニケーションの場を大事に思っている」とのお話がありました。

IMG_1746

患者さんのお話を聞く様子

IMG_1753

西淀川公害患者と家族の会 岡崎さんと上田さん

最後に今日の感想を共有しました。

大野川緑陰道路が自然豊かでコミュニティの場になっていること通行のしやすさを実感したといった緑陰道路に対する感想、国道43号の公害対策をみたが町全体として公害の跡がないということが印象に残ったという感想、老人ホーム、ゲストハウスなど多様な人が楽しめる街になっているという印象、患者さんの公害の体験を聞いてそんなに公害がひどかったのかと感じたという感想などが出ました。

IMG_1760

感想の共有

 

次回は12月7日に、市民参加に関するワークショップ、西淀川区役所職員さんのヒアリング等を行う予定です。

——–

2021年度 大阪市立大学 授業「都市基盤計画特論」における西淀川区でのプログラムは下記のようなスケジュールで行います。

日時 内容
11月16日 ロールプレイ、小講義「西淀川地域の現状と課題/あおぞら財団の地域づくり」
11月30日 西淀川地域の現状視察(タンデム自転車を活用)、ヒアリング 西淀川公害患者と家族の会
12月7日 市民参加に関するワークショップ、ヒアリング 西淀川区役所職員のみなさん
12月21日 中間報告&意見交換
1月~2月 各グループで最終の提案づくりに向けた活動
3月 西淀川への提案を発表

 (谷内)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入 — aozorafoundation 公開日 2021年12月3日4:22 PM

大阪市大「都市基盤計画特論」西淀川を題材にした授業の実施(11/16)

11月16日(火)に大阪市立大学「都市基盤計画特論」(吉田長裕准教授)の授業があおぞら財団で行われました。参加者は12人です。2020年度も今年度と同じように「西淀川のまちづくり」を題材にして授業が行われ、最後には西淀川に関する様々な提案を行ってもらいました。今年度も最後に提案が行われる予定です。

授業についての説明

授業についての説明

最初に過去の西淀川大気汚染公害の写真を用いてフォトランゲージを行いました。フォトランゲージでは、写真やイラストからそこに込められた意味をさまざまな角度から推察します。

IMG_1615

西淀川公害の写真を用いたフォトランゲージ

次に、大気汚染公害を題材としたロールプレイ「もしあなたのまちで公害が起きたら?」を行いました。このロールプレイでは、グループで次の4つの役割になりきってもらって、公害解決に向けての話し合いをします。役割になりきることで、公害問題を模擬的に体験できる教材です。

1.市役所の環境担当係長
2.住民A(子どもが病気に)
3.X工場の経営者
4.医者

みなさん、役割になりきってくれて、白熱した議論が行われました。立場が異なる人同士の話し合いで、妥協せずに何らかの解決策を探ることに難しさを感じたようです。

(ロールプレイの感想)
・(被害を拡大させないためには)まず原因は分からないが、公害が発生しているということを広く認知してもらい、正しい状況を伝えることに注力する。そうすれば、工場側、行政、地域住民が問題にしっかり向き合うようになると考えた。しかし、原因究明をしないことには解決に向かうことはできないので、調査機関の設置と迅速な原因究明が行われなければならない。さらに、現在進行形である被害の抑制のために、地域の医師以外に応援を要請することも求められるだろう。
・(対立が起きるような問題がおきたとき、解決に向けて心がけることとして)相手側の意見とその理由をしっかりと聞き、理解すること。その上でお互いが出来るだけ納得のいく結果を導くことが必要。
・ロールプレイ形式のWSは初めて体験したので新鮮でした。普段関わることのない立場の人間の当事者意識が少し分かったような気がして、いいWSの手法だと思いました。
・対立関係上でお互いの意見をぶつけ合う機会は少ないので新鮮だった。

市役所係長役の人が話し合った内容を発表

ロールプレイで話し合った内容を共有します

 

その後、当財団の藤江から「西淀川地域の現状と課題 ーあおぞら財団の地域づくりー」と題して、西淀川大気汚染公害など過去の経緯や現在の課題、あおぞら財団の取組みなどについてお話ししました。
最後に、今日の授業を通して、この西淀川のまちづくりで関心のあることを自由に紙に書いてもらい、最後に共有しました。

IMG_1633

次回は11月30日に、タンデム自転車で西淀川を視察した後に、公害患者さんのお話を聞く予定です。

——–

2021年度 大阪市立大学 授業「都市基盤計画特論」における西淀川区でのプログラムは下記のようなスケジュールで行います。西淀川から様々なことを学んでもらえたらと願っています。また、最後にはどんな提案がなされるか楽しみです。

日時 内容
11月16日 ロールプレイ、小講義「西淀川地域の現状と課題/あおぞら財団の地域づくり」
11月30日 西淀川地域の現状視察(タンデム自転車を活用)、ヒアリング 西淀川公害患者と家族の会
12月7日 市民参加に関するワークショップ、ヒアリング 西淀川区役所職員のみなさん
12月21日 中間報告&意見交換
1月~2月 各グループで最終の提案づくりに向けた活動
3月 西淀川への提案を発表

 (谷内)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入 — aozorafoundation 公開日 2021年11月26日2:30 PM

寝屋川人権教育研究協議会の研修で、オンラインで語り部と交流(8/17)

コロナ禍が続く中、当初、フィールドワークを予定していた寝屋川市人権教育研究協議会の夏季一日研修会について、「公害患者さんとの大切な出会いの場としたい」という主催者のご要望を受け、オンラインに変更して8月17日に開催しました。20人の教職員の方々が参加されました。

西淀川公害患者と家族の会から池永末子さんと上田敏幸事務局長にお話していただき、質疑応答にも多くの時間を割くことができたのは、オンラインの良い側面だと感じました。

参加者と当日同席したインターン生の感想をご紹介します。多くの方に患者さんの声を聞いていただきたいです。

「公害患者さんのお話を直接、お聞きして、黙っていては問題は解決しない、理不尽なことが起きたとき、みんなで立ち向かうことが大切だという強い思いを感じました。5年生で公害について学ぶとき、ぜひ参考にさせていただきます。」(参加者)

「娘の世話を最優先して自分ことを後回しにした母・池永さん。国はしっかり支援し、すべての人が手頃な価格で医療にアクセスできるようにするべきだと思いました。」(インターン生)

患者会の上田さん(事務局長)、池永さん、インターン生2人

オンラインで西淀川の患者さんと寝屋川をつなぎました

動画画像

動画「手渡したいのは青い空(全面解決編)」のワンシーン

あおぞら財団のYouTubeチャンネルで、西淀川公害裁判を紹介した動画を公開しています。ぜひご活用ください。
『手渡したいのは青い空(全面解決編)』
https://www.youtube.com/watch?v=qJe6z_qzMZA

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,視察受入 — aozorafoundation 公開日 2021年11月12日4:41 PM

西淀川公害=資料の紹介(2) 中津コーポ高速道路反対ニュースビラ 

写真は、大阪市大淀区(現在北区)中津コーポ住民による高速道路反対のニュースビラの一部です。1971年5月から72年8月31日まで全95号がまとめられています。書き手は、のちに大阪空襲の研究やその被災者運動で知られる故小山仁示関西大学教授。当時40歳になったばかりで、B4版の紙面いっぱいを使い、大量の字数になることもしばしばでした。

ニュースでは、号を追って道路公害に関する認識を深め、解決すべき課題を明確にしています。当局や府・市議会、そしてマスコミ等との交渉を通じ問題の所在を明らかにし、その解決の社会的意味を論じていきます。また、道路で結ばれる関係地域の住民運動に何度も連帯のエールを送っています。そのなかには西淀川公害反対運動を進める人びとも含まれていました。運動を点から線へ、線から面へと広げる意義が何度も語られています。

今回見つけ出された資料は、その運動の実際を再現する根本資料です。西淀川公害反対運動も、こうした広い背景を持って展開したことが確認できます。

エコミューズ館長 小田康徳

IMG_20210413_0003

西淀川公害=資料の紹介(1) 第1回公害問題講座のポスター

※機関誌りべらで連載をしている所蔵資料紹介コーナーの転載記事です。

– – – – –

1970年10月、日本科学者会議大阪支部・新日本医師協会大阪支部・大阪民主医療機関連合会はそろって公害問題講座を開きました。これはそのときのポスターです(エコミューズ保管)。参加者は4日間で延べ1,000人以上。うち384人に上ったアンケートのまとめもガリ版刷りで残っています。公害問題を知りたい、理解したいという願望は大阪でも広がっていたのです。

講座の主催者たちも知らない多様な人びとがこの講座を聴講しました。10歳代34人、20歳代243人、30歳代50人と圧倒的に若い人が多く、参加のきっかけは、8割以上がポスターやビラを見てと答え、もっと早く知りたかったとも語っています。公害問題は日本を揺るがす大問題で、自分にも関わると広く認識されていたのです。翌年1月には第2回の講座が実施されています。

公害をなくそうとの声を一つにまとめ、公害を押し付ける大阪府や市などの行政と渡り合おうとする永続的な組織「大阪から公害をなくす会」が結成されるのは、1971年2月17日のことでした。

エコミューズ館長 小田康徳

ポスターKIMG0170 (2)

前のページ »