あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » イベント報告・ホームページ更新

日中環境問題サロン2022 「中国の環境NGOの活動状況」交流会を開催しました

2022年10月15日(土)に、経済活動と公害・環境問題の解決の両立をテーマに、日中両国における公害経験やそれに関連する資料・情報を共有し、情報発信・人的交流を行なうことを目的として、日中環境サロン2022・中国環境NGOの活動状況報告会をオンラインで開催しました(主催:あおぞら財団)。

今回は成都根与芽環境文化交流センター(http://www.cdgyy.org/)の趙璐氏から「中国ゴミ分別取り組みの実践と探索」、零廃棄聯盟(https://www.lingfeiqi.org/)の王少蓉氏から「中国プラスチック汚染対策と資源リサイクル状況の紹介」を報告していただきました。

趙氏は中国におけるゴミ分別の歴史と現状、住民のゴミ分別意識醸成における課題、新しいゴミ分別及び再生利用の仕組みを報告。

趙氏 ブログ用写真

趙氏がごみ分別ミュージアムを紹介していた様子

王氏は中国プラスチック汚染の対策システムと効果、廃プラの回収と再利用状況、NGO団体によるプラスチック汚染対策過程での役割を報告。

王氏 ブログ用写真

王氏が中国プラごみ回収再利用状況を紹介していた様子

報告を通して、現在の中国には家庭ごみとプラごみに対して、具体的かつ厳格的な条例が相次ぎ公表され、行政の啓発、NGO団体の協力、マスコミの宣伝によって、市民たちのゴミ認識度は著しく高まったことも分かりました。さらにごみに関係する企業も技術革新に励んで、斬新なごみ分類回収の仕組みを作っています。

ゴミ分別回収ボックス

社区に設置されたゴミ分別回収ボックスの様子

確かに経済発展不均衡などにより、各地のごみ対策ではバラツキが見られます。そして中国では今の段階でリサイクルとリユースに集中し、企業の生産活動からごみ減量というリデュースの視点にはあまりフォーカスしていないようです。どうすればゴミの元栓を閉めれるのかはこれからも日中共通の課題であると参加者の自由討論では認識されました。

我々が歩んでいる環境問題を解決するための道は、まさにいばらの道ですが、お互いの支え合いや、積み重ねた議論によって、必ずいつかゴールに辿り着くという思いを共有し、今回の日中環境問題サロンがお開きとなりました。

(記:あおぞら財団スタッフ 龍谷大学大学院生 王子常)

========================================

アジア各国では、現在進行形で、様々な公害・環境問題が発生しています。
その中で、自分たちの住み暮らす地域の環境を良くしていこう!と取り組む人々がいます。

あおぞら財団の国際交流活動を通じてつながったアジア各地の環境活動を報告・紹介するページ「アジアの環境活動でつながろう」を新たに作成しました。
それぞれの取組みを知り、学び、つながることで、活動の輪を広げていきましょう。

ぜひご覧ください。

http://aozora.or.jp/kokusai

logo-300x89

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,国際交流 — aozorafoundation 公開日 2022年11月25日11:56 AM

楽らく呼吸会「呼吸リハビリ、じぶんでできる運動」を開催(11/11)

11/11(金)に楽らく呼吸会を開催しました。今回は西淀病院の理学療法士の奥園さん、長瀬さんを講師に、「呼吸リハビリ、じぶんでできる運動」についてみんなで学びました。現在、新型コロナ感染症感染者数が増加中なので、感染症対策として、西淀病院と会議室をオンラインで繋いでの開催となりました。参加者は全部で10人です(スタッフ1人、講師2人を含む)。

IMG_5564_00

西淀病院とオンラインでお話を聞きました

最初に、長瀬先生から肺の機能についてのお話。
肺は空気中の酸素を体に取り組みますが、肺自体には筋肉はありません。横隔膜と肋間筋を動かして呼吸をしています。肺を鍛えることはできません、呼吸筋を鍛えることで、呼吸を楽に行うことができます。

次に、効果的な呼吸方法を実践を交えながら学びました。息切れや発作が起こってしまった時には、テーブル等に腕をのせ、うつぶせの姿勢をとります。その際に、口すぼめ呼吸をして呼吸を整えます。口すぼめ呼吸は、吸う長さ1に対して吐く長さを2と長くすることが上手に行うコツです。腹式呼吸についても、お腹や胸に手を当てながら、お腹を膨らませたりへこませたりして呼吸を行いました。

参考:環境再生保全機構:呼吸を楽にする姿勢(パニックコントロール) 口すぼめ呼吸腹式呼吸

また、上手に痰を出すやり方も教えてもらいました。痰は、気道の粘膜でつくられる炎症性の気道分泌物で、ホコリや細菌などから体を守ります。COPD(慢性閉塞性肺疾患)になると痰が出しづらくなります。そこで、上手に痰を出すことが大事になります。手順は、①両手を脇の下におき、息を吐くときに押さえ、②大きく息を吸って、勢いよく「ハッ! ハッ!」と口から息を吐く、③「ゴホン!」と咳をします。

最後は、奥園先生に変わって、ストレッチ体操や筋トレです。

呼吸器疾患のある患者さんは、息切れをおそれて静養ばかりしていると徐々に身体機能が低下して息切れが悪化し、食欲、気力もなくなって症状が悪化してしまうという負のスパイラルに陥りがちです。運動をすることで、感染に負けない体力をつけ、息切れしにくくなります。

今回は、呼吸筋や首や肩のストレッチなどを行いました。呼吸器疾患の患者さんは、呼吸が浅くなりがちで、必要以上に首や肩の筋肉に力が入ってしまい、肩こりになってしまうことが多いそうです。そこで、首や肩のストレッチを行うことが大事になります。

IMG_5574

奥園先生の動きを見ながら運動しました

 

肩まわりの筋肉をほぐしました

 

体操の後は生活に関する相談です。転ぶことが怖くて散歩がしづらくなっているがどうしたらよいか、仕事や家事で腰痛があって辛いといった様々な質問が出ました。また、寝ている時に呼吸がしづらいという質問に対しては、横向きなど呼吸がしやすい姿勢に変えてみてはどうか、ビーズクッションが前かがみの姿勢に役立つといったアドバイスがありました。

参加したみなさんからは、「呼吸が体全体、筋肉と関係しているのがわかった」、「体操の仕方を教えていただき感謝、家でもやってみたい」といった感想があり、全員の方から「有意義だった」との回答をもらいました。

コロナ禍がはじまって3年が経とうとしています。呼吸器疾患のある患者さん達は、感染症に気を付けながら、無理のなく運動を取り入れて、日々を過ごしていただけたらと願っています。

参考

環境再生保全機構
呼吸筋ストレッチ体操
呼吸リハビリテーションマニュアル② 効果的な呼吸方法
呼吸リハビリテーションマニュアル④ 日常生活を考慮した運動療法
呼吸リハビリテーションマニュアル⑤ 上手な痰の出し方

【今後の予定】

次は1月20日に「お話会、DVDをみながら呼吸筋ストレッチ体操」を行います。ぜひお気軽にご参加ください。

日程 テーマ 場所 講師
 第72回  2023年1/20(金)13:30~15:00  お話会、DVDをみながら呼吸筋ストレッチ体操  グリーンルーム(あおぞらビル3F会議室)  ー
 第73回 2023年3/10(金)13:30~15:00  薬について  グリーンルーム(あおぞらビル3F会議室)  ファルマプラン 薬剤師

※新型コロナウイルスの感染状況をふまえて変更になることがあります。

過去の楽らく呼吸会の取り組みについてはこちらをご覧下さい。

お問い合わせはこちら→ TEL.06-6475-8885(あおぞら財団 谷内・鎗山)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2022年11月14日2:39 PM

楽らく呼吸会「栄養・免疫について」を開催(10/14)

10月14日(金)に楽らく呼吸会を開催しました。今回も去年に引き続き西淀病院の管理栄養士である里和明さんを講師に、「栄養・免疫について」みんなで学びました。今年は昨年とは異なり、対面での開催となり、オンラインではなく直接お話を伺うことができました。参加者は全部で8人でした(スタッフ1人、アルバイト1人、講師1人を含む)。

楽らく呼吸会の様子 栄養士さんからお話を聞きました

今回は、コロナ禍における栄養や健康を保つための食生活がお話の中心でした。

まず、健やかな食生活に必要なのは規則正しい食生活のリズムが大事だそうです。しかし、コロナ禍でリズムが崩れてしまう事も。そしてそれが栄養状態悪化につながる可能性があるそうです。そこで私たちは10項目からなるコロナ禍ストレスチェックをやってみました。皆さんもチェックしてみてください。

6点以上は要注意!(3-5点:ストレスがたまっている、6-8点:心身に影響、9-10点:専門の医療者に要相談)とのことです。

コロナに打ち勝つために必要なのは「コロナ禍でもできる運動を行う」「ストレスとうまく付き合う」「免疫力を高めること」の3つだそうです。私もこれらのことを意識して生活していきたいと思います。

 

しかし、免疫力を高めるとはどういうことでしょうか。まず、免疫力チェック表で自分の免疫力がどうなのか確かめてみましょう。

免疫力チェック表 6点以上は要注意!(6~13点:低下、14点以上:かなり低下。すぐに改善を!)とのことです。

免疫力を高めるために必要な食生活としては、「体を暖かく保つこと」「腸内環境を整えること」「食バランスよくしっかり食べること」です。いずれも大事なことですが、継続するのはなかなか難しいことです。食事バランスは、主食、主菜、副菜(野菜)、副菜(汁物)の4つを意識するとよいと教えてもらいました。

 

まとめとして、

良好な栄養状態とは、健やかな食生活が必要!

コロナ禍でできることを模索する

免疫力を高めて、病気にかかりにくい体づくりを!

とのことでした。

寒さが増してきているこの季節、食事のとり方やストレスに気をつけ元気に日々を過ごしていきましょう!

(アルバイト 森)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2022年11月11日5:13 PM

西淀川公害=資料の紹介(4)1970年代初頭 行政が対処する問題として西淀川の公害にメスを入れる

※機関誌りべらで連載をしている所蔵資料紹介コーナーの転載記事です。
– – – – –

大阪市西淀川区がいかにひどい公害地域となっていたか、1950年代後半から多くの人が知るところとなっていた。悩みに堪えかね、ひどい汚染をまき散らす大阪製鋼・田中電機・永大産業など個別企業を厳しく追及したことも少なくない。調査すれば、さらにいろいろ出てくると思う。しかし、それを国や府の政策の問題として取り上げ、住民の声、公害患者の声をまとめ上げ、適切な処置を求める動きは1970年代初頭以降のことであった。

田中千代恵氏資料No.26-2_page-0001

田中千代恵氏資料No.26


写真は、当時千北病院公害被害者検査センター検査技師だった田中千代恵氏が書き上げていた研究メモである。ここには「公害問題」と題を掲げ、その下に「公害病患者の実態の系統的追究」として、『当院における公害病認定患者の治療数』『大気汚染の状況』『患者の実態の変化』『治療日数』などについて、主として40歳以上と12歳以下集団に分けて追究したので報告する」といった文章と統計数字がたくさん記されている。また、大阪府や市の公式報告書からも必要な情報を抜き出している。まさに、西淀川に即した事実の解明がどう行なわれたかを記録する資料群と言っていい。文字は達筆で、かつ丁寧、正規の報告書に掲載する前の原稿といった趣である。

田中千代恵氏が千北病院を基盤にこうした調査を丁寧にやり始めたきっかけは、1969年12月公布の「公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法」の実施において認定患者数が日本一の記録を常に更新し続け、SO2の排出量減少にもかかわらず、ぜんそくなどで苦しむ患者が減っていかないという西淀川区あるいは大阪市の現実に危機感を抱いたからにほかならない。田中千代恵氏の資料には、こうした調査を基礎としてこの時期以降展開する住民組織「西淀川から公害をなくす市民の会」と患者さんたちの組織「西淀川公害患者と家族の会」に関わる記録がたくさん存在している。

エコミューズ館長 小田康徳

 

 

 

りべらVol.160(2022年10月発行)より抜粋

関西大 大門ゼミ 雨の中のフィールドワークと語り部のお話から公害を学ぶ(10/19)

10月17日(月)に関西大学社会学部大門信也先生のゼミが、 あおぞら財団に西淀川公害の研修に来られました。大門ゼミのみなさんは、ゼミ内で当財団の教材のフォトランゲージやロールプレイ「あなたのまちで公害が起きたら」を用いて、西淀川公害について事前学習した上で参加してくれました。

当初、タンデム自転車でフィールドワークをする予定でしたが、雨天となったため急遽、徒歩でのフィールドワークになりました。

国道2号から大野川緑陰道路を通り、公害道路と呼ばれた国道43号まで行きました。

IMG_5231_00

川を埋め立てて自動車専用道路が計画されたが、市民の反対により緑道となった大野川緑陰道路

国道43号では、西淀川公害訴訟、尼崎公害訴訟に基づいて、様々な道路環境対策がなされています。例えば、街中を通る大型車の交通量を減らすために、環境ロードプライシングという施策が実施されています。この施策は阪神高速5号湾岸線の大型車通行料金を3割引きとすることで、街中の国道43号や阪神高速3号神戸線から湾岸線に転換させようとするものです。国道43号にも環境ロードプライシングに関する看板があります。

他の交通施策については、大阪国道事務所兵庫国道事務所のホームページをご覧ください。

国道43号では様々な道路環境対策が行われており、大型車の交通量は減少傾向にありますが、現在でも大型車交通量は1日あたり2万台弱です。ゼミ生のみなさんは声が聞き取りづらいほどの車の騒音や、排ガスによる大気の汚染の度合いを感じていました。

IMG_5237_00

国道43号で道路環境対策を確認

次に、西淀川公害患者と家族の会の支援を受けて設立されたデイサービスセンターあおぞら苑の前には、「公害と闘い環境再生の夢を」と宮本憲一先生が書かれた石碑を見学。

あおぞら苑の前の公害の石碑をみるゼミ生たち

あおぞら苑の前の公害の石碑

また、西淀川は昭和初期の工業化の進展で、地下水のく上げによって地盤沈下が進みました。歩きながら海抜がマイナスとなっている表示を確認し、水害や津波に弱い地域であることをお話しました。

近年の西淀川は、環境が改善しつつあり、マンションが林立し多数の新住民が増えていますが、外国にルーツを持つ方も増えつつあります。大和田がには、イスラム教徒の礼拝所「大阪マスジド」があり、多くのイスラム教徒の方が訪れています。

大阪マスジドの前で

イスラム教徒の礼拝所「大阪マスジド」。1階はハラール食品のお店です。

フィールドワークの後は、西淀川公害について簡単に講義をした後に、公害患者さんのお話を聞いてもらいました。

今回は、公害被害者の岩本さん、西淀川公害患者と家族の会事務局長の上田さんのお話です。

岩本さんは、公健法の改正によって公害患者の新規認定が打ち切られる直前の1988年に、認定の手続きをしたことで無事に認定を受けることが出来たそうです。認定を貰えなかったことで苦労している人がいるということ、長い間病気と闘ってこられて苦労したことなど貴重な経験や感じていることを話して下さいました。

岩本さんは、夜中に起こるぜんそく発作、続発症である中耳炎による聴覚障害など、公害によって引き起こされた病と闘う人生を送ってこられました。病気のため、仕事が思うようにできず、普通で当たり前の生活を失われてしまったとのお話に、学生のみなさんは真剣に耳を傾けていました。

IMG_5245_00

公害被害者のお話を聞きました

最後に、グループで今日の研修の感想を話し合った後に、全体で共有しました。

フィールドワークでは「多様な文化が混在」「住宅地と道路の騒音の差が全然違う」「トラックが多くて説明の声が聞こえないほど音が大きい」といったことが印象に残ったようです。

公害患者さんのお話では「お年寄りや子ども、貧困層が公害被害を受けていた」、「1988年を境にあまりに格差が大きく、長期で病と闘う患者にとって理不尽すぎる」、「公害患者に向けられる周りの視線が厳しい。患者の立場が弱い」といったことが印象に残ったとの感想があった他、「公害は”歴史”ではなく”現在進行形”」、「苦しみの連鎖を止めよう」、「当者と地域で終わらせない」などの公害と今につなげた感想もありました。

大門先生からは2年以上前にゼミの研修をしたいとのお話をいただいていたのですが、その後コロナ禍が始まり、研修ができずやっとゼミの研修が実現できました。「公害問題は、被害に始まり被害に終わる」との言葉があるくらい、公害問題を考える上では、被害について学ぶことは重要です。フィールドワークならではの五感の刺激を通した学びや公害患者さんとの直接的な交流が公害・環境問題を自分に引き寄せて考えるのに役立ったのではないかと思います。

今日の研修で学んだことを踏まえて、社会学の観点から、公害を二度とおこなさない社会、人間と環境が共生する社会を研究していただけたらと期待しています。

(記:谷内)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境学習,視察受入 — aozorafoundation 公開日 2022年11月4日10:20 AM
前のページ »