あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

医療従事者向け呼吸ケア・リハビリテーション講習会を開催しました(11/19) 

2017年11月19日(日)14:00~17:00、西淀川区役所にて、第1回医療従事者向け「呼吸ケア・リハビリテーション講習会」を開催し、25名の方が参加しました。講師は藤原耕三氏(倉敷第一病院理学療法士、岡山県呼吸ケア研究会理事)、椿和人氏(東大阪病院理学療法士)のお二人で、お二人とも呼吸ケア・リハビリテーション指導者養成研修修了生です。参加された方は、理学療法士、作業療法士、看護師、言語聴覚士、介護職員といった職種の日頃からぜんそくやCOPDの患者さんと接する方たちです。

最初に、藤原耕三先生から、COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する座学での講義がありました。COPDは、たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気ですが、日本では罹患者数が約530万人であると推定されているにも関わらず、COPDと診断されている患者数は26万人とごく一部です。COPDは、予防と治療が可能な疾患であるため、早期の発見が重要です。健康日本21でもCOPDは、「がん」「循環器疾患」「糖尿病」と並んで、主要な生活習慣病の一つとして、発症予防と重症化予防の徹底が方針の一つとして挙げられています。

0_IMG_8223

藤原耕三先生のお話

藤原先生が勤務されている倉敷第一病院の取り組みとして、医師・看護師・栄養士・理学療法士ら14名から呼吸サポートチームを組織し、研修や呼吸リハビリカンファレンス、患者教室といった活動を行っている様子を紹介していただきました。また、中国における日本式呼吸リハの実践や倉敷でのCOPD対策事業「くらしきCOPDネットワーク」、岡山県呼吸ケア研究会といった事例についてもお話していただきました。中国では、日本と同様に多くのCOPDの患者さんが適切な診断を受けていないそうです。藤原先生が関わられた症例の患者さんは、呼吸リハ初日は「死んだ方がましだ」と言うほど呼吸に困難がある状態でしたが、リハ開始8日後に1年ぶりの外出ができるほど劇的に回復されたそうです。また、倉敷市で行われている呼吸リハビリの一例として、フライングディスク競技を紹介していいただきました。フライングディスクは、競技中の移動が不要で運動強度が低いため、在宅酸素療法をしている患者さんでも実施することができます。薬よりもリハビリの方が費用対効果が高く、患者さんのQOLを向上させることができます。そのため、呼吸リハビリを広めていくことが重要です。

講義に対して、参加者からは、「長崎や倉敷での取り組みを紹介していただいたので、地域での啓発をすすめていく上で参考になりました」、「COPDの基礎やCOPDに対する取り組みが実際にわかってよかったです」、「COPD間診表から肺機能検査でCOPD患者を見つける流れが良く理解できた」といった感想をもらいました。

0_P1260768

中国人患者への日本式呼吸リハの実践についてのお話をきいています

その後、実技では、フィジカルアセスメントを学びました。アセスメントは、問診 、視診 、触診、打診、聴診の5つからなります。それぞれの診断におけるポイントを実技を踏まえながら学びました。

二人一組になってお互いの体を触って胸部体表解剖のランドマークとなる 胸骨角・第10肋骨等や正常な肺・肺葉の位置を確認したり、打診音で病態を判断する打診、聴診器で呼吸音を聞く聴診といった実技を行いました。

0_P1260826

二人一組で触診の実技をしています

0_P1260813

指で胸を打つ音で病態を判断する打診

実技に対しては、「打診など普段することがないので新しく方法を知れてよかった」、「評価方法が詳しく知ることができ、練習もしっかりできました」、「肺の聴診の部位や肋骨の確認等実際にできてわかりやすかった」、「体表解剖から、打診・聴診と大切なことを学べてよかった。基礎のところが実際やってみるとしっかりできていないなと確認できた」との感想を参加者からもらいました。

講習会全体に対しては、「呼吸の解剖生理、疾患の病題の復習が必要と感じました。丁寧に教えていただき参考になりました」、「明日から他スタッフにも伝達講習したいと思います」、「楽しかった。独学でやっていてもあまり身にならないが、ペアの人や先生らに、実際に相談しながらでとてもよかった」と、次の日から医療や介護の現場で講習会で学んだ内容を活かしてもらえそうな感想をいただきました。また「COPDの方に評価して、パンフレットを渡して、リスクについて知っていただけるようにアプローチしたいです」といった、COPDの早期発見に向けた啓発に対する感想もいただきました。

– – – – –

次回は、1月28日(日)に行います。

http://aozora.or.jp/archives/29586

■日時:1月28日(日) 14:00~17:00(受付13:30~)

■講師:椿 和人氏(東大阪病院理学療法士)、藤原耕三氏(倉敷第一病院理学療法士、岡山県呼吸ケア研究会理事) ※呼吸ケア・リハビリテーション指導者養成研修修了生

■会場:西淀川区役所2階 集団検診室(大阪市西淀川区御幣島1-2-10) JR東西線「御幣島(みてじま)」駅 1番出口 すぐ
http://www.city.osaka.lg.jp/nishiyodogawa/page/0000029225.html

■対象:看護師、薬剤師、保健師、介護職員、理学療法士、作業療法士の方など

■定員:30名(定員になり次第締め切ります。下記に必要事項を記載しお申し込みください)

■参加費:無料

■持ち物:バスタオル、聴診器(お持ちでない人にはお貸しします)※実技がありますので、動きやすい服装でおこしください。

日ごろCOPD患者に接する機会のある理学療法士や作業療法士はじめ、保健師や看護師やヘルパーさんたちにお勧めの講習会です。参加をお待ちしております。

– – – – –

これまでの医療従事者向け呼吸ケアリハビリ講習会の様子はコチラをご覧ください→http://aozora.or.jp/katsudou/ikigai/medical-worker →http://aozora.or.jp/archives/category/kankyohoken

協力:西淀川区役所
本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)」の一環です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ