あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » 環境保健

楽らく呼吸会で体力測定と呼吸体操!(のざと診療所, 6/8)

2018年6月8日(金)、のざと診療所で楽らく呼吸会を開催しました。今回は西淀病院から理学療法士の榎田さんを講師に迎え、呼吸リハビリと体力測定を行いました。参加者は8人(内、患者さん4名(家族の方を含む)、看護師2名、理学療法士1名、スタッフ1名)でした。

まずは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と自己管理について、前回の内容をダイジェストした形でお話していただきました。

COPDの患者さんには運動が大切ですが、症状によってどのような運動をすればよいのかは異なります。

重症の患者さんは、呼吸法や排痰法といった身体の調子を整える「コンディショニング」が大事です。空気の通りが悪くなった気管支をつぶれにくくする呼吸法「口すぼめ呼吸」がその一つです。

COPDの患者さんの肺は縮まない風船のようにふくらんでおり、横隔膜は押し下げられ、うまく働けなくなっています。そのためCOPDの患者さんの呼吸は、首や胸、背中、おなかの筋肉(=呼吸補助筋)も使って行われています。この無理な呼吸によって起きる筋肉のこりをほぐしリラックスさせるストレッチも「コンディショニング」です。

重度の人はコンディショニング、ADLトレーニングを中心に、軽症の人は高負荷のトレーニングを行いましょう。

図 運動療法の負荷と症状の程度

お話のあとは、呼吸体操を行いました。

口すぼめ呼吸で息を整えた後、肩の上げ下げ、背伸びなどをして呼吸筋のストレッチを行いました。

13

呼吸筋のストレッチ体操をしています

09

財団で作った「毎日らくらく呼吸カレンダー」にも呼吸体操が載っています。

体操の後は、体力測定。握力と30秒椅子立ち上がりテストを行いました。

握力測定では、どの方もよい数字が出るよう力いっぱい測定器を握りました。講師の榎田先生から「親の仇と思って力を入れてください!」と声がけがありましたが、80歳代の方からは「親は天国にいる」と言われ、「それなら好きな食べ物を取られたと思って!」と声がけが変更されるといった場面もありました。握力測定は、短時間に安全に測定ができること、握力は下肢の筋力と相関関係が高いため全身の筋力の程度を知るための指標として用いることができるそうです(参考:長寿科学振興財団「高齢者の握力測定」)。

14

精一杯測定器を握って、握力を測定しました。

30秒椅子立ち上がりテストでは、30秒間に何回椅子から立ち上がりができるのかを測り、下肢筋力を簡便に評価します。このテストでも、みなさん一生懸命椅子の立ち座りをされていました。

 

16

30秒間椅子の立ち上がりが何回できるかを測定しました。

スライド10

楽らく呼吸カレンダー6月の体操は、足の運動です。この体操は椅子の立ち座りに効果的です!

 

体力測定は、運動機能が維持できているかどうかをみるのに最適です。COPDやぜん息患者のみなさんは、息切れがあるため体を動かすのがおっくうになり、身体を動かさないと筋力が弱ってさらに動かなくなり、結果として息切れが強くなるという悪循環に陥りがちです。体力測定をきっかけにして、呼吸体操や運動への意欲を高めてもらえたらと思います。

■楽らく呼吸カレンダー

あおぞら財団では楽らく呼吸カレンダー2018年度版を配布しています。月ごとに、おすすめの呼吸体操やストレッチ、呼吸メモなどを紹介しています。運動の記録もできます。ほしい方は是非あおぞら財団までお問い合わせください。

1

■次回予定~問い合わせはあおぞら財団まで~
楽らく呼吸会は、患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、時には勉強会なども開催しながら、病気と向き合っていこう、またお互いが支えあっていこうという会です。

少しでも興味があれば是非、各診療所に足を運んで、楽らく呼吸会にご参加ください!

  • 第48 回 呼吸リハビリ、自分でできる運動、体力測定 ( 講師:理学療法士)
  • 第49回 栄養について(講師:栄養士)
    • 8月3日(金)14:30 ~ 16:00  のざと診療所

2018年度の予定はこちらをご覧ください→2018年度の楽らく呼吸会の予定

今までの楽らく呼吸会の様子はこちらから→楽らく呼吸会

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2018年6月13日2:57 PM

6/3(日)に肺年齢測定を行いました

6月3日(日)に西淀川区役所にて健康診断があり、それに合わせて肺年齢測定を行いました。

健康診断を受診された方が多かったこともあり、肺年齢測定に参加された方の人数が約45名と盛況でした。

IMG_0124

参加された方には、COPDの認知に関するアンケートやCOPD集団スクリーニング質問票に記入いただいた後、ハイチェッカーやスパイロメーターを使用して肺年齢測定を行いました。今回は、東大阪病院の理学療法士 椿和人先生、奈良医療センターの林田佳一先生(お二人とも環境再生保全機構 呼吸ケア・リハビリテーション指導者養成研究終了生)に参加していただきました。また、新たに、測定後のアンケートにもご協力いたたきました。

<感想>

今回初めて肺年齢測定に参加させていただきましたが、丁寧な説明や個々の結果に応じたアドバイスなど、先生方の病気に対する姿勢や参加されたへの対応、参加された方の健康に対する意識の高さに感動しました。肺年齢測定に関わっている人それぞれがそれぞれの切り口で、誠実に病気や健康と向き合っていることを実感しました。またこの機会を機にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気の存在を知りました。この病気を身近な病気と捉え直し、自分なりに向き合っていきたいと思います。

記録:アルバイト 東


2018年度の予定はこちら
次は、8月25日(日)に、区役所のがん検診に合わせて行います。
会 場: 西淀川区役所(大阪市西淀川区御幣島1丁目2-10)
参加費:無料
問合わせ先:あおぞら財団(電話:06-6478-8885)
がん検診等については、西淀川区役所「がん検診等について」をご覧ください。

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2018年6月4日5:20 PM

楽らく呼吸ニュースNo.44発行&6/8に楽らく呼吸会を行います

楽らく呼吸ニュースNo.44「COPD、自己管理」を発行しました。

ニュース44-001

(画像をクリックするとpdfファイルをダウンロードできます)

今号では、理学療法士さんからCOPDとは一体どんな病気なのか、そして自己管理ついてまとめています。


次回の楽らく呼吸会は、6月、7月に「呼吸リハビリと自分でできる運動、体力測定」とういテーマで行います。

呼吸器疾患で苦しむ患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、勉強会などを開催しています。病気と向き合い、お互いが支え合っていくためにつくられた会です。
ぜひ気楽にご参加くださいね。

【次回予定】

・第48回 「呼吸リハビリと自分でできる運動、体力測定」 (講師:理学療法士)

6月8日(金)14:00 ~ 15:30 のざと診療所

7 月19 日(木)14:00 ~ 15:30 千北診療所

7 月20 日(金)14:30 ~ 16:00 姫島診療所

 

2018年度の予定はこちらをご覧ください→2018年度の楽らく呼吸会の予定

今までの楽らく呼吸会の様子はこちらから→楽らく呼吸会

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント案内,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2018年5月7日4:02 PM

楽らく呼吸会(のざと診療所)で「COPD、自己管理」についてお話をききました(4/13)

2018年4月13日(金)、のざと診療所で楽らく呼吸会を開催しました。今回は「COPD、自己管理」ということで、西淀病院の理学療法士の榎田先生と曽谷先生をお招きしてお話を聞き、呼吸体操を行いました。参加者は8人(内、患者さん4人(家族の方を含む)、理学療法士2人、スタッフ1人、オブザーバー1人)でした。

 

■COPD(慢性閉塞性肺疾患)と上手に付き合っていくためには、自己管理が重要

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とと上手に付き合っていくためには自己管理が大切というお話を聞きました。

COPDは、たばこの煙や大気汚染などの有害物質の吸入が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気です。残念ながら肺を元に戻すことはできませんが、早期発見・早期治療により、症状を和らげたり、病気の進行を抑制することが可能です。

about06_01

自己管理7つの要素(「環境再生保全機構:ぜん息などの情報館」より)

COPDの自己管理は、①病気の理解、②禁煙、③薬物療法、④運動療法、⑤栄養療法、⑥在宅酸素療法、⑦増悪の予防の7つの要素に分かれています。

楽らく呼吸会は今回で47回目になりますが、毎回同じお話というわけではなく、講師の方が工夫して基本を押さえつつ、新しい内容も盛り込んでくださっています。

今回は、痰について詳しくお話をききました。

痰は物理的に気道表面を洗浄し、異物や細菌を排除する役割があります。痰を気管支には線毛という細い毛があり、線毛運動で痰が口側に運ばれているそうですが、煙草を吸っていると線毛が焼ききれてしまい、痰が出にくくなるそうです。また、痰の色でどんな病気の可能性があるのかがわかります。

痰をうまく出せないと、痰に含まれる細菌が気管に入り込み肺炎を引き起こしてしまう可能性があります。そこで、痰の出し方として自動周期呼吸法についても教わりました。普通の呼吸、深呼吸を繰り返した後、咳をして痰を出します。

自動周期呼吸法

自動周期呼吸法での痰の出し方

ブレイクタイムとして、自己管理の大事な要素の1つである「運動療法」として、みんなで呼吸体操を行いました。呼吸筋をストレッチすることによって、息苦しさを和らげることができます。

P1280890

呼吸体操「シェー」のポーズ

■次回予定~問い合わせはあおぞら財団まで~
楽らく呼吸会は、患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、時には勉強会なども開催しながら、病気と向き合っていこう、またお互いが支えあっていこうという会です。

少しでも興味があれば是非、各診療所に足を運んで、楽らく呼吸会にご参加ください!

・第48 回 呼吸リハビリ、自分でできる運動、体力測定 ( 講師:理学療法士)

6 月8日(金) 14:00 ~ 15:30  のざと診療所
7 月19 日(木)14:00 ~ 15:30 千北診療所
7 月20 日(金)14:30 ~ 16:00 姫島診療所

2018年度の予定はこちらをご覧ください→2018年度の楽らく呼吸会の予定

今までの楽らく呼吸会の様子はこちらから→楽らく呼吸会

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2018年4月24日12:10 PM

楽らく呼吸ニュースNo.43発行&4/13に楽らく呼吸会を行います

楽らく呼吸ニュースNo.43「薬について」を発行しました。

rakuraku_news46

(画像をクリックするとpdfファイルをダウンロードできます)

今号では、薬剤師さんにきいたぜん息・COPDのお薬についてまとめています。


次回の楽らく呼吸会は、4月13日(金)にのざと診療所で行います。

呼吸器疾患で苦しむ患者さん同士、日頃の病気の悩みを交流したり、勉強会などを開催しています。病気と向き合い、お互いが支え合っていくためにつくられた会です。
ぜひ気楽にご参加くださいね。

【次回予定】

・第47 回 COPD、自己管理 (講師:理学療法士)

4 月13 日(金) 14:00 ~ 15:30  のざと診療所

2018年度の予定はこちらをご覧ください→2018年度の楽らく呼吸会の予定

今までの楽らく呼吸会の様子はこちらから→楽らく呼吸会

本事業は独立行政法人環境再生保全機構「地域におけるCOPD対策推進のための人材育成・情報発信事業(NPO法人等との協働事業)実施業務」の一環として実施しています。

Filed under: イベント案内,環境保健 — aozorafoundation 公開日 2018年4月12日12:12 PM
前のページ »