大阪市西淀川区の古民家ゲストハウス&カフェ

研修案内



宿泊研修を    で行いませんか?

宿泊研修施設としてご利用ください

  • 10人まで宿泊可能です。(宿泊費:3人以上で3,000円/人・泊。10人以上の場合はご相談ください。)
  • 同じ施設内に10人程度が一緒にディスカッションができるスペースがあります。(料金:2,000円、宿泊者は無料)
  • いこねから歩いて5分のあおぞらビルにある研修スペースもご利用いただけます。(料金:2,000円、40人が利用可能)

こんな利用ができます

  • 一緒に宿泊することで時間を有効に使うことができ、問題意識を共有しながら深い議論ができます。
  • 施設内の共有ルームは、会議や研究会・交流会の利用も可能です。ランチミーティング、懇談会としてご活用ください。
  • 隣接するくじらカフェで、朝食500円、ランチ800円、各種飲み物、パンを提供しています。
  • ゼミや社内のディスカッションを活発にできる人間関係トレーニングのワークショップのコーディネートも可能です。ご相談ください。
  • ダンデム自転車の貸し出しをしています。
  • 近くにスーパーや銭湯があります。食器類も貸出し可能です。経費を軽減したゼミ合宿が行えます。

「いこね」内にある掘りごたつのお部屋で、10人程度が一緒にディスカッションできます。

客室はすべて畳のお部屋でお布団をご利用していただきます。

研修プログラムをご用意しています

  • あおぞら財団は、西淀川公害の経験をふまえ、ESD (持続可能な開発のための教育)の視点から、未来を考えるために、対話的な学びの場をコーディネートしています。
 宿泊研修の活用例
 1日目

  • ゲストハウスに到着
  • オリエンテーション、問題意識の共有
  • 夜:懇談
 2日目

  • AM:ダンデム自転車でフィールドワーク
  • 昼:語り部を囲んでごはん
  • PM:レクチャー
  • 夜:交流
3日目

  • ワークショップ
  • 発表
  • ふりかえり
  • 解散
  • プログラム料:1時間10000円×滞在時間(ガイドは2人同行します)
    • 参加者が30人以上の場合はガイドが3人同行となり、15000円×滞在時間となります。
    • 受け入れ時間と人数に応じてご相談にのります。
  • 詳しくはこちら(西淀川・公害と環境資料館エコミューズ「研修」のページ)をご覧ください。
  • お申込み・お問い合わせ:あおぞら財団まで
    • お申込み用紙 : pdf形式 excel形式
    • 電子メール : webmaster[at]aozora.or.jp ([at]を@に変えてください)
    • Fax : 06-6478-5885

研修施設としてのご利用状況

今まで、下記のように宿泊研修やゼミの会場としてご利用いただいています。

研修に関するチラシはこちら