あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

12/14 西淀病院で呼吸リハビリについて勉強しました!

12/14(金) 西淀病院で楽らく呼吸会を行いました。先月の千北診療所姫島診療所と同じく、西淀病院の理学療法士の廣野さんと田中さんを講師に迎え、呼吸リハビリについて教えていただきました。参加者は13名、病院関係者4名、財団スタッフ3名、環境再生保全機構の富永さんも含め、全部で21名でした。

P1250553

西淀病院で行うのは今回が初めてでしたので、はじめに林からこの楽らく呼吸会の趣旨を簡単に説明しました。
次に、患者さん達に「普段どんなときにつらさを感じているか」「普段どれくらい運動しているか」、口頭でアンケートを行いました。歩くだけでつらいという方はわずかでしたが、みなさん階段を上るのはつらいようでした。

P1250558

続いてみなさんの肺活量を試すために、紙を顔から20cmほど離したところに持ち、息を吹きかけました。ちゃんと呼吸が出ていれば紙が少し揺れます。

P1250565

その後、ボルグスケールを試しに使ってみました。ボルグスケールとは息苦しさの程度を表す指標です。気管支喘息やCOPDの患者さんには、薬による治療と同時に適度な運動が必要ですが、運動は人によってそれぞれ感じるつらさが違います。そこでボルグスケールを用いることによって、無理のない、自分にふさわしい運動の程度を知ることができます。

P1250571

さらに資料に基づきながら、準備運動、座りながらの体幹のストレッチ、下肢筋力トレーニング、ステップ・立ち上がりトレーニングなど行いました。

P1250583

P1250596

また今日は部屋の後方にマットも用意しており、寝そべっての4種類の呼吸体操を行いました。

P1250634

参加者の中には既に、「ウォーキングマシンで時間を掛けて歩いている。その後NHKのラジオ体操も行っている」と、充分運動されてる方もいましたが、なかなか運動が習慣づいていない方もいると思います。今日行った運動や体操、ストレッチはどれも簡単に行えるので、ぜひ日常に取り入れて実践してほしいと思います。

平田

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ