あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » Green(環境住宅研究会)

【8月17日・18日・22日】いこね&くじらカフェのDIYを行いました!

8月17日(木)・18日(金)・22日(火)に姫里ゲストハウスいこね&くじらカフェのDIYを2日間あわせてのべ30名で行いました!

この姫里ゲストハウスいこね&くじらカフェのDIYではここが手作りの雰囲気の残る居心地のいい場所になることを目指しています。

この二日間は主に外壁をドイツ壁風にする作業、外壁の木造部分にオイルステインで塗装をする作業に取り組みました。

re-morutaruKIMG2419

このドイツ壁というのものは古い洋館などに見られる、竹のブラシのようなものでモルタルを掃き付けた凸凹の壁です。

他には子どもたちに内壁を白くきれいに塗って貰ったり、少量のモルタルを投げて壁に引っ付けるといった外壁の掃き付けを手伝ってもらいました。非常に楽しんでくれていました!

非常に暑い中での作業だったので、熱中症などの体調不良にならないよう、こまめに休憩を取りながら、お互いに声を掛け合って夕方まで取り組みました。
 osoraKIMG2433
参加したインターンシップ生の感想を紹介します。

「一般企業では体験できないことを経験することが出来、あおぞら財団様のインターンシップに参加することができ、良かったと思える1日になりました。(S・Kくん)」

「カフェの完成という1つの目標に向かっていく一体感を感じ、私もしっかり頑張り貢献したいという気持ちが大きくなりました。私たちがDIYしたカフェが地域の人々に愛され、たくさんの人々に愛される場所になるようにこれからも頑張ります。(M・Nくん)」

他にも「地域活動の醍醐味を知ることができた(S・Tくん)」などの感想もいただきました。

innta-nKIMG2424

私も、大学で授業を受けているだけではとても体験できないようなことをさせて頂けて、とてもいい勉強になりました。最初はわからないことだらけで指示をいただかないと何もできないような状態になってしまうこともありましたが、2日目には何をしたらいいかがだんだん判るようになり、周りの方のことを考えて動き、協力し合うことができたと思います。

残り1日完成に向けて力の限り頑張ります!!

(あおぞら財団インターン 京都女子大学 谷彩可)

【お問い合わせ】
姫里ゲストハウスいこね&くじらカフェのDIYは8月23日(水)にも行います。
あおぞら財団 担当:藤江、鎗山、谷内
(Tel) 06-6475-8885
電子メール:webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください)

いこね&くじらカフェのDIYサポーター募集!

現在、あおぞら財団では、姫里ゲストハウス いこね&くじらカフェの工事をすすめています。
ここを手作りの雰囲気の残る居心地のいい場所になることを目指して、DIYで仕上げの壁塗りなどを行う予定です。
いこね&くじらカフェにあなたの手を貸してくださいませんか?
IMG_1454
IMG_1455
【日程】
・8月17日(木)・18日(金)
・8月22日(火)・23日(水)
・時間は9:00~夕方(1日だけ、数時間だけという方も大歓迎です)
【内容】
・パネルに下地塗り→養生→塗装
・外壁をドイツ壁*風にする
・外壁の木造部分に塗装
*ドイツ壁というのは古い洋館などに見られるモルタルを掃き付けた凸凹の壁です。
内容は変更することもあります。
【集合場所】
現地(西淀川区姫里2-3-13):阪神姫島駅より徒歩5分
もしくは、
あおぞら財団:JR東西線「御幣島(みてじま)」駅⑪番出口すぐ http://aozora.or.jp/accesscontact
【服装】
動きやすい、汚れても良い恰好。
外での作業もありますので、帽子などもお持ちください。
【お問い合わせ】
見学も兼ねて、ぜひお気軽にご参加ください。
あおぞら財団 担当:藤江、鎗山、谷内
(Tel) 06-6475-8885
電子メール:webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください)
Filed under: Green(環境住宅研究会),いこね&くじらカフェ,イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2017年8月2日3:21 PM

【名称決定】はじめます! 姫里ゲストハウス いこね&くじらカフェ

FAAVO_TOP2

あおぞら財団のゲストハウス&カフェの名前が決まりました。

「姫里ゲストハウスいこね」と「くじらカフェ」です。

「いこね」は、憩うことができる寝床ということと、いこうね!の意味を持たせています。あおぞらビルの交流拠点「あおぞらイコバ」の兄弟施設なので名前も似ています。
「くじらカフェ」は西淀川区の形がくじらの形に似ていること、あおぞら財団はマスコットを使っていることから名付けました。
くじらカフェは9月初旬に、ゲストハウスは年内のオープンを目指しています。
どうぞよろしくお願いします。

 

ゲストハウス&カフェの工事が7週目に入りました。
外壁に足場が付けられました。内装も洗面台が取り付けられていたり、階段がほぼ完成していたり、天井が付けられたりなど、かなり進んできました。

足場

IMG_1444

IMG_1435_s

Filed under: Green(環境住宅研究会),いこね&くじらカフェ,イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2:32 PM

この夏、あおぞら財団がゲストハウス&カフェをオープンします!

大阪市西淀川区姫里にある昭和初期の古民家を改修して、畳と縁側のあるゲストハウス&カフェ(姫里ハウス(仮))をオープンします。

姫里ハウスの中庭

ゲストハウス

あおぞら財団を訪れる学生・研究者、研修に参加される方、西淀川でフィールドスタディをする方、関西を訪れる旅行者などのための宿泊施設です。

定員は10人の予定です。

tokonoma

図9

カフェ

オーガニック・無農薬・無添加の素材にこだわったパン、軽食を提供する予定です。

ワークショップ等を行う交流の場としても利用していただけます。

 図6

ゲストハウス&カフェをする目的

あおぞら財団は姫里ハウス(仮)を通して、次の5つのことを行えたらと考えています。

1.西淀川の居場所づくり

姫里ハウス(仮)を、家(プライベート)でも職場・公共施設(パブリック)でもない居心地の良い場所にするつもりです。「ちょっとお茶をしに」ぐらいの気分で気軽に出かけられるような場所にしたいと思っています。

2.みんなにとっての居心地の良い場所に

西淀川には、工場跡地にたくさんの新しいマンションが建ったのもあり、子育て層の人口が増えています。また、外国にルーツのある人々もたくさん住んでいます。

姫里ハウス(仮)を、いろんな人がその人らしく自分らしくいれる場所にしたいと考えています。

3.昭和モダンの良さを感じ取れる場所に

今、空き家が日本全国で問題になっています。姫里ハウス(仮)も、しばらく空き家になっていた物件ですが、昭和初期に作られた住宅の多くは現在の住宅とは異なった良さがあります。姫里ハウス(仮)には、中庭と縁側があり、四季の移ろいを楽しむことができます。また、和室には床の間や違い棚があり、昭和のおうちならではの余裕のある空間づくりがされています。

姫里ハウス(仮)を元々の住宅の良さを生かしたリフォームを行い、昭和モダンの良さを感じ取れる場所にしたいと思っています。

4.多様な人の交流によって新しい「何か」を生み出す場所に

姫里ハウス(仮)で、西淀川に学び・遊びに来る人、西淀川に元々住んでいる人、新しく移り住んだ人など多様な人々が交流し、いろんなことを話し合い、新しい「何か」を生み出す場所にできたらと思っています。

5.環境・まち・財団のことを知る入口として

姫里ハウス(仮)は今までの財団の活動と切り離して行うわけではありません。西淀川では今まで多様な公害教育・環境教育・研修などを行ってきました。そういった形で西淀川に学びに来る人が滞在する場所として姫里ハウス(仮)を使ってもらえたらと思っています。

また、あおぞら財団は西淀川でまだまだ知られていません。姫里ハウス(仮)をきっかけとして、あおぞら財団のことも知ってもらえたらと思っています。

 

現在、姫里ハウス(仮)は、夏のオープンに向けて鋭意準備中です。

ぜひ楽しみにしてください!

Filed under: Green(環境住宅研究会),いこね&くじらカフェ,イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2017年5月15日5:06 PM

みてアート2014-御幣島芸術祭- ~カラフルにしよど~(11/8-9) ご報告とお礼

あおぞら財団が事務局の活動報告です。

みてアート2014、メインの2日間、無事終えることができました。

みなさん楽しんで頂けたでしょうか?

1日目はもちろん、2日目は雨にも関わらず多くの方に参加して頂くことができました。
第二回目の開催となった今年は、昨年以上の方々にご参加いただきました。

スタンプラリー参加者 500人
全体参加者数 のべ1500人

今年のテーマは~カラフルにしよど~でしたが、西淀川の新しい面を見つけて頂くことは出来たでしょうか?
みてアートを通じて、出品者と地域の方との交流、また地域の方同士の交流に繋がれば、嬉しく思います。

なにより、出品いただいたアーティストの皆さん、会場を提供いただいた皆さん、
準備や当日の運営、撤収作業にご協力いただいたボランティアスタッフの皆さんに感謝いたします。

ただ、運営上、至らなかった部分(例:バリアフリーに関する表記やスタッフの対応など)もあり、来場者の方にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

「次、どうするか?」については、皆様からの感想・ご意見・アイデアをもとに、実行委員会で検討し、改めて、提案させていただきます。

2日間本当にありがとうございました。

以下、みてアート報告データです。

全体参加者数 のべ1500人
スタンプラリー参加者 500人
参加アーティスト58
作品数200
展示拠点28(うちスタンプラリー拠点は12)

アートディレクター 西塙美子

主催:西淀川から住まいと暮らしを考える環境住宅研究会(Green)
企画運営:みてアート実行委員会
協賛:江崎グリコ株式会社、スモカ歯磨株式会社、Puれいは~つ、一信ジャパン
後援:西淀川区役所
協力:太平段ボール工業株式会社、好文学園女子高等学校、淀商業高等学校
事務局:公益財団法人公害地域再生センター

Filed under: Green(環境住宅研究会),みてアート,イベント報告・ホームページ更新,地域づくり — aozorafoundation 公開日 2014年11月13日10:58 AM
前のページ »