あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

ブログカテゴリー » 中島水道サロン(事務局)

【11/13】中島大水道の古文書にふれる会

長年の活動の成果を、今年の5月には「中島大水道まち歩きマップ」として完成させてくれた「中島水道サロン」のみなさんの新しい企画です!
エコミューズ館長の小田館長を講師にお迎えし、中島水道に関する古文書を解説していただきます。
今回は、西淀川図書館のご協力を得て開催します(今後、淀川、東淀川でも企画予定)。
参加費は無料です。奮ってご参加ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

中島大水道の古文書にふれる会

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日時 11月13日(日)14:00~16:00

場所 西淀川図書館(西淀川区役所地下1階)多目的室

講師 小田康徳先生(大阪電通大名誉教授、あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館館長)
dsc_9554

参加費 無料(定員30名。お早目にお申込みください)

内容
西淀川区民の宝として親しまれている「緑陰道路」は江戸時代に、現在の東淀川区から農民が自らの手で掘りぬいた「中島大水道」の流路の跡でもあります。
洪水や滞留する悪水を除いて農業生産を上げる努力をした農民の思いや、庄屋さんの努力を、古文書から読み解きます。
解説は、あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)館長の小田康徳先生です。
住民が街づくりに立ち上がった歴史に触れてみませんか?

主催 中島水道サロン
協力 西淀川図書館、あおぞら財団
申込先 あおぞら財団(〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1 あおぞらビル4階)
*お申込み方法:FaxまたはEメールでお名前・ご連絡先をお知らせください。
(Fax) 06-6478-5885 (Eメール)webmaster@aozora.or.jp (Tel) 06-6475-8885

Filed under: イベント案内,中島水道サロン(事務局),地域づくり,環境学習 — aozorafoundation 公開日 2016年10月24日12:25 PM

中島大水道を歩く 東淀川編

落語家 笑福亭仁勇さんにご案内いただいての「中島大水道を歩く  西淀川編」に続いて、5月21日に「東淀川編」を行いました。

今回は東淀川区の小学生とお若いご夫婦、吹田市からも参加がありました。

CIMG3436

まず3人の庄屋さんが祭られている「さいの木神社」で、中島大水道が掘削された歴史の説明がありました。

さらに現在も続いている、この神社の祭礼の写真も見せていただきました。

次に西中島7丁目にある西町霊園に行きました。

CIMG3439ここには中島大水道の掘削を指導した3人の庄屋さんの一人「西尾六右衛門」さんの墓があります。

砂岩でできている墓石がかなり剥落しており、これ以上剥落が続くと名前が読めなくなっていくことが心配されます。ぜひ必要な保護対策が急がれます。

CIMG3445

もう一度、新大阪の駅に戻ってきました。

蒸気機関車の動輪が展示されている場所で、「鉄道大好き」の大阪経済大学の柏原先生から説明を受けました。中島大水道から外れますが、参加者の皆さんは動輪の意味を興味深く聞いていました。

CIMG3453

CIMG3451

新幹線の高架下を歩いて、新太郎松樋の場所に来ました。1678年に始まった中島大水道の起点に建てられた樋です。「新太郎」という名前の由来は、大水道を開削した庄屋の一人、一柳太郎兵衛の名前からとられたといわれています。

すぐ前には、東淀川農業協同組合の作った記念碑があり、そこで全員の集合写真を撮りました。

CIMG3460

これも中島大水道から少し逸れますが、新太郎松樋からすぐの所に、太平洋戦争当時の高射砲施設の一部が残っています。

以前この近くに住んでおられた参加者からは 「少し前までは人が住んでおられ、この近くにあと幾つかの高射砲施設が残っていました」との紹介もしていただきました。戦争の貴重な遺跡として興味深く見学しました。

落語家の笑福亭仁勇さんの説明で、中島大水の街歩きを西淀川編・東淀川編と続けてきましたが、これからは庄屋さんのご子孫、一柳家に残された古文書を読む会を計画しております。ご期待ください。

 

Filed under: イベント報告・ホームページ更新,中島水道サロン(事務局) — aozorafoundation 公開日 2016年6月3日3:26 PM

【5/21】「中島大水道・東淀川を歩く」を開催します

日 時 2016年5月21日(土)14:00~16:00 定員20名
集合場所 新大阪駅 千成ひょうたん前
資料代 500円(中島大水道マップをご持参の方は300円)

江戸時代の農民が自力で掘り抜いた中島大水道は、住民の力で街づくりを進めた貴重な歴史的遺産です。
ご一緒に歩いて地域の歴史に触れませんか。

講師 笑福亭仁勇さん(落語家・淀川歴史散歩調査研究委員)
P1100971
写真:中島大水道の開削に時に責任をとって自害したと伝えられる三庄屋がまつられる「さいの木神社」にて。仁勇さんの分かりやすい説明が楽しみです

庄屋さんの一人西尾六右衛門の墓
写真:さいの木神社近くの墓地に、三庄屋の一人・西尾六衛門のものと伝わる墓があります

引き続き、中島大水道に関する「古文書を読む会」の連続講座を計画中です。

主催:中島大水道サロン 協力:あおぞら財団
申し込み先:「あおぞら財団」FAX:06-6478-5885 Eメール:webmaster@aozora.or.jp

Filed under: イベント案内,中島水道サロン(事務局) — aozorafoundation 公開日 2016年5月16日4:45 PM

4/23(土)に「緑陰道路・中島大水道を考える」を開催します

日 時 2016年4月23日(土)14:00~16:00  定員20名

集合場所 阪神なんば線 福駅南側
資料代:500円(中島水道マップ持参の方は300円)

西淀川区民のいこいの緑地、大野川緑陰道路は昔、江戸時代の農民が排水の為に掘った
「中島大水道」の流路でした。ご一緒に歩いて地域の歴史に触れませんか。

講師 笑福亭仁勇さん (落語家・淀川歴史散歩調査研究委員)

緑道説明

笑福亭仁勇さんが説明をします。

碑

西淀川区の歴史は洪水との闘いの歴史でした

1

写真:3月5日に開催した中島大水道サロンは講座「中島水道と防災」の様子。

引き続き、
・東淀川編 5月21日(土)新大阪駅 千成瓢箪前集合 14:00
・中島水道に関する「古文書を読む会」の連続講座を計画中です。
ぜひ、ご参加ください。

主催:中島大水道サロン
160425 中島水道あるき

 

申し込み先「あおぞら財団」FAX06-6478-5885 Eメールwebmaster@aozora.or.jp

 

Filed under: イベント案内,中島水道サロン(事務局) — aozorafoundation 公開日 2016年4月22日3:21 PM

【3/5】「中島水道」から地域防災を考える

「中島水道」から地域防災を考える
~歴史を知って地域を知り防災に備える講演会~

江戸時代、東淀川区の淡路から西淀川区にいたる約9・5キロにわたって人工的に掘り抜かれた排水路「中島水道」をご存知ですか?
水はけが悪く、水害に悩まされた地域で必要に迫られて農民自身が工事をした「中島大水道」にまつわる歴史を伺いながら、西淀川の防災について考える講演会です。
ぜひご参加ください!!

日時:2016年3月5日(土)14:00~16:00

講師:笑福亭仁勇さん(落語家、淀川歴史散歩調査委員会)
稲垣泰平さん(『淀川右岸を散歩して』著者)

場所:クオレ研修センター(大阪市西淀川区大野3丁目1-4)
*阪神「福」駅より徒歩10分。大野川緑陰道路と国道43号線が交差する地点の南西です。当日は、ご案内を掲示しています。

参加・資料代:300円(『中島大水道まち歩きマップ』をお持ちの方は100円

西淀川古地図003

かつての中島大水道。両岸に工場が立ち並び、舟で物資の運搬などがされました。

 

100oo.tikeizu1

1886(明治19)年の地図。中央より少し右にまっすぐ流れるのが中島水道で、人工の排水路であることがよくわかります。

 

主催:中島水道サロン

ECOまちネットワーク・よどがわ(事務局:大阪経済大学地域活性化支援センター内)

協力・申込み先:あおぞら財団
FAX 06-6478-5885
E-mail webmaster@aozora.or.jp

Filed under: イベント案内,中島水道サロン(事務局),環境学習 — aozorafoundation 公開日 2016年2月22日5:34 PM
« 次のページ前のページ »