あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

記事一覧

11/24(水)はあおぞら市です

11/24のあおぞら市は

流れる千年さんの韓国雑貨・食品の販売、

クーラパンネさんの身体に優しいお弁当&パンの販売

谷口ファームさんのオーガニック野菜の販売、
手しごと工房「MOKU」さんによる
『マイお箸づくり』のワークショップ、
楽成体さんのワンコインマッサージがあります。

 

 

是非お立ち寄りくださいね!

 

・・・・・・・・・・・・
新型コロナウィルスの影響に以下の点で対応いたします。

・お店とお店の間隔を十分に確保します。
・半屋外空間ですので、換気を十分にいたします。
・テイクアウトのみの販売にします。
・手指消毒液を設置します。

日 時=2021年11月24日(水)10:00~13:30(順次開店)【雨天決行・荒天中止】
場 所=あおぞらイコバ(あおぞらビル1Fの地域交流スペース)
最寄駅JR東西線「御幣島(みてじま)」駅⑪出口スグ
地図・アクセス http://aozora.or.jp/accesscontact

・・・・・・・・・・・・

●11/24日の出店予定

■流れる千年
大阪コリアタウンにある韓茶カフェ
「流れる千年」の出張販売です。
◎体がよろこぶ素材で作った手作りコーラ「大阪コリアタウン薬膳コーラ」
◎砂糖不使用のヘルシーなナッツ菓子「カンジョン」
◎さらに美味しくなった新バージョンの「薬菓」
◎ふわふわ不思議食感の「油菓」
◎濃厚な味わい!「徳山純正ごま油」
その他、コリアタウンで見つけたオススメのアイテムなどを数量限定でお持ちします。
月に一度のペースで出店中!
商品のお取り置き依頼やお問い合わせは
1

 

 

■cura pane(クーラパンネ)
オーガニック・無農薬・無添加の素材にこだわり、体に優しいものを作っています。
手作り市への出店、パン教室の講師などの活動の場を通じ、食育や環境への取り組みをしています。https://m.facebook.com/curapane

※ランチ、パン等はテイクアウトの販売のみです。

DSCF7213

DSCF7027

 

 

 

■足つぼマッサージ楽成体体の疲労と痛みを早急に緩和する健康ルームからあおぞら市へ出張マッサージ。

IMG_7001

IMG_8596
 

■谷口ファーム
兵庫県加東市東条町で生産した野菜です。

DSCF7236

 DSCF7238

あおぞら財団販売コーナー
・おっとせい(アルカリ電解水)、ハンドソープなど

 

今後の予定

<2021年>12/8、12/22

※あおぞら市は毎月第2・第4水曜日に開催しています。
※開催は予告なく変更する場合がありますので、詳しくはお問い合わせください

★☆★出店者募集中★☆★
あおぞら市で一緒に素敵なお店を出しませんか?野菜や雑貨、その他応相談。1スペース

500円

★地域交流スペース「あおぞらイコバ」貸出中 ~出会い、憩い、つながる場所に~
あおぞらビル1Fの地域交流スペース「あおぞらイコバ」は、会議、ギャラリー、コンサート、上映会などにご利用いただけます。http://aozora.or.jp/ikoba
午前:1,000円/午後:1,300円/夜間:1,300円/全日:3,000円

■お問い合わせ・ランチ予約
あおぞら財団(公益財団法人公害地域再生センター)
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885

Filed under: あおぞらイコバ | イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2021/11/19(金) 09:39

寝屋川人権教育研究協議会の研修で、オンラインで語り部と交流(8/17)

コロナ禍が続く中、当初、フィールドワークを予定していた寝屋川市人権教育研究協議会の夏季一日研修会について、「公害患者さんとの大切な出会いの場としたい」という主催者のご要望を受け、オンラインに変更して8月17日に開催しました。20人の教職員の方々が参加されました。

西淀川公害患者と家族の会から池永末子さんと上田敏幸事務局長にお話していただき、質疑応答にも多くの時間を割くことができたのは、オンラインの良い側面だと感じました。

参加者と当日同席したインターン生の感想をご紹介します。多くの方に患者さんの声を聞いていただきたいです。

「公害患者さんのお話を直接、お聞きして、黙っていては問題は解決しない、理不尽なことが起きたとき、みんなで立ち向かうことが大切だという強い思いを感じました。5年生で公害について学ぶとき、ぜひ参考にさせていただきます。」(参加者)

「娘の世話を最優先して自分ことを後回しにした母・池永さん。国はしっかり支援し、すべての人が手頃な価格で医療にアクセスできるようにするべきだと思いました。」(インターン生)

患者会の上田さん(事務局長)、池永さん、インターン生2人

オンラインで西淀川の患者さんと寝屋川をつなぎました

動画画像

動画「手渡したいのは青い空(全面解決編)」のワンシーン

あおぞら財団のYouTubeチャンネルで、西淀川公害裁判を紹介した動画を公開しています。ぜひご活用ください。
『手渡したいのは青い空(全面解決編)』

https://www.youtube.com/watch?v=qJe6z_qzMZA

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 資料館(エコミューズ) | 視察受入 — aozorafoundation 公開日 2021/11/12(金) 16:41

西淀川患者会第50回大会が行われました(10/30)

2021年10月30日に西淀川公害患者と家族の会の第50回定期大会が行われました。

西淀川公害患者と家族の会は、「西淀川から公害をなくすし、住民のいのちとくらしを守り、住みよい西淀川をつくる」ことを目的として1972年に設立されました。患者会は環境をよくし、公害患者の健康を守り、次世代に公害を伝えていくために、さまざまな活動をしています。1972年10月29日に設立以降、年に1回定期大会を行っており、今年で50回目になります。

森脇さんが立ち上がってあいさつをされました

会長の森脇さんのあいさつ

最初に会長の森脇さんから、患者会の50年を振り返って挨拶をされました。50年前に今よりも公害がひどくその公害をなくすために活動を始めたこと、子どもや高齢者に大きな被害が出てその救済のために立ち上がったことなど、患者会の立ち上げから50年の歩みを振り返る内容でした。

総会では、議案書に基づいて、今後の活動方針などについて話しあいました。また、会では参加した会員一人一人から、今の状況や患者会に対する思いが語られました。

第50回定期大会の様子

参加者全員が今年一年を振り返って一言ずつ話しました。

患者会定期大会議案書

第50回患者会定期大会議案書

患者さんの「手渡したいのは青い空」の願いを引き継ぎ、あおぞら財団もしっかり活動していきたいと、思いを新たにしました。

—-

りべら157号は「特集:公害と患者会の50年」です。西淀川公害患者と家族の会(患者会)についてです。今までの患者会の歩み、そして今の患者会の動きをご覧ください。
http://aozora.or.jp/archives/36778

libella157_page-0002

libella157_page-0003

参考
過去の患者会の活動内容や議案書の概要についてはこちら↓
西淀川大気汚染裁判「患者会の活動」(独立行政法人 環境再生保全機構 『記録でみる大気汚染と裁判』
https://www.erca.go.jp/yobou/saiban/nisiyodogawa/kanjakai.html

エコミューズ(あおぞら財団付属 西淀川・公害と環境資料館)では、患者会定期大会議案書をはじめ、多数の患者会の資料を保管しており、閲覧できます。ぜひ一度お越しください。
http://www.aozora.or.jp/ecomuse/

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 事務局 — aozorafoundation 公開日 2021/11/12(金) 11:11

【防災部】みてアートにて「にしよどおやこぼうさいかるた展」(11/6-7)

※あおぞら財団はにしよど親子防災部の事務局をしています。

11月6日(土)、7日(日)は「にしよどおやこぼうさいかるた展」として、みてアートに出展しました。
2日間で264人の方が来訪してくださりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

たくさんの方ににしよど親子防災部の活動を知ってもらえるよい機会になったと思います。中には、「学童保育で防災かるたに応募した」「小学校で防災かるたをみた」という人もいて、少しずつ活動が広がっているのを実感できました。
4620693218538495747.2437138decdf081a737b4ecced331320.21110605

4620693218538495747.ecf663f040f6820cd933b38617cd0f9e.21110605
防災時に役立つパラコードブレスレットワークショップに参加してくれた方は13人。丈夫な長い紐、バックルの笛は必ず役に立つので、普段からカバンなどに身につけておいてもらえたらと思います。編むのにコツをつかむまでは大変なのですが、「こういう作業、楽しい」と言いながら編んでくれる人もいました。

4620693218538495747.6f54cbe9713aa3e0eee7d37f86c35cef.21110605
また、防災クイズには223人が回答が回答してくれました。クイズでは防災で一番大事なものを探してもらいましたが、その答えは「人と人のつながり」です。いざという時にはふだんの人と人とのつながりが大きな力になります。

にしよど親子防災部は、そういうつながりを作る活動をしていきたいと思っています。これを機会ににしよど親子防災部に興味をもった方は、ぜひfacebookやメールなどでお気軽にメッセージをください。

quiz_answer

にしよど親子防災部
facebookページ:https://www.facebook.com/NishiyodoOyakoBousai
事務局 あおぞら財団(担当:谷内)
協力:NPO法人にしよどにこネット、NPO法人西淀川子どもセンター、にしよどおやこ劇場、NPO法人くるる
電話:06-6475-8885
メール::webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 地域づくり | 防災教育・にしよど親子防災部 — aozorafoundation 公開日 2021/11/08(月) 11:48

【防災部】「にしよどおやこぼうさいかるた」のインタビューを受けました

※あおぞら財団はにしよど親子防災部の事務局をしています。

にしよどおやこぼうさいかるたについて、西淀川区のお隣にある此花区のこのはなまちセンさんにインタビューを受けました。
(このはなまちセンとは、此花区の地域活動協議会をはじめとする地域活動の課題解決の支援や区職員が地域支援を行うための支援をするための組織です)

インタビューでは、にしよど親子防災部の活動を始めたきっかけから、にしよどおやこぼうさいかるたを作る経緯などをお話しました。
ぜひお読みください。
楽しく遊びながら「防災」を学ぶ|このはなまちセンのブログ
楽しく遊びながら「防災」を学ぶ|このはなまちセンのブログ

にしよどおやこぼうさいかるたは、作って楽しい、遊ぶのも楽しい、その上に防災について学べる! 伝えることができるという優れものです。
かるたは、西淀川区内の子ども・子育て支援施設や団体には無償で配布しているほか、30セットまで貸し出しもしていますので、事務局のあおぞら財団まで気軽にお問合せください。また、ネットからダウンロードもできますので、是非遊んでみてください。

事務局:あおぞら財団(担当 谷内)
Tel: 06-6475-8885
電子メール:webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください)

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 地域づくり | 防災教育・にしよど親子防災部 — aozorafoundation 公開日 2021/11/08(月) 11:29
« 次のページ前のページ »