あおぞら財団 財団ブログ
公害の歴史Q&A あおぞらイコバ
公害を伝えるための資料整理寄附募集
屋上広告募集
りべら広告募集
Don't go back to the 石炭

全ての記事を表示

    キーワード検索

    アーカイブ

    カテゴリー

    最近の投稿

    最近のコメント

記事一覧

12/17 中国環境NGO来日/西淀川公害の研修を受けました

あおぞら財団は、大気汚染経験等情報発信業務の一環で、今年度(2023年)12月17日(日)~12月19日(火)の3日間に、中国の環境NGOメンバーを日本に招き、日中公害・環境問題に関する研修を実施しました。

本研修プログラムでは、西淀川地域をフィールドとして、日本での大気汚染公害の経験を中国の環境NGOメンバーに理解してもらい、環境問題の解決に役立ててもらうことを目的としています。

訪問メンバー(敬称略):
李力(Li Li)       北京市環友科学技術研究センター・主任
劉文化(Liu Wenhua) 西安市未央区環境保全ボランティア協会・名誉会長
劉丹(Liu Dan)      南昌青赣環境交流センター・総幹事
徐心澳(Xu Xin’ao)   浙江省緑色科学技術文化促進会・副秘書長

初日の研修として、午前中はあおぞらビル5階の公害資料館エコミューズで、事務局長藤江が西淀川地域での大気汚染公害と裁判、あおぞら財団立ち上げの経緯を紹介しました。

DSC_8497
ビデオを使って西淀川公害を紹介しています

その後、中国訪問団から自らの関心分野と問題意識を共有し、日中の環境・公害問題の対策について意見交換を行いました。

昼食事後、日中環境問題サロン「中国環境NGO活動を聴く」を開催しました。

========================================

大気汚染経験等情報発信業務(環境省)は、経済活動と公害・環境問題の解決の両立をテーマに、日本における公害経験やそれに関連する資料・情報をアジア諸国と共有するため、情報発信・人的交流を行うものです。その一環として、日中環境問題交流を行いました。

========================================

アジア各国では、現在進行形で、様々な公害・環境問題が発生しています。
その中で、自分たちの住み暮らす地域の環境を良くしていこう!と取り組む人々がいます。

あおぞら財団の国際交流活動を通じてつながったアジア各地の環境活動を報告・紹介するページ「アジアの環境活動でつながろう」を新たに作成しました。
それぞれの取組みを知り、学び、つながることで、活動の輪を広げていきましょう。

ぜひご覧ください。

http://aozora.or.jp/kokusai

アジアの環境活動でつながろう

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 国際交流 | 未分類 | 環境学習 — aozorafoundation 公開日 2024/02/15(木) 11:49

12/19 中国環境NGO/防災について見学

12/19に、中国環境NGOの研修の最終日になり、大野川緑陰道路、西淀川区役所の防災担当部署および人と未来防災センター(神戸市)に訪問しました。

午前中は、同じく研修であおぞら財団に来ている大阪公立大学生と共にタンデム自転車で西淀川地域を巡りました。大野川緑陰道路に沿って、淀川堤防まで走りました。

走る途中に、あおぞら財団職員から水害を防ぐため作られた地下の大放水路、「災害は忘れたころにやってくる」といった水防碑に刻まれた警告文、また、地盤沈下により海水面以下にある区内の建物を水害から守る淀川堤防などを紹介しました。

DSC_8545
淀川について紹介

午後から、まず西淀川区役所の防災担当の小林氏から話を伺いました。
区内または市内で発生しうる災害、区内の防災訓練、避難所や備蓄物資について説明を受けました。
スライドを使っての講義だけではなく、区役所内の防災物資倉庫と普段は入れない大阪市災害警戒本部倉庫も見学させていただきました。

DSC_8560
最初の概要紹介

DSC_8564
防災物資倉庫の見学

IMG_5476
救助工具格納箱に関する解説

最後は神戸にある人と防災未来センターへ見学に行きました。

人と防災未来センターのシアターで、震度7の阪神淡路大震災を追体験しました。建物の崩れる音、爆発の音が耳に襲ってくる、悲惨な状況のあまり、まともに見ていられませんでした。

再びこのような悲惨なことが起こらないように、日々の防災訓練のほか、減災の考え方、建物の免震構造が相次いで発明されたことを見学で知りました。

DSC_8589
大震災を体験した女性が語り部として自分の経験と、ちゃんと生きていかなきゃと語りました

DSC_8592
中国出身のスタッフから免震構造を説明して頂きました

12月18日の中国甘粛省地震と、今年1月1日の能登半島地震が、日中両国の人々の心に莫大な衝撃を与えました。

災害は消えませんが、その被害をどうやって減らすかは、まさに大事なポイントです。国際交流を通して、防災訓練のやり方や建物の減災構造をブラッシュアップすることによって、被害が減少されれば何よりと考えています。

(記:あおぞら財団アルバイト 王子常)

========================================

アジア各国では、現在進行形で、様々な公害・環境問題が発生しています。

その中で、自分たちの住み暮らす地域の環境を良くしていこう!と取り組む人々がいます。

あおぞら財団の国際交流活動を通じてつながったアジア各地の環境活動を報告・紹介するページ「アジアの環境活動でつながろう」を新たに作成しました。

それぞれの取組みを知り、学び、つながることで、活動の輪を広げていきましょう。

ぜひご覧ください。

http://aozora.or.jp/kokusai

アジアの環境活動でつながろう

 

 

 

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 国際交流 | 環境学習 — aozorafoundation 公開日 2024/02/15(木) 10:18

2/14(水)はあおぞら市です!

バレンタインですね。2/14はあおぞら市です。

のざとおやつファクトリー7373。さんの体にやさしい無添加おやつの販売がありますので

プレゼントにどうでしょうか?

 

その他、初出店!徳島の鳴門から牡蠣屋さん

「鳴門えなみのうじょう」さんの牡蠣の販売もあります!

 

もちろん、その他にもオーガニック野菜、パン等の販売、

マッサージなどなど賑やかなあおあぞら市になりそうです。

皆様のお越しをお待ちしております^^

 

・・・・・・・・・・・

日 時=2024年2月14日(水)10:00~13:30(順次開店)【雨天決行・荒天中止】
場 所=あおぞらイコバ(あおぞらビル1Fの地域交流スペース)
最寄駅JR東西線「御幣島(みてじま)」駅 8a出口スグ
地図・アクセス http://aozora.or.jp/accesscontact

・・・・・・・・・・・・

◎2/14の出店予定

■鳴門えなみのうじょう

渦潮で有名な鳴門海峡の裏側、波静かな内湾で養殖された牡蠣です。キレイな海水で育った鳴門の牡蠣は、すっきりとした味わいが特徴。生産量が少なく食通の間でしか知られていない鳴門の牡蠣をぜひご賞味ください。
※漁協の検査はクリアした加熱調理用です。

IMG_20220130_113907

IMG_20221227_152558

 

 

 

■のざとおやつファクトリー7373。

米粉のシフォンケーキとクッキーの販売

米粉を使った心と体に優しいおやつを作っています。
無添加のおやつで喜びや笑顔を循環させていきたいです。

IMG_7856

IMG_7855

 

 

 

■谷口ファーム
兵庫県加東市東条町で生産した野菜です。

IMG_6662

IMG_7643

 

 

 

■富士製ぱん工場
天然酵母、国産小麦でアマランサスというミネラル豊富な
南米原産の雑穀を混ぜ込んだ、ひと口食べると笑顔になれるんです

IMG_5515

IMG_7408

 

 

 

■足つぼマッサージ楽成体
体の疲労と痛みを早急に緩和する健康ルームからあおぞら市へ出張マッサージ。

IMG_7001

IMG_8596
 
■Gran…

11:00~13:30

〇精油(エッセンシャルオイル)の香りに包まれて触れ合いながらハンドケアで癒し空間を提供します。介護アロマサークルレイズというボランティア活動をしています。興味のある方一緒に活動してみませんか?
1回15分 500円

 

〇アロマスプレークラフトワーク

お好きな香りを選んでアロマスプレーを作ります。 1回 500円

IMG_7116IMG_7114
〇ドライヘッドスパ10分1000円 15分1500円

リラクゼーション、眼精疲労に。

IMG_7409

 

 

aozoraichi2024

今後の予定

<2024年>2/28、3/13、3/27

※あおぞら市は毎月第2・第4水曜日に開催しています。
※開催は予告なく変更する場合がありますので、詳しくはお問い合わせください

★☆★出店者募集中★☆★
あおぞら市で一緒に素敵なお店を出しませんか?野菜や雑貨、その他応相談。1スペース

500円

★地域交流スペース「あおぞらイコバ」貸出中 ~出会い、憩い、つながる場所に~
あおぞらビル1Fの地域交流スペース「あおぞらイコバ」は、会議、ギャラリー、コンサート、上映会などにご利用いただけます。http://aozora.or.jp/ikoba
午前:1,000円/午後:1,300円/夜間:1,300円/全日:3,000円

Filed under: あおぞらイコバ | イベント案内 — aozorafoundation 公開日 2024/02/10(土) 13:50

歌島中学校から職場体験(2/8-2/9)

2月8日、9日の二日間にかけて、西淀中学校から中学生3人が職場体験に来てくれました。

1日目は西淀川公害についてのビデオ鑑賞をした後、防災かるた体験と整理、資料館の資料の文字打ち作業、タンデム自転車の体験をしました。

2日目は廃油回収作業の手伝い、フォトランゲージ教材の体験、資料館の資料の文字打ち作業、ブログの更新作業をしました。

最後に、広報活動として、ブログに掲載する写真を選び、写真のキャプションや職場体験の感想を書いてもらいました。

西淀川公害やあおぞら財団が取り組んでいる菜の花プロジェクト、公害資料館、タンデム自転車などについて、体験を通して理解を深めてもらえたと思います。この経験を今後の学校生活や日常生活に活かしてもらえたらと思います。

【1日目】

IMG_1071

事務作業なうw

IMGP3035

2人でタンデム!

 

IMGP3025

タンデム自転車で緑陰道路を猛ダッシュ!

【2日目】

IMG_1086

廃油回収、楽しかった


【職場体験の感想】

一日目
自分が知らなかった西淀川の歴史とかタンデム自転車のことを知れてよかったし、タンデム自転車を乗ってみて2人いる分しんどさも軽くなって、楽しさも増えるから、乗れる機会があったらまた乗りたいと思いました。
タンデム自転車は後ろが目の不自由な人でも前の人が運転するから後ろの人は安心して乗れるからいいなと思いました。
昔の人があって今があるから、昔の人は、あきらめずに努力してきてすごいと思いました。
今日はありがとうございました。明日もよろしくお願いします
二日目
今日は廃油回収をやりました。廃油は捨てられがちだけどリサイクルすることによって、新しいことに変えられることをあおぞら財団に来てみてわかりました。
一日目もやったんですけど事務作業がしんどかったです。事務作業が集中しないとミスをするし一番精神統一した時間でした。
職場体験にあおぞら財団に来てみて、公害や菜の花プロジェクトのことについて詳しく教えてくださって、普段では体験できないような体験をさしていただきました。
二日間ありがとうございました。

by 向井

1Day
西淀川区の過去について知って、公害が最近ようやくおさまってきたということをきいて
今の青い空が当たり前じゃなかったんだなと思いました。
タンデム自転車に乗って、最初は慣れなくてこけそうになって危なかったけど、楽しかったです。緑陰道路から戻っているときにいろいろな事を教えてもらい、
緑陰道路の昔のことだったり、にーよんのビジュアルの理由がわかるようになりました。
ビデオをみて昔は喘息に悩まされている人がたくさんいたことを知り、
昔の人のおかげで今これだけきれいにそして公害にならずに元気に暮らせているのを
ありがたく思います。ここで聞いたことを悪れないようにします。
2Days
廃油回収で、使い終わった後の天ぷら油を詰め替えて、リサイクルする工場に持っていく準備をして、この地道な作業がリサイクルにつながるんだなとしみじみとかんじました。
講習として写真をみてタイトルをつけることをして、最終的に大喜利大会のようになって、
面白おかしく学びを得ることができました。
職場体験としてここにきて、いろいろな体験をさせていただいていい経験になりました。
二日間ありがとうございました。

by 首藤

1日目
西淀川区の公害の対策には長い歴史があってすごい深いなと思いました。公害の対策でみんなで協力して裁判で勝ったのはすごいと思いました。
タンデム自転車は後ろの人とか前の人とかと話して笑えたりするからいいと思いました。前は楽しいけど後ろは怖かったです。りょくいん道路の先には川があるなんて知らんかったから知れてよかったです。
二日目
廃油回収はスーパーに置いてあるてんぷらのにおいがして良かったです。廃油は航空機とかの燃料になっているなんて驚きました。廃油は意外と綺麗なのと汚いのがはっきりと分かれていてちゃんと最後まで使ってるか使ってないかがわかりました。
普段ではできない体験をさせてもらっていい経験になりました。二日間ありがとうございました。この経験を活かしていろんな事頑張っていきたいです

by江端

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 事務局 | 事務局 | 職場体験実習(中学生) — aozorafoundation 公開日 2024/02/09(金) 15:38

月刊 あおぞら 2024年2月号

あおぞら財団の活動報告、今月は2ヶ月分です

1 今月のトピックス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あおぞら財団の国際交流事業の一環として、
3年ぶりに中国の環境NGOメンバーが来日!

12/17 日中環境問題サロン2023を開催
http://aozora.or.jp/archives/40077
12/18 中国環境NGOの池田市見学
http://aozora.or.jp/archives/40157
IMG_5419

2  これまでの活動報告
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆ ……………………………………………………………[資料館]
名古屋市南区患者会資料の受入(11/30)
http://aozora.or.jp/archives/40037
◆ ………………………………………………………………[自転車]
【タンデム】なにわ自転車道と凧上げ・タコ焼サイクリング(1/7)
http://aozora.or.jp/archives/40105
◆ ………………………………………………………………[環境学習]
冊子「誰一人取り残さない教育のために」を発行(12/10)
http://aozora.or.jp/archives/40025
あおぞら財団の研修・教育のページ更新中。教材のダウンロードも。http://aozora.or.jp/kougai_lecture/
【動画】谷智恵子弁護士インタビュー ロングバージョン公開
http://aozora.or.jp/archives/40042
2023年6月の二酸化窒素の自主測定結果の報告
http://aozora.or.jp/archives/40099
図書館展示「知る人ぞ知る西淀川の名所 矢倉緑地公園」(1/19~)
http://aozora.or.jp/archives/40142
◆ ………………………………………………………………[防災教育]
にしよど防災ロゲイニングを開催(12/2)
http://aozora.or.jp/archives/40002
防災動画 Let’sにしよど防災さんぽ!「~最強台風とどうする家康~」を公開
http://aozora.or.jp/archives/40032
http://aozora.or.jp/archives/40225
【動画】防災こども漫才 にしよど防災ショート編3本を公開
http://aozora.or.jp/archives/40215
◆ ………………………………………………………………[研修受入]
環境再生保全機構 研修受入れ(11/16、11/17)
http://aozora.or.jp/archives/39866
鳥取県立八頭高校 研修受入れ(12/7)
http://aozora.or.jp/archives/39980
大阪公立大学「都市基盤計画特論」第1回(12/5)、第2回(12/19)、第3回(12/26)
http://aozora.or.jp/archives/39956
http://aozora.or.jp/archives/40007
http://aozora.or.jp/archives/40062
◆ ………………………………………………………………[事務局]
西淀中学校から職場体験(1/25-1/26)
http://aozora.or.jp/archives/40191
◆ ………………………………………………………………[交流拠点]
あおぞら市、第2、第4水曜日開催中!
http://aozora.or.jp/archives/40095
http://aozora.or.jp/archives/40087
http://aozora.or.jp/archives/40103
次回は、2/14に開催予定!!

3  各種の募集情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆ …………………………………………………………………[他団体]
【他団体】助成金公募 外国人と共に暮らし支え合う地域社会の形成3
対象団体:日本に住む外国人等に対し支援活動を行っている団体
事業期間:2024年3月頃から2025年2月末まで
総助成費:1億2千万円  採択予定数 10団体程度
助成金額:1団体当たり 1,200万円が上限
公募期間:2024年1月19日~2024年2月16日
http://aozora.or.jp/archives/40135

◆ …………………………………………………………………   [寄付]
あおぞら財団の活動はみなさまからの寄附によって支えられています。
寄附金や賛助会費は税制上の優遇措置の対象になります
みなさまのご支援を心よりお待ちしています。
http://aozora.or.jp/archives/39601
http://aozora.or.jp/aboutkifu
〇オンライン寄付サイト Give One
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=393
※Give Oneでのご寄付は、すべて寄付金控除等の税制優遇の対象となります。

◆ …………………………………………………………………   [交流拠点]
地域交流スペース「あおぞらイコバ」貸出中
あおぞらビル1Fのイコバは、会議、ギャラリー、コンサート、
上映会などにご利用いただけます。
午前:1,000円/午後:1,300円/夜間:1,300円/全日:3,000円
http://aozora.or.jp/ikoba

◆ …………………………………………………………………  [交流拠点]
【姫里ゲストハウスいこね】公式ページで予約できます。
レンタルスペースとしてもご利用いただけます。
http://aozora.or.jp/icone-kujiracafe/reservation/

(編集後記)
1月1日に能登半島地震が発生しました。1カ月以上が経った今も深刻な状況は継続しており、多くの人が日常を奪われています。何かしたいという方には、筆者が以前勤めていた会社の先輩が関わっている「能登復興ネットワーク」への支援をおすすめします。現在も民間避難所の運営や支援物資の調整などの活動をしています。是非ご支援ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/736115
(KT)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集発行
【発行元】公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)
【発行日】2024年2月8日
———————————————————————-
■賛助会員募集中!
あなたの会費、寄付、ボランティア活動が当財団の活動を支えています。
当財団の目的に賛同してくださる皆さん、ぜひ賛助会員になって下さい。
http://aozora.or.jp/nakama
———————————————————————-

■月刊あおぞらについて
あおぞら財団の活動報告やイベントなどの最新情報などを皆様にお伝えすることを目的に、ほぼ月に一度、情報発信させて頂いています。
本メールは、あおぞら財団の会員、メーリングリストにお申込いただいた方およびあおぞら財団のイベントや研究会などで名刺交換させて頂いた皆様にも送信させていただいております。


「あおぞらEXPRESSの「購読登録」、「購読解除」は下記のページからお申し込みください。
http://aozora.or.jp/yomu/aozora-express

Filed under: イベント報告・ホームページ更新 | 事務局 — aozorafoundation 公開日 2024/02/08(木) 13:20
« 次のページ前のページ »